モノばかり紹介するレビュー系ブログ ”モノバカ”

ガジェットからファッション、暮らしの便利グッズなど幅広く紹介するモノ系ブログです。使ったことがあるものだけを体験に基づいてレビューします。

保存版・正しいミルクプロテインの使い方。コンビニで買えて超美味しい【SAVAS MILK PROTEIN】

 

 プロテインの有用性が周知され、昨今では様々なタイプのプロテインが各社からリリースされています。ハードなアスリート向けとしてだけでなく、ちょっとしたサプリメントのようなものもあって、選択肢が幅広いです。

 

  私はいくつかのプロテインを状況によって使い分けていますが、最近特によく飲むのがSAVASのミルクプロテインです。

 

f:id:Sig-Maru:20210208183136j:plain

種類いっぱい。コンビニでも手軽に手に入るのが嬉しい

 

  ミルクプロテインをご紹介…の前に、タンパク質についてちょっと説明させてください。 

 

関連記事:

 一日に必要なタンパク質の摂取量

 

 厚生労働省が定めた「日本人の食事摂取基準」によれば、成人男性におけるタンパク質の推奨量は、良質(動物性タンパク質)基準で一日65gとされています。( 参考:厚生労働省HP https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000041824.html 

 

 この数字だけで言えば、朝昼晩と普通に食べていればそれほど気にするようなものではありません。

 

  一方で、定期的に運動を行う習慣がある人などであれば必要なタンパク質の量は跳ね上がります。2016年のNutrition(食事と体組成に関する国際スポーツ栄養学会のポジションスタンド)では、体重1kgに対して1.2~2gのタンパク質が必要と発表されました。

 

f:id:Sig-Maru:20210208183139j:plain

ミルクプロテインのタンパク質量は15g。結構リッチな数字

 

  普通に食事して得られるタンパク質の量には個人差がありますが、上記の前提で考えれば普通ならざる量の食事を摂らねば必要量はクリアできません。この不足分を補うのがプロテインの大きな役割の一つです。

 

プロテインの種類と用途

 

 プロテインは以下のように大きく分けられます。

 

種類 原材料 特性
ホエイプロテイン 牛乳(動物性) 吸収早い。必須アミノ酸、BCAAが豊富
ソイプロテイン 大豆(植物性) 吸収遅い。アルギニンが豊富
カゼインプロテイン 牛乳(動物性) 吸収遅い。グルタミン、アミノ酸が豊富

 

 ワークアウトの後には吸収の早いホエイプロテインの一択です。運動後、30~45分が最も筋肉が形成される時間とされているので、その時間までに吸収の早くタンパク質を摂取すると効率が良いからです。

 

参考:森永HP 運動後45分がプロテイン摂取のゴールデンタイム

 

 一方でホエイプロテインは就寝前に飲むには、吸収が早すぎて向いていません。

 

 睡眠時に体はタンパク質の吸収が促進されるので、筋肉の修復、ひいては増強に繋がります。つまり眠っている間にタンパク質が枯渇するようでは困るから、吸収の遅いプロテインを就寝前に摂取する訳です。

 

 吸収が遅いプロテインとしては、ソイプロテインが代表的です。

 

 

 SAVAS ミルクプロテインを飲むタイミング

 

 私がお勧めするタイミング第一位は、就寝前30分~1時間です。就寝直前だと内蔵の負担になるなどデメリットも多いので、少し間を開けてください。

 

 第二位は、もちろん運動後です。

 

  SAVASのミルクプロテインは、ホエイプロテインが20%、カゼインが80%とされています。前述の通りカゼインは吸収の遅い成分です。ゆえに理屈的には運動後よりも就寝前や間食に適していると言えるでしょう。

www.meiji.co.jp

 

 脂肪が0%でカロリーが控えめなのも嬉しいポイントで、寝る前に飲む罪悪感が少ないです。

 

  運動後にも、もちろんおススメです。「運動後ならホエイ一択って言ったやん」と思う方もいるかも知れませんが、ホエイとカゼインを同時に摂取するのが効率よく効果的であるという説があるんです。

www.weider-jp.com

 

