モノバカ|モノばかり紹介するレビューブログ

ガジェットからファッション、暮らしの便利グッズなど幅広く紹介するモノ系ブログです。使ったことがあるものだけを体験に基づいてレビューします。

ピックアップ

zaitakuwork
menscosme
corefighter
corefighterco

高たんぱく低糖質ラーメン【カップヌードルPRO】筋トレ目線でレビュー。プロテイン代わりに使えるのか?ダイエットには?

 

 筋肉に必要なのはタンパク質、これは常識です。脂肪を減らすには糖質の取りすぎは禁物。常識的に考えれば、ジャンクフードは体づくりの大敵です。

 

 そんな常識を覆すジャンクフードが登場しました。その名も「カップヌードルPRO」。そう、あのカップヌードルの高たんぱく・低糖質バージョンです。

 

f:id:Sig-Maru:20210719215342j:plain

全人類が待ってた、ハイプロテインローカーボヌードル

カップヌードルPROとは

 

 カップヌードルPROは従来品と比較して高たんぱく・低糖質を実現したカップヌードルです。タンパク質は15g配合、糖質を従来品の半分にまで抑えられています。

 

タンパク質15gはプロテイン1食分に匹敵します。一日に必要なタンパク質は体重1kgに対して約1~1.2g(参考:森永乳業HP)なのでコレだけでは足りませんが、十分に補助として役立ってくれる含有量です。

f:id:Sig-Maru:20210719220821j:plain

タンパク質15gはかなり嬉しい。「PRO」の文字が神々しい

 

 高たんぱく低糖質の秘密は「サイリウム種皮粉末」。サイリウムは、オオバコ科の植物の種皮を粉末にしたもの。天然原料の食物繊維で、整腸作用も期待できます。

 

 加えて、寝具材であるハイプロテイン謎肉入りとのこと。こちらもタンパク質の多さに寄与しているのでしょう。

 

特にサイリウム種皮粉末は小麦に置き換えて麺に練りこまれているので、味の劣化が気になるところ。後ほど実食レビューします。

成分比較

f:id:Sig-Maru:20210719225334j:plain
f:id:Sig-Maru:20210719225344j:plain
成分表示。本家との違いや如何に

 

 本家とどれほど成分が違うのか、比較してみます。比較対象として、食事の置き換えにも使われる大豆原料の「ソイプロテイン」の成分も載せています。(SAVASの代表的なソイプロテインの値を参考値としています)

 

f:id:Sig-Maru:20210719224312j:plain

 

 本家に比べてカロリーが15%ほど低くなり、タンパク質が50%ほどアップしているのがまず目に入ります。これらは筋トレ・減量どちらにも大きく作用する値なので、非常に良いメリットです。

 

 炭水化物も少なくなり、おにぎり一個分をやや下回る程度に。体を動かす前に食べるにはピッタリなぐらいの含有量です。

 

仕方ないとはいえ、塩分と脂質が多いのは気になります。特に脂質は本家より多い!一日の目安摂取量(50g)の1/3程度を摂取してしまいます。

プロテインと比較すると、カロリーや脂質などはもちろん高め。プロテインの完全代替は厳しいです。食事として、或いは我慢できない時の間食として扱うのが良いでしょう。

実食

f:id:Sig-Maru:20210719225440j:plain

食ってみる。もはや違いがわからん

 

 食べてみます。本家と同じく、熱湯を注いで3分。フタを開けると本家と変わらない香りがします。見た目にも美味しそう。さっそく食べてみます。

 

 おお、普通に美味い。違いがわからん、スゴい。これはまさに「カップヌードル」。低カロリーのラーメンは食べ応えが無かったり味に違和感がある時がありますが、これは全くありません。いつも通りに美味しい。

 

f:id:Sig-Maru:20210719225543j:plain

本家に比べると若干固麺寄り。普通に美味い

 

 本家に比べると麺はやや湯を吸いにくい感じで、やや固麺だと感じました。時間を置いても伸びにくいのはコチラでしょう。スープのコクや、ガツンとした旨味は本家にやや劣るものの、それでもかなり健闘しています。満足感には影響ないレベルです。代替品としては全く十分なクオリティ。

 

特にシーフードの方は「かなり近い」と感じました。こちらは脂質がやや高めなので、脂質がコクや旨味に影響しているのでしょう。

 

f:id:Sig-Maru:20210728001630j:plain

こちらシーフード。本家により「近い」

 

 私は普段から筋トレするぐらい体には気を遣っていますが、それでもときどきカップヌードルが食べたくなってしまいます。今後は迷うことなくコチラを選ぶでしょう。少しでも体に負担の小さいモノを…というときに、味の差が小さいのは非常に嬉しい!

 

 まとめ:筋トレ食に使えるか?

 

f:id:Sig-Maru:20210721221535j:plain

置き換えや食前には使えそう!でも食生活はバランス!

 

 正直、筋トレは鶏の胸肉+野菜(ビタミン+ミネラル)が最強なので、それらとの比較には意味がありません。たまにはジャンクを食いたい… でも…!というときに、どれだけ他の食事に響かないか?バランスを崩さないか?の観点が必要です。

 

 そういう意味では、このカップヌードルPROは健闘しています。ド級のジャンクでありながらカロリーはオニギリ一つ程度、タンパク質は15g含有。食事の代替であったり、トレーニング前の食事としては悪くないでしょう。

 

注意点は塩分と脂質。麺類ではあるものの脂質が多めなので、やや消化に難が出てきます。オオバコの整腸作用にどれだけ期待するかですが、過食しなければ大丈夫。結局はバランスです。

 

 筋トレ視点だけでなくても、お腹が空いてしまって夜食に…というときも、本家よりはもちろんPROがおすすめ。ラーメンを夜中に、というのは半ば禁忌ですが、タンパク質が多いものを就寝前に採るのはそれはそれで悪くない。罪悪感を和らげてくれます。

 

 ぐぐう、ジャンクが食いたい…!というときの相棒としていかがでしょうか。一食200円程度で販売しています。

 

 

 本日はこれにて。最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

あわせて読みたい