モノばかり紹介するレビュー系ブログ ”モノバカ”

ガジェットからファッション、暮らしの便利グッズなど幅広く紹介するモノ系ブログです。使ったことがあるものだけを体験に基づいてレビューします。

1000冊を自炊した私おすすめの2機種【ScanSnap S1500 + コンパクト断裁機 PK-113】をご紹介。初心者にも安心の使い勝手!

 

 かつては壁面本棚にビッシリ本が並んでいるのが快感でしたが、今は昔。1000冊程あった蔵書はほとんどデジタル化してしまい、紙の本は20冊程度を残すのみとなりました。カラーボックス2つで妻と私の蔵書が収まります。

 

 

 どこにでも自分の蔵書を持ち運べて、家のスペースは広くなる。それだけでデジタル化の価値があります。

 

 今回は私が1000冊を自炊するにあたり使用した機材たちを紹介します。

 

f:id:Sig-Maru:20190416001820j:plain

蔵書の一部。雑誌が多めです。どこでも読めるって最高

 

最初に・業者に委託した方がラク

 

 本を送ったら自炊をしてくれる業者は多数存在しています。蔵書の半分ほどは業者委託しました。お金はかかりますが時間はかなり節約でき、そして素人がやるより仕上がりのクオリティが高いです。


 ただし権利的な諸事情でサービスを受けられない本があります(著者がデジタル化に反対している等)。また雑誌のスキャンは高額である場合が多いです。そういった本は自分でスキャン、すなわち「自炊」を行いました。

 

自炊に必要なモノ・おすすめ品

ドキュメントスキャナ

 

 自炊に必ずなくてはいけないもの、それはパソコンとスキャナです。パソコンはある程度スペックがあれば何でもよいですが、スキャナはドキュメントスキャナに限られるでしょう。

 

 おそらく殆どの自炊マンたちが ScanSnap S1500 を使用している(あるいは使用していた)のではないでしょうか。とりあえずScanSnapを選択しておけば間違いはありません。

 

f:id:Sig-Maru:20190416001816j:plain

デジタル書籍元年から、ドキュメントスキャナといえばコレ

 

 素晴らしい読み込み速度、読み込み精度。デジタル書籍元年の影の主役といっても良い活躍でした。今は他社も同性能のドキュメントスキャナを展開していますが、目立ったブレイクスルーはありません。迷ったら信頼と実績のScanSnapにしておけば間違いないでしょう。(※後継機が発売中です)

 


 本当はA3まで読み込めるものが欲しいのですが、業務用になるので予算もハネ上がります。少し待てば家庭用が出るだろうと思っていたら、待てど暮らせど出 やしません。需要がないんでしょうね…雑誌ってA4よりデカいものが多いので困ってるんですが…

 

f:id:Sig-Maru:20190416001758j:plain

大型紙までイケるタイプ欲しい…なぜリリースされない…

裁断機

 

 閑話休題。裁断機についてです。

 

 裁断機は自炊マンの中でも好みが分かれます。私は200冊ほどはカッターのみで処理しました。それ自体をあまり苦とも思わなかった(単純作業が得意なのです)のですが、裁断機を使って「マジか」と思いました。作業時間が半分ほどになったからです

 

f:id:Sig-Maru:20190416001808j:plain

君を見くびっていたよ。プラスの裁断機 PK-113

 プラスの裁断機 PK-113は、とにかく小型なのが特徴。片手で余裕で持てますし、立てられるので省スペース。

 

f:id:Sig-Maru:20190416001740j:plain

横から。裁断機の中ではかなりコンパクト

 

 その代わり一度に裁断できる枚数が60枚と少ないです。この枚数が上がれば上がるほど、本体の大きさもデカく重くなるトレードオフが発生します。私はとにかくデカいのが嫌なので、裁断枚数を妥協して PK-113を選びました。

 

f:id:Sig-Maru:20190416001745j:plain

使うときはこんな感じ。一度に裁断できるのは60枚まで

 

 一般的なコミックは150~200ページですので、裁断の前に本の分解が必要になります。カッターで20秒ほど、魚の三枚おろしのような感覚です。分解したそれらを一つずつPK-113で裁断して下ごしらえ完了。S1500でスキャンすれば一丁あがり。

 

f:id:Sig-Maru:20190416001812j:plain

ここで裁断される、という場所に投影されるガイドライン。便利

おわりに

 

 本がある程度たまったら、このセットを引っ張り出して一気に処理します。それなりに面倒ですが、デジタルになっても蔵書が増えていく喜びに変わりはありませんし、一度利便性を体験してしまったら元には戻れません。

 

 日本は権利の関係(利権の、と言ったほうがいいでしょうか)で特にモメている国の一つですが、今後もデジタル化の風が吹きやむことはないでしょう。

  

 ちなみに貸オフィスの店舗では、持ち込みの裁断サービスを提供しているところもあります。自宅近くにkinko'sがありますが、本屋帰りの足でそのまま新刊を裁断、自宅ではスキャンするだけ…というようなことも何度か試しました。俺はいったい何をやっているんだろう、という感じですが、出版業界が本腰を入れてくれないことには仕方ない…と割り切っています。

 

 本日はこれにて。最後までお読みいただきありがとうございました。