 そういう意味では、ミルクプロテインはそもそもが混合プロテイン。運動後にも適している…ということになります。

 

 小難しい話はさておけば、飲みやすくて美味しいので運動後にもゴクゴク飲めるからおススメです。どこのコンビニでも大概売ってるので、入手に困らないところも良い点。運動後のタンパク補給タイミングを逃しません。

 

 寝る前にはソイプロテインもいいんですが、美味しさではミルクプロテインの方が断然上です。風呂上りに飲むのにも適した味なので、割高にはなるのですが愛飲しています。

 

f:id:Sig-Maru:20210208183143j:plain

クチが大きくて飲みやすい。運動後の水分補給も兼ねられる

味ごとの違い 

 

 味は色々ありますが、写真の4種類には大きな成分の違いはありません。ココア味がビタミン系の配合がやや多い代わりに、炭水化物とカロリーがやや多めになっています。

 

  私が一番おススメするのは、ヨーグルト風味です。

 

f:id:Sig-Maru:20210208183145j:plain

なぜならヨーグルト風味がダントツ美味いから(メチャ私見)

 

  逆に、ココア味が一番苦手です。粉のプロテインとほぼ変わらない味がします。いや、不味くはないんですけどね…。まったりしているから運動後に適さないというか…

 

ちょっと番外:私がどう使っているか

 

 プロテインは、ただ飲めば筋肉がつくものではありません。やはり適度な運動やトーレニングが大前提です。

 

  私は毎日少しだけでも体を動かすようにしていますが、マジでほんの少しです。一日1~5分の日が殆どで、週に一度、30分ほどのトレーニングをします。体型の維持ならそれぐらいで十分です。

 

 

 私が特におススメするのは「マウンテンクライマー」というトレーニング。トレーニングっていっぱいあるけど何をしたら良いんだろう…とお悩みの方は是非に以下の記事をご一読を。

www.goods-speed.work

 

  短い時間で効果的な運動を行うことが重要です。高負荷な運動を、短時間でバシッとやれば、日々のトレーニングは必要十分と考えます。

 

  わかりやすいところで言えば、NHKの「筋肉体操」が有名でしょうか。だいたい5分で終わります。タバタ式とも似ていますが、1分だろうが30秒だろうが、効果の高い運動をすれば、時間の問題はある程度カバーできます。

www4.nhk.or.jp

 

 筋肉を育てるために必要なのはハードなトレーニングと思われがちですが、私の経験では食事と睡眠の方が重要です。それらが満たされていれば、トレーニングは軽度のものでも充分結果が出ます。

 

  頑張ってるけど結果が伴わない…という方は睡眠と朝食が疎かな場合が多いです。理想は8時間、最低でも6時間半の睡眠を死守。就寝前にタンパク質を摂取、睡眠中にタンパク質は枯渇するので、朝食でもタンパク質を摂取。時間的に難しい場合にはプロテインで補えば、自ずと結果はついてくる筈です。

 

  私は就寝の1~2時間前に前述のような運動をしてシャワーを浴び、風呂上りにミルクプロテインを飲みます。そしてゆっくり寝ます。

 

  上記のようなユルめの運用ですが、体脂肪率は10%台半ばをキープしています。ムキムキになりたい訳ではないので、今ぐらいが理想です。

 

 まとめ

 

 当然ですが、運動しなくてもタンパク質を摂取すればOKという訳ではありません。過剰摂取されたタンパク質は脂肪に変化します。あくまで日常的な運動があった上で、プラス睡眠と食事。さらなるマッスルを目指すにはハードなトレーニング、という感じでしょうか。

 

 そのような前提のうえで、寝る1時間ほど前にSAVAS ミルクプロテイン。強い味方になってくれます。

 

f:id:Sig-Maru:20210208183149j:plain

目指せイケてるボディ

 

  今回はミルクプロテインでお送りしましたが、さらなる効果を求めるならEAAもおススメです。BCAAの上位互換であるEAAを効果的に使えば、さらなる筋力アップや体形維持のサポートに役立ちます。

 

関連記事:

 

 本日はこれにて。最後までお読みいただきありがとうございました。