モノバカ|モノばかり紹介するレビューブログ

ガジェットからファッション、暮らしの便利グッズなど幅広く紹介するモノ系ブログです。使ったことがあるものだけを体験に基づいてレビューします。

ピックアップ

zaitakuwork
menscosme
corefighter
corefighterco

ダイバーズウォッチの大本命「OMEGA シーマスターダイバー300m」レビュー。コスパ高し!普段使いにもビジネスにもおすすめ【Seamaster DIVER 300M 210.30.42.20.01.001】

f:id:Sig-Maru:20210921113857j:plain

オメガのロゴが神々しい外箱

 

 腕時計が好きで何本かコレクションしていますが、最近はもっぱら OMEGA Seamaster DIVER 300M ばかり着用しています。新しいオメガを象徴するスタイルを持つ、高機能な腕時計です。

 

 今回の記事ではオメガの歴史に少し触れつつ、このウォッチのスペックや特徴、ポイント、本機のまさに圧倒的とも言うべきコストパフォーマンスについて解説していきます。ぜひ最後までお付き合いください。

 

OMEGA と Seamasterについて

f:id:Sig-Maru:20210921114905j:plain

出典:https://www.omegawatches.jp/

 

 1848年、懐中時計の工房としてオメガの前身が誕生しました。1894年に制作された有名なキャリバー(機構のこと)が「OMEGA」と命名され、これが社名となります。

 

 Seamasterの発売が1948年。その防水性が高く評価され、イギリス海軍に正式採用されます。1995年には「007ゴールデンアイ」にてジェームズ・ボンドが着用し、その知名度は盤石なものになりました。

 

 そのモデルこそが、1993年に登場した「Seamaster DIVER 300m」。最も有名なダイバーズウォッチの1つであり、今回紹介するシーマスターの最定番モデルです。

 

今回する紹介する210.30.42.20.01.001 が現行機。2018年にリリースされたコレクションになります。

Seamaster DIVER 300M レビュー

開封レビュー

 

 先に載せた外箱を開けてみます。オープン!

 

f:id:Sig-Maru:20210921113859j:plain

お馴染みの顔ぶれ。木目調のケースが美しい

 

  • 腕時計本体
  • 木目調のケース
  • ギャランティとカードケース
  • 取り扱い説明書
  • コマ(バンドの調整用)

 

 木目調のケースはズッシリと重く、すでに高級感が滲み出ています。不要と言えば不要な付属品なのですが、「高級時計を買った!」と強く思わせてくれる存在ですね。

 

 さらに、このケースを開けてみましょう。オープン!

 

f:id:Sig-Maru:20210921113904j:plain

ついにお目見え、Seamaster DIVER 300M

 

 うやうやしく、Seamaster DIVER 300Mの登場です。やっぱり新しい時計を購入したときの、この雰囲気が堪りませんね。まるで宝箱を開けるときのようなドキドキ感があります。

 

本体レビュー

 

 Seamaster DIVER 300Mは、その名からも分かる通りダイバーズウォッチに分類される腕時計です。ダイバーズウォッチは「スペックの高さ」も一つの選択指標なのですが、これについても追って解説していきます。

 

ネイビーとブラックの2色展開のうち、私はブラックを選択しました。まずは本体を舐めるように見ていきます。

 

f:id:Sig-Maru:20210921113909j:plain

ステンレススティール製。ケース直径は42mm。

 

 まさにダイバーズウォッチの王道というべきデザインが、Seamaster DIVER 300Mの最大の特徴。視認性の高いシンプルなダイヤルと、引き締まったダイビングベゼルが目を引きます。

 

 ベゼルはブラックセラミック製で、ホワイトエナメルのダイビングスケールが付属しています。旧モデルでは3時の位置に日付表示がありましたが、6時位置に変更されました。対称性が美しく映えるようになったので、良い仕様変更と思います。

 

f:id:Sig-Maru:20210921113920j:plain

光の当たり方によって、表情を変える文字盤

 

 210.30.42.20.01.001は何とダイヤルにもセラミックを採用しています。この点は大きなサプライズです。この価格帯でセラミックダイヤルを搭載しているモデルはなかなかありません。

 

 ポリッシュ仕上げのブラックセラミックに、旧モデルには無かったレーザー刻印をプラス。波をイメージしたこの刻印が、本モデルを象徴するデザインと言えます。角度によって全く違う顔を見せる、より長く楽しめる仕様になりました。

 

文字盤はステンレスの高級腕時計も多い中、オメガがこの価格帯でセラミックダイヤル搭載モデルをリリースしたのがスゴい…!

 

f:id:Sig-Maru:20210921113918j:plain

ダイバーズスタイルの「王道」とも感じる面構え

 

 インデックスにはホワイトのスーパールミノヴァが塗布されています。秒針の先端は視認性を高めるため、赤く塗装。シンプルながら視認性が高いダイバーズウォッチの魅力は、十二分に受け継がれています。

 

 ロジウムプレートのスケルトン針には夜光塗料が塗られており、暗い場所での視認を助けてくれます。手動のエスケープバルブは円錐状のデザインです。

 

f:id:Sig-Maru:20210921113911j:plain

裏蓋シースルー。機構をジックリ視認できる

 

 裏蓋はシースルー。ここも旧モデルからの変更点。内部の精密な機構を楽しむことができます。

 

伝統的なシーホース刻印が無くなり少し寂しいですが、お陰でシーマスターのメカニカルを視覚的に楽しめるようになったので、なかなか難しいところです…!

