モノバカ|モノばかり紹介するレビューブログ

ガジェットからファッション、暮らしの便利グッズなど幅広く紹介するモノ系ブログです。使ったことがあるものだけを体験に基づいてレビューします。

ピックアップ

zaitakuwork
menscosme
corefighter
corefighterco

超絶コスパのビデオカメラ【SONY HDR-CX470】レビュー。軽量小型で安い!デジタル一眼レフのセカンド機におすすめ!

 

 日常的に動画撮影を行う方は多いと思います。スマホでの動画撮影は年々レベルが上がっていますが、やはり餅は餅屋。クオリティの高い動画を撮ろうと思うなら、やはりビデオカメラが正解です。

 

 今回はビデオカメラ SONY HDR-CX470 をご紹介。エントリー機の位置づけですが、非常にコスパが高いんです。使用感など含めレビューしていきます。最後までお付き合いください。

 

f:id:Sig-Maru:20211015213648j:plain

HDR-CX470。箱から既に小さい…!

レビュー

開封レビュー

 

 さっそく開封してみます。ドン。

 

HDR-CX470 同梱 内容物 SONY

HDR-CX470 の 同梱物
  • 本体
  • バッテリー(NP-BX1)
  • USB-A充電アダプター
  • USB-A延長ケーブル
  • mini HDMI - HDMIケーブル
  • マニュアル&保証書

 

 延長ケーブルが入っているのは珍しいですね。使い道は後ほど解説します。海外製品はUSBアダプターが無い製品も増えてきましたが、日本製は根強く同梱してきます。

 

本体が黒いと、屋外での使用時に光を吸収します。動画撮影すると本体温度がさらに上がり、機種によっては動作を停止することもあります。

屋外で使用するなら、ビデオカメラのカラーは白がおすすめです。

本体レビュー

HDR-CX470 ソニー レビュー

思ってたより高級感ある

 

 本体はもっとチープだと想像してましたが、思っていたより質感が良いです。深みのあるパールホワイトに塗装され手触りも良好。「オモチャのようだ」というレビューを見てたので覚悟してたのですが、嬉しい誤算です。

 

 高価格帯のものとは比べようもありませんが、プロダクトとして洗練されたデザインに仕上げられていると感じます。エントリー機とはいえ、さすがSONY。

 

f:id:Sig-Maru:20211015213701j:plain

正面から。ZEISSの印字が嬉しい

 

 HDR-CX470もZEISSレンズ仕様。エントリー機なのでZEISS仕様ではないのだろうと思ってたので驚き。抜かりはありません。

 

 レンズのフチには「1.8/1.9-57」の印字が。F値は1.8-4.0、焦点距離は1.9mmから57mmです。ビデオカメラとしては標準的な値です。

 

ズームは光学30倍にまで対応。

運動会の撮影などであれば十分に寄れるスペックでしょう。

f:id:Sig-Maru:20211015213708j:plain

ストラップ。充電ケーブルと一体化している

 

 ストラップは購入時から付いた状態です。充電用のUSB-A端子がストラップに収納される形で一体化しています。

 

f:id:Sig-Maru:20211015213656j:plain

充電のときは延長ケーブルの出番

 

 本体から伸びるケーブルは短いので、同梱の延長ケーブルを使えば長くできます。モバイルバッテリーで充電、という使い方も便利そうです。

 

もちろん延長しなくても充電可能です。電源が入っていると充電できないので、使用しながらの充電はできません。

f:id:Sig-Maru:20211015213703j:plain
f:id:Sig-Maru:20211015213710j:plain
上面と背後に操作ボタン

 

 上面にはPOWERボタンとズームボタン、背面には録画を開始するSTART/STOPボタンが配備されています。余計なボタンが無くてミニマルな印象、好感が持てます。

 

f:id:Sig-Maru:20211015213713j:plain
f:id:Sig-Maru:20211015213732j:plain
バッテリーも小型タイプ。ややスタミナに難か

 

 下面にはバッテリーカバーと、三脚取り付け用のメスネジ。シリアルナンバーの印字されたシールもここにあります。

 

 バッテリーカバーをスライドして開け、電池を挿入します。バッテリーNP-BX1は3.6V/4.5Wh(1240mAh)という仕様になっています。

 

大きさの割には容量がありますが、やはりスタミナ不足が心配になるスペックです。小型化を優先していているデメリットといえます。

SONY HDR-CX470 ビデオカメラ

液晶モニターをオープン

 

 液晶モニターを開いてみます。正面から見ても、やはりイケてるスタイリング。大型カメラにあるような圧迫感や野暮ったさがありません。

 

