モノばかり紹介するレビュー系ブログ ”モノバカ”

ガジェットからファッション、暮らしの便利グッズなど幅広く紹介するモノ系ブログです。使ったことがあるものだけを体験に基づいてレビューします。

髭剃りの英国生まれのカミソリブランド【BolinWebb】。おしゃれなメンズにおすすめ!替刃は何を使えばいいのか?【R1-S】

 

 皆様、ヒゲソリには何をお使いでしょうか?シェーバー?カミソリ?

 

 私はずっと使い捨てのT字カミソリを使っていましたが、ちょっと良いモノ使いたいな… と調べに調べ、Bolinwebb のT字カミソリを使っています。

 

f:id:Sig-Maru:20190416011335j:plain

これがカミソリの入ったハコだとは誰も思うまい


BolinWebbに行きつくまで

 

 男性には今更の説明にですが、ヒゲ剃りにはタイプが色々あります。かくいう私もシェーバーから1枚刃のカミソリまで、10種以上のヒゲ剃りを試したと思います。

 

 個人差があるとは思いますが、現時点のシェーバーは手軽ではあるもののカミソリのクオリティには叶わないというのが私の結論でした。そしてカミソリである以上、替え刃の交換は容易である方がいい。

 


 方針さえ決まれば、あとはテンションの問題です。ヒゲソリを取り出したときに、よし剃るぞ!と気合が入るものを買おうと決意しました。髭剃りは毎日やることだから面倒くさい。でも面倒だと思ってやるのはツラいです。だから、毎朝ちょっとした嬉しみが得られるモノを買おう!と思ったわけです。

 

BolinWebbとは

f:id:Sig-Maru:20210319223637j:plain

BolinWebb公式より出典:https://www.bolinwebb.com/

 

 BolinWebbは英国生まれのシェービングアクセサリーブランドです。いわゆるT字カミソリと呼ばれるもののグリップ部分(持ち手)を販売している珍しい会社です。

 

 創設者であるDerrickWebb氏は2007年に、「イギリス名車のデザインを『カミソリ』にもたらす」ことを思いつき、2011年にロンドンで BolinWebb をローンチしています。

 

 2014年にはロンドン、バーミンガム、ミュンヘン、シカゴなどで複数のデザイン賞を受賞。2020年には雑誌GQにおいて Best Razor 2020 に選出されるなど、どうも現地では高い評価を得ている模様です。(どこまで権威ある賞なのかは怪しいですが…)

 

BolinWebb R1-S レビュー

 

 下馬評はさておき、問題は実際使ってどうかです。さっそく開封してみます。

 

 ドン!

 

f:id:Sig-Maru:20190416011339j:plain

立派なハコから髭剃りが。Bolin Webb の R1-S

 

 見た目がビビッドで美しいオレンジを選びました。朝のテンションを上げたいので明るめの色がいい… という理由です。

 

f:id:Sig-Maru:20190416011331j:plain

うーむ美しい


 見て下さい、この美しい流曲線とヴィヴィッドなカラーリング。まるで工芸品かのような完成度です。

 

 

 Bolin webbには高級スポーツカーと同様の塗装がなされており、熟練の職人が塗装から磨き上げまでを手作業で行っているのです。生産はアストンマーチンの工場で知られるバーミングハム。デザインは名車・コブラから着想を得ているとのこと。

 

f:id:Sig-Maru:20190416011327j:plain

シュッとしておる。ヴィヴィッドなカラーリングもステキ

 Bolin Webbの公式ページは以下。ヒゲソリを紹介するこんなカッケェHP、見たことねぇぜ。(全文英語です)

www.bolinwebb.com


 

 実物も、確かにカッコいい…。

 

 適当に置いていただけのヒゲ剃りですが、もう少し飾る感じで収納できないかな…と感じさせるデザイン性の高さ。私はスポーツカーに憧れもあるので、フフフ高級車と同じ塗装!と気分が高まります。

 

 これ以上にスタイリッシュなヒゲ剃りを私は見たことがありません。所有欲を強く満たしてくれる逸品です。

 

f:id:Sig-Maru:20190416011707j:plain

飾りたくなるクールさ

 さて、気になる肝心の剃り心地ですが、めっちゃ普通です。

 

 ジレットの3枚刃に対応しているので、剃り心地はそりゃあジレットのそれです。それ以上にはなりません。ジレットの3枚刃は優秀なカミソリですので、そういう意味で剃り心地は良いということになるでしょう。

 

f:id:Sig-Maru:20190416011322j:plain

先っぽはジレットの3枚刃がつきます。ザ・スタンダード


 人間工学に基づいて設計されている…とのことなのでさぞ持ちやすいかと思いきや、そうでもないです。やはり普通。これに関しては以前使っていたサムライエッジの方が分があるぐらいです。もう少し重みが欲しいなあ。

 

 

 とはいえ、小さな問題です。私が求めていたのは高揚感です。高揚感でだけで言えばBolin Webbは間違いありません。俄然スタイリッシュです。使うたびにカッコいいなあ、と思えます。1万円ぐらいしましたが後悔はしていません。それぐらい、髭剃りのテンションは私にとって大事なのです。なにしろ面倒なので。

f:id:Sig-Maru:20190416011840j:plain

包装が妙に立派なので、プレゼントなどにもよさそう


 同じように思う方がどれだけいるかわかりませんが、共感した方には間違いなくおススメです。気分だけでも英国紳士、朝の素敵なお供になってくれることでしょう。

  本日も最後までお読み頂きありがとうございました。