 

 採用されているのは自社開発である「オメガ マスター クロノメーター キャリバー 8800(Cal.8800)」。オメガが誇る最先端のキャリバーであり、高い精度と耐磁性が特徴です。

 

長年「シースルーモデルを帯磁仕様にすることは不可能」と言われていました。オメガは常識を打破し、15000ガウスの帯磁性を実現。まさにブレークスルーです。

f:id:Sig-Maru:20210921113916j:plain

OMEGAの刻印が光るブレスレット

 

 ブレスレット部分はステンレススティール製。つや消し仕上げの細かなパーツからなる、ラグジュアリーなブレスです。どちらかといえば男性的なデザインでしょうか。

 

しなやかな使い心地は、もちろん健在。メタル製ながら腕に吸い付くような、腕に付けるのが楽しみになる心地よい質感です。

 

着用レビュー

f:id:Sig-Maru:20210921113928j:plain

42mmのケースは、近頃では標準サイズ

 

 ケース直径は42mm。程よい主張のあるサイズ感です。ずっしりと重みのあるメタルケースが所有欲をくすぐります。スーツの袖口からチラ見せしても存在感を主張してくれるので、良いアクセントになるでしょう。

 

 現在においては一般的なサイズなので、男性が装着する分には違和感が出ることは少ないでしょう。手首が極端に細い方だとその主張に負けてしまうかも知れません。そういう意味ではユニセックスと言うには厳しいサイズ感ですね。

 

ひと昔なら42mmは「デカ厚」と呼ばれたサイズ。それほどインパクトのあるサイズだったんですね。それが今では標準サイズ!時の流れを感じます。

 

f:id:Sig-Maru:20210921113930j:plain

ビジネスにも問題ない上品さ


 もしかすると「ダイバーズウォッチはレジャー向きのカジュアルなもの」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかも知れません。ダイバーズウォッチ、という名称からもアクティビティの指向が強そうな印象を持ちますね。しかし Seamaster DIVER 300M は例外に感じました。

 

 ダイヤモンドカットのようなベゼル、流麗な文字盤、美しいブレスレット。フォーマルに似合わない理由は、おおよそ見当たりません。上品でありながらもキッチリと主張のあるデザインで、スーツの袖口からコーディネートをアシストしてくれることでしょう。

 

f:id:Sig-Maru:20210921113913j:plain

基本性能が高いのでレジャーにもガシガシ使える

 

 フォーマルにもカジュアルにも、というのは正統なドレスウォッチにはない利点です。特にビジネスとカジュアルの境目が曖昧になってきている近年の働き方において、この利点はより需要が高まっていると思います。

 

 またマスターコーアクシャルムーブメントは他社と比べても規格外の帯磁性能を持つことで有名です。15000ガウスの超耐磁性で、日常生活で磁気に怯えることはまずありません。

 

エレキバンが1300ガウス、MRIでも1万~1万5千ガウス程です。日常生活ではまず問題ないと言っていいでしょう。

 

DIVER 300Mのスゴイ点

 

 乱暴にまとめてしまえば、OMEGA Seamater DIVER 300Mはコストパフォーマンスが圧倒的に高い。同様のスペックを持つモデルと比べて「段違い」と言ってもいいほどです。

 

f:id:Sig-Maru:20210921113906j:plain

性能・素材に対して、本体価格がお手頃

 

  • 最新ムーブメントであるCal.8800を採用
  • 誤差0~5秒/日
  • 15000ガウスの超耐磁性
  • パワーリザーブ55時間
  • 文字盤にもセラミックを採用

 

 上記の性能を持つ他社製品であれば、100万円を超えてくる製品もたくさんあります。まさに「妥協ナシ」と言ってもいい性能と完成度。それを超有名ブランドであるオメガが、メーカー価格60万円台で出してきたのは、本当にすごい。

 

高級時計が高騰を続けるなか、このプライスはまさに衝撃でした。発売後1年ほど品切れが続き、入荷も未定という事態に。無理もない話だと思います。

 

どこで買うべきか?

f:id:Sig-Maru:20210921170449j:plain

オールマイティにおすすめできる最高の腕時計

 

 腕時計マニアを納得させるスペックと外見でありながら、初心者でも手を出しやすい王道感、そして価格設定。まさにオールラウンダーと言えるOMEGA Seamaster DIVER 300mを紹介しました。

 

 一番良いのはOMEGAのショップで購入することですが、高い買い物なので少しでも安く買いたいところでしょう。一番おすすめなのは信頼できる正規取扱店で購入することです。私はジャックロードさんで購入しました。

 

中古での購入、特に個人間での売買や質屋からの購入はおすすめしません!高い買い物だからこそ、キチンとした保証付きの信頼できるショップで!

 

 最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

あわせて読みたい