モノバカ|モノばかり紹介するレビューブログ

ガジェットからファッション、暮らしの便利グッズなど幅広く紹介するモノ系ブログです。使ったことがあるものだけを体験に基づいてレビューします。

ピックアップ

zaitakuwork
menscosme
corefighter
corefighterco

旅行・出張に最強のバックパック【montbell トライパック 45】レビュー。機能的ながら軽量なスクエア型リュック!

mont-bell トライパック45

 

 四角いリュック、いわゆるスクエア型バックパックの旅行バッグを愛用してます。スクエアだと「パッキングと内容物の展開がやりやすい」から、そして「タウンユースでもスタイリッシュに見える」という2つの理由からです。Peak Designに始まり、AerやThule、Columbiaなどのブランドを試してきました。

 

 中でも、mont-bell の トライパック45 が最強と謳ってやみません。最近はコレ一本に絞りました。本記事では、トライパック45の機能を紹介しながら、他ブランドと比較して何が良いのか?に加え、トライパックをさらに便利に使う方法なども紹介します。

 

トライパック45の特徴

3in1バッグ

左/ショルダースタイル 右/ハンドルスタイル

 

 トライパック45はその名前の通り、3つの使い方ができるバッグです。冒頭の写真はバックパックスタイル。加えてハンドルを握ると手提げバッグに、付属のストラップを着用すればショルダーバッグになります。

 

シーンによって使い方を変えられて非常に便利!とはいえ、この機能は大体のスクエア型バッグについてたりします。mont-bellはディティールが細かいんです。

 

ショルダーストラップがキレイに収納できる

 

 写真のように、バックパックとして使うときにだけショルダーストラップを取り出して使うことができます。ショルダーストラップは背面パッド内に収納されていて、下部両サイドに収納されているバックルと結合させることでバックパックになります。

 

 手提げやショルダーバッグとして使うときには、当然ショルダーストラップは邪魔なもの。収納できることで、初めて3in1バッグとしてキッチリ機能するようになります。保管時にクローゼットに収納するときなどもゴチャ付きません。

 

マルチに使えるバッグなら当然の機能…なんですが、意外と付いてないバッグは多いんです。新幹線などで足元に荷物を置くときもミニマルにできて便利!

 

他社製と比較、圧倒的コスパ

Ballistic ULTRAの採用で、超軽量ながら頑丈

 

 トライパック45で一番気に入っている点はズバリ軽さです。45リットルの大容量ながら、なんと重さ1,010g。45リットルのスクエア型バッグは1.6~2.0kgぐらいの製品が多いなか、圧倒的な軽量化を実現しています。

 

他社の競合製品と比較してみましょう。私が購入を検討し、実際に実物も見たラインナップです。

 

 

 上記のように、40リットル前後の代表的なスクエアバッグと比べても500g程度は軽い。ペットボトル一本分ぐらいは軽量化されているんです。軽いうえに大容量、そして機能的。なおかつ激烈にリーズナブル。これが私がトライパック45を推す最大の理由です。

 

素材には「バリスティックウルトラ」を使用。一般的なナイロン素材に比べ約3.6倍の引き裂き強度を持ちながら、20%の軽量化に成功した mont-bell独自のハイテク素材です。質感も高く、近くで見ると写真のような格子柄がうっすら見えてディティールも良いです。

 

サイズが自由自在。最大45リットル!

右が45リットルの状態。かなり見た目が変わる


 両サイドにあるアジャスターを使えば、トライパック45の厚みを自在に変えることができます。かなり薄くした状態なら、通勤や通学にも使えそうなサイズ感。逆に最大まで大きくすれば、かなりのボリューム感を持つバッグに変貌します。

 

タウンユースでもOKなデザインと質感なので、シーンを問わない活躍が期待できます。出張などだけでなく、仕事帰りのジム通いなどにも便利です。

 

内部。全開にできる

 

 メインの収納部分は上の写真のようになっていて、まるでキャリーバッグのように全開にすることができます。サイドのアジャスターを最大まで大きくすれば、1週間以上の旅行にも耐えうる大容量になります。ザックリした作りに見えますが、こう見えてポケットはかなり準備されているのでご安心を。後ほど紹介します。

 

メイン収納部にはコンプレッションベルトを装備。荷物をベルトで押さえつけコンパクトにできるだけでなく、移動時に中身が動かないようにしてくれます。

 

コンプレッションベルト使用の図

ポケットは多数!

