モノばかり紹介するレビュー系ブログ ”モノバカ”

ガジェットからファッション、暮らしの便利グッズなど幅広く紹介するモノ系ブログです。使ったことがあるものだけを体験に基づいてレビューします。

ひざ掛けには【ホースブランケットリサーチ】がおすすめ 。アウトドアでも使えるおしゃれなウールブランケット【Horse Blanket Research Blanket】

 冬場にあって、私にとってなくてはならないもの…その一つにブランケットがあります。暖房器具が苦手なので、ちょっと肌寒いぐらいのものならブランケットで済ませてしまいます。

  
 なかでも私が愛用しているのはHourse Blanket Research(ホースブランケットリサーチ)のブランケットです。

f:id:Sig-Maru:20210103015845j:plain

hourse blanket researchのブランケット。ウール100%国内生産!

 

ホースブランケットとは何なのか?

 ホースブランケットとは、その名の通り馬用のブランケットです。1900年代の初頭のアメリカにおいて、馬が眠るとき背に掛けられていた毛布のことです。なんで無くなっちゃったんでしょうね、その文化。

 

 主にアメリカの中西部~東部にかけての寒さが厳しい地域にて使われていたこともあり、人用のものと違ってサイズが大きく厚みがあることが特徴です。

 

 下記はイギリスの馬具メーカーの通販サイトからの引用画像です。現在でも販売されており、その価格225ユーロ。大体29000円程度(2020年12月現在)ということになります。

f:id:Sig-Maru:20201228195605p:plain

出典:https://www.dochorse.com/newmarket-traditional-wool-blanket.html

メッチャ大事にされてる!馬!って感じ

Hourse Blanket Researchとは?

f:id:Sig-Maru:20201228014433p:plain

出典:https://sett.co.jp/horse_blanket_research/

 Hourse Blanket Researchは、ホースブランケットを製造・販売しているブランドです。デザイナーである小林節正氏が、当時のもの…つまり100年以上前のホースブランケットを調査/収集し、当時のものを再現して作られています。

 

f:id:Sig-Maru:20201228015845p:plain

BEAMS HPのインタビューより出典:http://www.beams.co.jp/special/happyoutside/vol013/

小林節正氏近影

 同氏はMountain Research(マウンテンリサーチ)を筆頭とする「……RESEARCH」シリーズを展開しており、Hourse Blanket Researchはその中の一つになります。

 

 同ブランドの魅力はそのリサーチに裏打ちされたモノ作りです。当時の贅沢で温かさのあるウールの使い方、色使いなどを、現代のプロダクトとして取り込み機能として消化している。それがHourse Blanket Researchの魅力です。

 

 同ブランドの製品は全て日本製。昔ながらの製法で柔らかく作れており、空気を含みやすいのが特徴。暖かさとフンワリした肌触りに貢献しています。


" Horse Blanket Research 2012 " . . . . . RESEARCH

 

私が愛用しているブランケット

f:id:Sig-Maru:20210103020541j:plain

フリースのブランケットにはない生地の高級感


 私が購入したのは、ストラップのないプレーンなタイプ。羽織りたい場合には大きな安全ピンで留めることができます。サイズは168×138cmです。

 

f:id:Sig-Maru:20210103015913j:plain

私が所有しているのは巨大な安全ピンつきのタイプ(使ってないけど)

 

 往年のホースブランケットは200×200cmが主流だったようですので、ヒトが使いやすい大きさにリサイズされていることになります。

 

f:id:Sig-Maru:20190507002021j:plain

タグ。簡素にロゴとブランド名


 ブランケットは滑らかな手触り…という感じではなく、初めて触ったときは「ワイルドな触り心地」という印象でした。しなやかで柔らかい、というよりは、ゴワゴワしてちょっと硬い感じ。しかし使っているうちに印象が変わってきます。

 

 ゴワゴワした手触りがなくなり、ふわふわとして暖かい感触に変わっていく。徐々に自分に馴染んでくるというか、ふんわりと空気を含んで柔らかく、肉厚でシッカリとした重みがあるのに軽やかに感じてくるような、そんな使い心地になります。そういう、使い心地や風合いの変化が楽しめるのもウール100%の肉厚ブランケットの大きな魅力です。

f:id:Sig-Maru:20210103015917j:plain

厚みがあるのに適度な硬さ・柔らかさ。末端の処理も丁寧

 

 そんなに肉厚でもないのにしっかりしていて暖かく、掛けていてもズレることがない。ウール100%で肉厚。耐火性に優れており、アウトドアにて焚火の周りなどで使うのも安心です。火の粉で穴が開いたりすることはありません。


 そして質感がカッコいい。何でしょう、このクシャっとしておくだけでカッコいい感じ。どこか軍用のブランケットを思い起こさせます。無骨でありながらどこか優しい。男女やインテリアのテイストを問わず使いやすいデザインです。

 

f:id:Sig-Maru:20210103015925j:plain

クシャッとさせておくだけでサマになるの図


 1/2サイズのものも展開されていますが、私は断然、このフルサイズをおススメします。半分にすればひざ掛けになりますし、広げれば下半身をすっぽり覆えます。

f:id:Sig-Maru:20210103015908j:plain

サイズはかなり大きい。シングルサイズの布団級の大きさ

 

 我が家の冬は床暖房で過ごすのですが、ブランケットを使えば簡易的なコタツ代わりになって非常に暖かいです。底冷えするときには掛布団カバー代わりに…という使い方もできますし、冬には欠かせない存在になっています。

 

 最近はデスクヒーターと併用して使うことも多いですが、コレがすごく暖かい。真冬であってもこの組み合わせで乗り切れます。非常におススメです。

 

おわりに


 ブランケットとしては非常に高価なので、万人におススメしにくい一品です。私も独身時代でなかったら買ってなかったでしょう。しかし長く使える耐久力と、マルチに使える汎用性、凝ったディティールはとても魅力的です。

 

 購入は、公式サイトからが一番おススメです。毎年新しいデザインのブランケットがリリースされています。

 

sett.co.jp


 昨今人気のキャンプやグランピングなどでは大活躍してくれそうな逸品。満天の空の下、100年前の馬の気持ちに思いを馳せるのもロマンチックなような、そうでもないような。

 

 

 本日はこれにて。最後までお読み頂き、ありがとうございました。