モノバカ|モノばかり紹介するレビューブログ

ガジェットからファッション、暮らしの便利グッズなど幅広く紹介するモノ系ブログです。使ったことがあるものだけを体験に基づいてレビューします。

ピックアップ

zaitakuwork
katteyokatta2022
corefighter
corefighterco

iPhoneもApple Watchも同時充電。MagSafe充電器【CIO NovaWave 3Way】レビュー。急速充電対応!コスパに優れた3in1充電器

CIO NovaWave 3Way

 

 「CIO」の製品が身の回りに増えてきました。ご存じ CIOは日本発のメーカーで、信頼性が高くコスパに優れたガジェットを世に送り出しています。最近、特にヘビーユースしているのが ワイヤレス充電器である CIO NovaWave 3Way。家で仕事先で出先で、どこでも便利な一台なんです。

 

 本記事ではこの CIO NovaWave 3Wayを開封レビューしつつ、何が便利なのか?他製品に比べてなにが優れているのか?などについて詳しく紹介していきます。

 

 

CIO NovaWave 3Way レビュー

開封!

 

 さっそく開封してみます。ドン。

 

CIO NovaWave 3Way 同梱物
 パッケージ内容 CIO NovaWave 3Way本体
USBケーブル (Type-C to C)
取扱説明書・保証書

 

本体カラーはブラックとホワイトの2色展開。今回はブラックを紹介します。細かいことですが、USBケーブルのカラーを本体と同じにしてくれてるのが有難い。

 

本体レビュー

本体は薄くてコンパクト

 

 こちらが本体。本体サイズは 6 x 6.8 x 1.1 cm と手のひらサイズ。重量も60gと、タマゴ一つぶん程度の重さです。薄くて軽量なので、持ち運びは苦にならないサイズ感です。デザインもミニマルでスタイリッシュ。

 

入力端子は USB Type-C

 

 端子は USB Type-C ×1。入力のみに対応しています。対して出力は最大15W(iPhone充電時は7.5W)、スマートウォッチの充電は2.5W出力に設定されています。

 

 表面には CIOのガジェットではおなじみのシボ加工が施されています。荒いシボ加工により、傷や指紋が付きにくくなっています。「長く綺麗な状態で使えるように」という配慮からこのような仕様になっているとのこと。ニクイね。

 

変形できるのがミソ

変形できる機構になってる

 

 CIO NovaWave 3Wayはフォルムチェンジして使えるのが、他社製品にはない大きな特徴の一つ。スマホリング代わりにもなるスタンドと、Apple Watch充電用のアームが稼働するようになっています。

 

可動域広い!140°ぐらいまで可動する

 

持ち運び時にはコンパクトに、使用時には機能的なフォルムにスタイルを変えられるのが CIO NovaWave 3Wayのストロングポイント。次項で詳しく紹介します。

 

使用感レビュー

単なるMagSafe充電器としても優秀

 

 「変形させずにそのまま使う」のが第一形態。マグネットで背面にピタリとくっつけるだけで充電できて、そのまま使えるというのは一度体験すると離れられない利便性があります。

 

NovaWaveは 15Wの急速充電(iPhoneの場合 7.5W)に対応しているので、単なる MagSafe対応の充電器という点だけで評価しても優秀です。

 

スタンドとアームを起こした状態

 

 続いて「スタンドとアームを起こした状態で使う」スタイル。ご覧のように自立します。

 

どっちも見やすい状態で固定できる

 

 iPhone、Apple Watchを同時に充電する様子。アームもMagSafe仕様になっているので、アームを立てても時計が落ちません。ご覧のように iPhone/Apple Watchどちらも視認性が高い状態で充電が可能になっています。とにかく本体がシンプルなので、端末を装着したスタイルも非常にミニマル。ムダがなく美しい立ち姿です。

 

iPhoneのスタンバイ機能とも相性最高!惜しい点があるとすれば、スタンドが45°でしか固定できない点。2~3段階から設定できれば最高でした。

 

アーム側のマグネットは弱め

 

 Apple Watch充電用のアームもマグネット仕様ですが、磁力はやや弱め。Apple Watch SEの41mmは問題なく引っ付きましたが、もっと自重がある機種(AppleWatch Ultraなど)だとこの使用方法は無理かも知れません。その場合でも右上画像のようにアームを寝かせれば充電は可能です。

 

スタンドとは異なり、アームの角度はフレキシブルに変えられます。立ててフェイスが見えるようにするも良し、寝かせて置くように充電するも良し、です。

 

平置きでも使用可能

 

 もちろん「平置きスタイル」でも使用可能。MagSafeに非対応の端末でも、平置きスタイルで非接触充電できます。

 

 iPhoneとAppleWatchを同時充電できるガジェットはコレ以外にもありますが、これほど色んなスタイルで充電できるのは NovaWaveぐらいなのではないでしょうか。持っている端末とシチュエーションを選ばない懐が広さがあります。

 

AirPodsも充電可。三種の神器全てが充電できる

 

 もちろん AirPodsも非接触充電が可能です。iPhone/AppleWatch/AirPods、いわゆる3種の神器が全て充電を、NovaWave一台で行えます。メチャ便利。

 

モバイルバッテリーと組み合わせても便利

 

 出先なら、モバイルバッテリーと組み合わせて使うのもオサレです。

 

 家での使用はもちろんのこと、オフィスのデスクや出張に旅行、出先のカフェなどでも NovaWaveが強いオトモになってくれます。本体の質感高さ、コンパクトさも相まって、持ち歩きたくなる魅力を持つガジェットです。

 

まとめ

Apple製品のオトモに、CIO NovaWaveを。

 

 iPhone と AppleWatch が同時に充電できるのは勿論、AirPodsも充電可能。薄くてコンパクトで軽量ながら、フォルムチェンジすることでフレキシブルな使い勝手になっています。家でオフィスで出張で、どこでも括約するポテンシャルのある一台。Apple製品をお使いの方には是非ともオススメしたい。

 

 カラーは「ブラック」と「ホワイト」の二色展開。大手ECサイトや家電量販店など大体どこでも取り扱いがあります。安く買うなら Amazonか楽天の公式ストアがおすすめ。セール時を狙えば 3,000円台半ばほどで購入できます。

 

CIO製品は品質が高いだけでなく、オシャレでアイデアのあるアイテムが多くて楽しい!大阪の企業ということもあって応援しています。NovaWave、特におすすめですよ~

 

 今回はこれにて。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

あわせて読みたい