GOODS SPEED おススメのモノ系レビューブログ

おススメできるモノ、好きなモノ、愛用品を紹介し続けるブログ

メガネとサングラス、一人二役。海外生まれだけど日本人にもフィット【Ray-Ban クリップオンサングラスセット】

 目が悪いので、コンタクトレンズや眼鏡が生活の一部になっています。

 

 日差しが眩しいとき、コンタクトであればサングラスをかけます。しかし眼鏡のときは困りもの。度入りのサングラスも悪くないですが、室内や運転中には考え物だと思っていました。

 
 そこでクリップオンのサングラスを購入することにしました。TOMMORROWLANDがRay-Banに別注をかけたモデルです。現在でも一部で、セール価格にて手に入れることができます。

f:id:Sig-Maru:20190407004137j:plain

クリップオン前。単なるメガネとして使う状態

 形状はボストンタイプで、異なる素材を組み合わせたコンビネーションフレームが採用されています。クラシックでありつつも新しさを感じさせる外観です。

 


 付属のレンズをクリップオンすると、度入りのサングラスに早変わり。

f:id:Sig-Maru:20190407004145j:plain

変身!夏場の通勤時などはコッチにしてる

 紫外線が目に当たるとメラニンが作られ、シミ・そばかすの原因になります。肌に塗る日焼け止めなどとは別に、サングラスによる紫外線対策も重要です。

 


 Ray-Banよりクリップオングラス単品で販売もされています。色違いから偏光グラスまで用意されているので、気分を変えたいときは少ない投資で追加レンズを購入できるのもポイントです。

f:id:Sig-Maru:20190407004141j:plain

レンズ単体。レンズ単体で売ってるモノもある

 アメリカ生まれのRay-Banですが、本品はアジア人にフィットするように調整されているので、かけ心地は至って快調です。

 


 セレクトショップで本品を購入し、JINSにて視力をはかってレンズを入れ替えてもらいました。掛け方調整はJINSでは対応していなかったので、大手百貨店に入っている眼鏡屋さんにお願いしたら無料でやってもらえました。

f:id:Sig-Maru:20190407004133j:plain

度入りのレンズに交換して使っています


 海外通販などで眼鏡を購入することも多いのですが、いつもこの方法で自分用にアジャストさせています。作業時に眼鏡が破損した場合の補償がないことを受け入れられれば、非常にお手軽です。

 


 店舗によっては対応していないことも考えられるので、同じ方法を考えられている方は必ず、事前に店舗へ確認をお願いします。

 


 眼鏡はファッション性も高いので、5年も使うと流行遅れに…なんてことになりがちです。デメリットだけ見るとお金もかかるし面倒、となりますが、どうせなら時代にあわせてオシャレに、眼鏡を着けこなしていきたいものです。