モノばかり紹介するレビュー系ブログ ”モノバカ”

ガジェットからファッション、暮らしの便利グッズなど幅広く紹介するモノ系ブログです。使ったことがあるものだけを体験に基づいてレビューします。

iPhoneで写真・動画のバックアップが簡単にできる【RAVPower FileHub】が便利。「デバイスに到達できません」エラーの解決にも!

 

 スマホはiPhoneを使っています。徐々に不便になっていくな~ と思いつつも離れられないでいます。

 

 最近困ったことがあって本格的に乗り換えを考えていたのですが、RAVPower FileHubのおかげでキレイに解決しました。ありがとうFileHub!

 

f:id:Sig-Maru:20210216194706j:plain

File Hub。思った以上に使えるヤツだった(失礼)

(私の事情)何に困っていたのか

 

 iPhoneのデータがいっぱいになってきたので、ケーブルを繋いでPCへの転送をすることにしました。クラウド経由も考えたんですが色々と面倒なので、iPhoneをストレージ扱いにしてデータを抜き出す、という古き良き方法をとりました。

 

 しかしファイルの転送を始めてから間もなく「デバイスに到達できません」という謎のエラーが。コレが何回も起こり、遅々としてデータ移動が進みません。

 

f:id:Sig-Maru:20210216220601j:plain

コレ。困った。何やっても直らん

 

 ネット上で書かれてある対処法も試しましたが、どれもダメでした。どのサイトでもだいたい書かれてあることは同じです。

 

  • PC、iPhoneの再起動
  • 「写真」の設定から「元のフォーマットのまま」を選択
  • ケーブルを純正に変更
  • iTunesを最新に更新

 

 全てやってみたけどダメ。途方に暮れたときに思い出しました。そういえば何か買ったな…と。それが FileHub でした。

 

 結果から言えば、File Hubであっけなく、簡単に転送できて事なきを得ました。長尺の動画など大容量のファイルでも大丈夫です!同じような悩みを抱える方にはぜひおススメです。

 

FileHubとは

f:id:Sig-Maru:20210216201613j:plain

出典:https://www.ravpower.jp/about

 

 FileHubは、RAVPowerが作る「多機能型ワイヤレスカードリーダー」です。 …カードリーダー?という感じですが、とことん多機能のワイヤレス端末です。

 

 ワイヤレスでのファイル共有機能、メディアプレイ、ルータ機能、モバイルバッテリー機能など、この小さな本体の中にいくつもの機能が詰め込まれています。その中でも、「ファイルのバックアップ」について強くフォーカスされている製品です。

 

 

本体レビューと使用準備

f:id:Sig-Maru:20210216194712j:plain

本体横にSDカードスロット。2TBまで対応

 

 FileHubはモバイルバッテリーの機能もあるので6700mAhのバッテリーを積んでいます。一方でストレージは搭載していないので、SDカード、或いはUSBメモリを自分で用意する必要があります。

 

 スマホからバックアップしたデータは全てこのSDカード(orUSBメモリ)に転送されます。逆にSDカードの中にあるメディアファイルを、スマホから読み取る機能もあるので、それなりに容量があり転送速度の速いSDカードが望まれます。クラス10で128GBもあれば大丈夫でしょう。

 

 

f:id:Sig-Maru:20210216194719j:plain

USB Type-Cに対応。LANポートも完備

 

 Type-Cに対応してるので充電早いです。有線でのデータ転送にも対応していますが、こちらはUSB Aポートのみ。Type-Cは充電用となっています。

 

 有線LANケーブルを差すことで、ルーターとしても機能します。DLNAとしても使えるなど機能が盛りだくさんです。

 

肝心のファイルバックアップ機能

 

 まずはスマホとFileHubをワイヤレスでつなげる必要があります。手順はWi-Fiルーター接続するときと一緒です。

 

 FileHubの電源をつけて、アクセスポイントを探すと以下のように出てきます。コレを選択してパスワード [11111111] を入力すると接続完了。

 

f:id:Sig-Maru:20210216213625p:plain

見つけたFileHub。


  バックアップを取るにはアプリが必要です。Android、iOS共にリリースされています。

 

f:id:Sig-Maru:20210216212312j:plain

バックアップにはアプリが必要

 

 アプリを起動するとシンプルなメニュー画面が。「写真のバックアップ」を選択します。写真、とありますが動画もバックアップします。

 

f:id:Sig-Maru:20210216214422j:plain

メニュー画面。メディアサーバとして使う時もここが入り口


 するとバックアップが始まります。あとは待つだけ。チョー簡単です。

 

f:id:Sig-Maru:20210216213659j:plain

ファイル転送中。エラーも出ずスムーズ

 

  動画が200本、写真が3000枚ほどでしたが、1時間ほどでコピーが完了。危惧していた「デバイスに到達できません」エラーにも見舞われず、非常にスムーズにファイル移動ができました。ちょっと感動しました。

 

総括

f:id:Sig-Maru:20210216194654j:plain

初期投資にちょっとかかるのが難点だけど総じて優秀

 

 他にも色々な使い方ができるFile Hubですが、ダントツで便利なのは写真、動画のバックアップ機能でした。妻のiPhoneも含めて、写真のバックアップは全てコレに任せています。

 

 次点で「ワイヤレスの外付けデバイスとして使える」というところが便利。FileHubにたくさん動画を入れておいて、出先でアクセスして楽しむ… ということも可能。外付けハードディスクよりも用途が広く、持ち運ぶメリットが大きいです。どう使おうかな~と想像力が試されるデバイスです。

 

 というか、iPhoneを使い続ける限りはお世話になり続けると思います。それほど便利。

 

 

 だってiPhoneのファイル転送、何か良いの無いんですもん。昔もっとシンプルだったんだけどな。

 

 愚痴はこれぐらいにしまして。本日も最後までお読みいただきありがとうございました。