 

 スクエア型トラベルバッグの特徴の一つとして、「小分け収納が充実している」というのがあります。ガジェットやカメラなどの持ち運びに便利な機能ですが、例に漏れずトライパック45も機能的なポケットがたくさん。

 

フロントのポケット2つ

 

 まずフロントの上部と下部にポケットが配置されています。上部は縦長で、長財布を入れるとピッタリ収まるぐらいのサイズ感。下部は逆に横長で、折り畳み傘などを収納できます。

 

小型・軽量で有名なmont-bellのトレッキングアンブレラもしっかり入ります。若干の余裕があるので、私はミニ三脚などもここに入れています。

 

メッシュ収納装備のサブ収納

 

 フロントカバーを開くと、サブ収納がお目見え。メッシュポケットが配置されているので、ガジェットやツールなどを入れておくのに便利。バッグ上部から簡単にアクセスできるので、移動時によく使うものを入れておくと取り出しやすく便利です。

 

ご覧のように大きめの雑誌が入るほどの収納力。ドキュメントやノートなど、書類の収納場所にも役立ちます。特に出張時にメチャよく使うスペースです。

 

 これでも便利ですが、もっと小分けして使いたい!という方にはおすすめのライフハックがあります。後述します!

 

ノートPC収納部。15インチも余裕

 

 背面パッドとメイン収納の間には、ノートPC用のポケットが。かなり深めに作られており、幅もあるので15インチでも余裕で収納可能。ポケットの下部にはクッションが設けられており、PCへの衝撃を緩和してくれます。

 

メイン収納横のメッシュポケット


 メイン収納のサイドにはメッシュポケットを装備。両サイドにあるので計2つです。コスメやガジェットを収納するもよし、眼鏡や筆記用具などの小物を入れるもよし。出張や旅行時に持って行きたいけど、収納に困るコマゴマとしたものを入れるのに便利です。

 

私はサプリメントや耳栓、香水やワンデーのコンタクトレンズなど、「すぐに取り出せる必要はないけど、必ず要る小さいもの」を収納する場所にしています。

 

スタイリング

30リットルほど荷物が入った状態


 実際に背負うと写真のようになります。私は身長180cmで結構ガッチリした体形。大体2~3泊程度の荷物を入れた状態でも、まあまあスッキリしたスタイリングになります。mont-bellってちょっとダサいデザインが多い(マジですいません…)んですが、トライパック45はカッコいい!やればできるじゃん、モンベル!

 

旅行・出張だけでなく、通勤やジム通いにも違和感のないボリューム感。ベルトでボリューム調整できるので、普段使いでもイケる汎用性があります。

 

女性が背負ってみたの図

 

 身長155cmぐらいの女性が背負うとこんな感じ。女性が普段使いにするのは少し大きいかも知れませんが、旅行や出張などなら問題ないでしょう。

 

背面パッドやショルダーストラップがやや薄めなので心配していましたが、背負い心地は良好。さすが登山ブランド製、最小限で構成しているように見えて痛みが出にくい快適な使い勝手です。何ならちょっとしたアウトドアにも使えそうです。

 

ハンドキャリースタイル

 

 こちらは手に持った状態。新幹線や飛行機に乗り込むときはこの状態にすると、スムーズに席に座ることができて便利。スーツスタイルのときにも馴染むので、状況に合わせて使い分けています。

 

素材であるバリステックウルトラには若干ツヤがあって、太陽光の下では特に質感の高さが際立ちます。どこに持って行っても恥ずかしくない、良質なバッグです。

 

更なる小分けにはバッグインバッグ

「tsuchinoko」のバッグインバッグと相性抜群

 

 他社のスクエアバッグを圧倒するトライパックですが、若干弱い点があるとすれば「小分け収納の豊富さ」。ガジェットをたくさん持ち運ぶんだけど…など、気になる方はバッグインバッグを使うと小分け力が向上します。

 

 おすすめは tsuchinoko のバッグインバッグ。トライパック45のサブ収納にシンデレラフィット。160gとかなり軽量なのでトライパックの長所である「軽さ」をスポイルしません。大きさの異なるポケットが多数配置されていて使いやすい!

 

ピッタリ収まる!小分けを求める方はぜひ

 

小分け収納が本体に縫い込まれているより、小分け用のバッグインバッグを別途用意する方が機能的です。理由は「本体から取り外せるから」。ホテルなどで取り出して使えて便利ですし、小分けが必要ない時には取り外せます。不要な「重さ」を取り払えるのも長所です。

 

まとめ

機能的・デザイン性良し・安い!

 

 マルチに使えてポケットたくさん。高機能素材・バリスティックウルトラを使っており頑丈ながら、ほぼ1kgという軽量さ。ディティールにもこだわっていながらメチャクチャ安い。これで1万5000円チョイです。他社製なら3万円を軽く超えてくるところを、圧倒的なコストパフォーマンス。トライパック45が最強のスクエアトラベルバッグであること、お分かりいただけたのではないかと思います。

 

 モンベルの店頭で購入するのが一番ですが、近くに店舗がなければモンベルの公式通販もあります。Amazonなど大手通販でも取り扱いがありますが、転売価格になっているときもあるので注意!です。

 

トライパック45に出会ってから、旅行バッグはコレに一本化。収納時も場所を取らず、機内持ち込みできるし本当に便利。皆におススメしたいトラベルバッグです!

 

 本日はこれにて。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

あわせて読みたい