モノばかり紹介するレビュー系ブログ ”モノバカ”

ガジェットからファッション、暮らしの便利グッズなど幅広く紹介するモノ系ブログです。使ったことがあるものだけを体験に基づいてレビューします。





折りたたみ電子ピアノ【ORIPIA 88】の実力やいかに。小型で軽量、音質は?タッチレスポンスは?など使用感レビュー

 

 妻と息子がピアノを嗜んでいるのですが、帰省などで練習できないとウデがなまって困る…とのことで小型の電子ピアノを購入することに。

 

 色々調べた結果、ORIPIA 88 にいきつきました。88鍵盤でありつつ、なんと折り畳むことで携帯性を向上させた電子ピアノです。長年OEMメーカーとして楽器製造の実績があるTAHORNG(タホーン)より発売されています。

 

f:id:Sig-Maru:20210803204330j:plain

ORIPIA 88。この小さな箱にピアノが…?

レビュー

開封レビュー

 

 もう箱の時点でだいぶ小さい。この中にフルキーのピアノが入っているなんて信じられない。さっそく開封してみましょう。ドン。

 

f:id:Sig-Maru:20210803204555j:plain

本体、取説類、布ケース、ペダル、USBケーブル

 

 付属品は取説に布ケース、サスティンペダルとUSBケーブルです。バッテリーを内蔵している充電タイプなので、充電用のケーブルが付属。アダプタは自分で用意する必要があります。

 

 ピアノ本体を見ていきます。いやあ小さい。片手で持てるサイズです。

 

f:id:Sig-Maru:20210803205257j:plain
f:id:Sig-Maru:20210803205254j:plain
折り畳んだ状態

 

 折り畳んだ状態のサイズは 331×126×85 mm で、重さは 1.6Kg。リュックなどのカバンであれば余裕で入りますし、そして軽い。この大きさ、重さでバッテリーやスピーカーなども内蔵しています。すごい。

 

 ペダルも携帯性が高いですが、作りはお世辞にも高級感がある、とは言えません。ちゃんとした演奏に使うならペダルは別で買ったほうが良さそうです。布ケースは微妙にだぶつきますし、保護性能は皆無なのでオマケ程度に考えたほうがいいでしょう。

 

f:id:Sig-Maru:20210803210053j:plain

ペダル。携帯性は高いが、オマケ程度と考えた方が良さそう


本体レビュー

 

 さっそく展開してみます。

 

f:id:Sig-Maru:20210803210330j:plain

広げたところ。しっかり88鍵盤ある

 

 広げたあと、ロック機構を止めて固定します。ロックは結構繊細な作りをしているので、強引に曲げたりするとすぐ壊れてしまいそう。軽量化、小型化は繊細になっていくので仕方のないトレードオフと言えます。

 

 ロックしたあとは電源を付ければ、あとは弾くだけ。折りたたむ時は逆の手順で、ロックを外してから折りたたみます。

 

f:id:Sig-Maru:20210803210539j:plain
f:id:Sig-Maru:20210803210536j:plain
左のようになっているのを、押し込んで固定する

 

 ホワイト一色のカラーリング。思っていた以上に高級感があります。電子ピアノというよりは、電子キーボードの佇まい、という印象です。

 

 展開時は厚さが2.2cm、奥行が12.6cmしかないので、一般的な電子ピアノと比較するとメチャクチャ細長く感じます。

 

f:id:Sig-Maru:20210803211134j:plain
f:id:Sig-Maru:20210803211158j:plain
めちゃ薄いので、すごく細長く感じる

 

 畳むとコンパクトとはいえフルサイズなので、132cmほどの空きスペースが必要です。机からはみ出して使うにしても、最低でも100cmは幅がないと安定して使えないでしょう。

 

 鍵盤1つの大きさも、もちろんフルサイズの鍵盤と同じ。白鍵は幅2.2cm奥行10cm、黒鍵は幅1cm奥行4.8mです。

 

f:id:Sig-Maru:20210803213301j:plain

フルサイズ鍵盤なので運指の練習にもってこい

 

 スイッチ部分。音量調節のほか、メトロノーム機能、テンポ機能など練習に必要な機能も完備。ディスプレイとスピーカーもここに集約されています。

 

 背面にはヘッドホン端子、MicroUSB端子、電源ボタン、ペダル用の端子が並んで配置されています。

 

f:id:Sig-Maru:20210803211422j:plain
f:id:Sig-Maru:20210803212749j:plain
スイッチ、ディスプレイ、端子等は全て左側に集約

使用感レビュー

 

 実際に弾いてみます。やはり88鍵盤、フルサイズで作られているのは偉大です。弾き始めこそ打鍵感に戸惑うものの、何度か弾けば感じがつかめてきて、ある程度弾けるようになりました。

 

 打鍵感はかなり軽いですが、鍵盤はある程度押し込めるので弾いている感覚はあります。

 

f:id:Sig-Maru:20210803214948j:plain

最初は戸惑うが、何度か弾くと慣れた

 

 備え付けのスピーカーはお世辞にも良い音とは言えませんが、十分な音色。音質、音量が気になる方は外部スピーカーを接続すると劇的に改善されたのでお試しあれ。さすが楽器にノウハウのあるメーカーだけあって、音源には気を遣ってると感じました。

 

 気になる点としてはやはり鍵盤の軽さ。軽量化に特化するためにタッチレスポンスとベロシティが無いのは承知していたものの、ここがやはり惜しい。音の強弱がつけられないので、ずっとORIPIAで練習… というわけにはいかないでしょう。

 

f:id:Sig-Maru:20210803214954j:plain

タッチが軽くて子どもは弾きやすいが、クセが付く恐れも

 

 とはいえORIPIA 88の最大の魅力はフルサイズでコンパクトに持ち運べるところです。その点では他の追随を許しません。代わりにベロシティを犠牲にしているので、練習機にする場合はその点に留意する必要がある… と考えるのが正解でしょう。

 

おわりに

 

 折り畳みの電子ピアノがあったらな… というのは結構なピアニストたちが思っていることのようで、市場にもいくつか出回っていたりします。

 

 我が家は自宅にちゃんとした電子ピアノを置いていて、出先での練習用と割り切っていたので、小型軽量に振り切ったORIPIA 88を選択しました。楽器メーカーが作っていたので信頼感があった、というのもあります。

 

 ピアノを身近に感じる、面白い一台です。気軽にピアノを持ち運びたい、ピアノをしたいけど場所を取りたくない、と言う方に強くおすすめです。

 

 

 本日はこれにて。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 関連記事: