GOODS SPEED おススメのモノ系レビューブログ

おススメできるモノ、好きなモノ、愛用品を紹介し続けるブログ

コンパクトな最強トレーニング器具。できる種目が多く飽きがこない【SKLZ コートスライズ 】

 

 前回の記事でも書きましたが、私は短い時間で高い負荷が得られるトレーニングを日常的に行っています。

 

 一方で、効果的にトレーニングが行える器具にも興味があります。効果が高い/場所を取らない/やってて飽きないのが理想的。腹筋ローラーやプッシュアップバーなどから試して、特に良いと感じた一つがSKLZのスライドボード、コートスライズです。

f:id:Sig-Maru:20190418003900j:plain

SKLZ(スキルズ) の コートスライズ

 スライドボードとは

 スライドボードは、言ってしまえば単なる「滑る板」です。

 

 四つん這いの状態で、手、もしくは足の下に敷いて動かします。軸となる部分のみで体を支えることになるので、特に体幹の強化に効果が期待できます。

 

www.youtube.com

おススメのトレーニング

マウンテンクライマー

 先の動画のような使い方が一般的ですが、”マウンテンクライマー” というトレーニング手法と、スライドボードがとても相性が良いです。

 

 簡単に言うと四つん這いの体勢で足をシャカシャカと動かす運動で、姿勢によって鍛える場所を変えられるため、バリエーションが豊富で飽きにくい。なおかつ全身を効率よく鍛えられ、心肺機能も強化できます。スライドボードを加えると体勢のキープに体幹が必要となるため、さらなる効果アップが期待できます。

 

 下の動画がマウンテンクライマーです。スライドボードではできない種目も含まれますが、9割がた置き換えてできることが分かるかと思います。

 

www.youtube.com

 マンションなどですとジャンプするような種目はできませんが、スライドボードに置き換えれば、静かにミッチリと鍛えることができます。

 

タバタ式で実践

 このマウンテンクライマーをタバタ式で実践するのがさらにおススメ。

www.ritsumei.ac.jp

 

 タバタ式とは、「20秒で全力トレーニング→10秒の休憩」を1セットとして、それを8回続けるというメソッドです。30秒×8ですので4分で終了するトレーニングですが、これがキッツい。

 

 20秒をペース配分せずに全力でやる、というところがタバタ式のミソで、ここで手を抜くとヌルいトレーニングになります。マジで20秒やるのを8セットすると、たった4分で次の日は筋肉痛でバキバキになるでしょう。

 

f:id:Sig-Maru:20190418003914j:plain

付属の取説。内容はいいんだけど印刷と紙がショボい


 もともとはテニス部に所属していたので脚力には自信があったのですが、スライドボードを使った次の日には見事、筋肉痛に。減量効果も高そうだと思っていたら案の定で、ウエストから脚部までのラインが少しスッキリしました。

 

スライドボードの種類

 SKLZのスライドボードには、使用する床に合わせて2つのタイプがあります。自宅の環境に合わせてチョイスしてください。

 

 私が使用しているのはフローリング用で、フロアにキズが入りにくい素材が裏面に使われています。ごく細かいすり傷を気にされる方には向いてないと思いますが、私は気にせずゴリゴリ使用しています。

f:id:Sig-Maru:20190418003903j:plain

側面から。裏がコットンフェルトになっているタイプ

まとめ

 トレーニングで大事なことの一つは、正しい手法を学ぶことです。やみくもにやっても効果は上がりません。継続することも大事です。

 

 そういう意味で、スライドボードは効果が高い運動を短い時間で、そして飽きずに行える優秀なトレーニングツールといえます。ドタバタと大きな物音を立てず、4分間で汗ビッチョリです。

 

 そしてミッチリやったら、忘れずにプロテインを。良い運動をしてタンパク質を摂取しないのは、損失です!

https://www.goods-speed.work/entry/savasmilk

 

f:id:Sig-Maru:20190418003910j:plain

ケース付きなので旅のお供にも


 やってみたいアクティビティがあるけど体が動かない…とならないよう、すぐに動かせるカラダは維持しておきたいものです。