 この「シュッ」とした感じは小型機ならではのメリットですね。

 

f:id:Sig-Maru:20211015224112j:plain

液晶モニターのサイズは2.7インチ

 

 モニターサイズは2.7インチで、タッチパネルには非対応です。

 

f:id:Sig-Maru:20211015213715j:plain

カードスロットとmini HDMI端子


 カバーを開くと、記憶媒体用のカードスロットとmini HDMI端子が。

 

 対応している記憶媒体はmicro SDカードとメモリースティックマイクロ。同じスロットを使うので2枚差しはできません。micro SDは表向きに、メモリースティックは裏向きにしてスロットへ挿入します。

 

メモリースティックマイクロはかなり高価なので、99%の方はmicro SDを使うでしょう。裏向きに差さないように注意!

レンズカバーの開閉は手動

 

 レンズの横に配置されたスライドスイッチで、レンズカバーを開閉します。極限までコストパフォーマンスを追求した結果と言えます。

 

使用感レビュー

 

 実際に使ってみたレビューをしていきます。

 

 まずグリップして思うのは「軽い!握りやすい!」ということです。本体重量は215gと驚くべき軽さ。他メーカーの類似商品に比べて50gは軽い。

 

f:id:Sig-Maru:20211015213728j:plain

持った瞬間に「軽っ!」となる

215gは缶コーヒー1本分と同程度の重さ。缶コーヒーを横にして握れば、持った感覚はHDR-CX470とだいたい同じです。軽い、小さい!

 

 小さい・軽いというのは正義。どこに持ち歩くにもお手軽ですし、手持ちで撮影するときにも負担になりません。

 

 大きなカメラを買ったが持ち歩きが億劫で、結局あまり使わなかった…という方も多いビデオカメラ。HDR-CX470はその価格も相まって、とても「気軽な機種」と言っていいでしょう。

 

f:id:Sig-Maru:20211015213739j:plain

撮影時。画素数はやや弱いが結構寄れる

 

 HD画質なので総画素数は 251万画素。この大きさでFHDの60pで撮影できるので、時代も進化したものです。標準的な大きさのディスプレイやTVで楽しむには十分な映像が撮れます。

 

記録方式は「XAVC S HD」、撮影モードは「60p」がおすすめ。最もキレイに動画が撮れます。ファイルサイズは大きくなりますが、HD画質なので負担にならない範囲です。

 

 

 60倍ズームは下記の通り。かなりズームすることができますが、さすがに最大まで寄るとアラが目立ちます。30倍程度で運用するのが無理がないですし、本機の得意とするところでしょう。

 

f:id:Sig-Maru:20211016234910j:plain
f:id:Sig-Maru:20211016234913j:plain
左が等倍、右が最大ズーム

 

 手ブレ補正に関しては十分。「空間光学手ブレ補正」ではないので上位機種に比べれば弱めなのでしょうが、さすが手ブレに強いSONYです。本機でも特に問題ないと感じました。

 

 レンズカバーが手動なのは、やはり少し面倒。起動時は「あ、開いてないや」でいいのですが、収納時に開いてると大変です。慣れはしましたが、使い始めは特に心配でした。

 

f:id:Sig-Maru:20211015213719j:plain

レンズカバー。慣れるが最初は戸惑うかも

 

 バッテリーのスタミナは、公称115分。連続撮影で2時間程度です。運動会や発表会などの用途なら問題ありません。充電しながら録画ができないので、youtube用の動画撮影などをするのであれば予備バッテリーが必要です。

 

f:id:Sig-Maru:20211015213659j:plain

追加バッテリーは5000円程度

まとめ

f:id:Sig-Maru:20211018211941j:plain

バランスの良い機種。デジタル一眼レフと使い分けるのがおすすめ!

 

 本機の特徴をまとめると「軽量小型、安価。必要機能を高いレベルで残している」となるでしょう。

 

 4Kビデオカメラで質の高い機種は、10万円を大きく超えます。4Kエントリー機を買うぐらいなら、安価なデジタル一眼を買った方がキレイな動画が撮れます。

 

赤ちゃんを撮影するなど、画質が必要なときはデジイチ。運動会など被写体の動きが大きい時にはHDR-CX470、と使い分けるのがコスパも高くおすすめです。

 

 各社のビデオカメラを試用させてもらいましたが、やはり動画はSONY。手振れの性能と、動画のキレはエントリークラスの中では一番です。価格も安価で、コスパが飛びぬけているビデオカメラです。

 

 本日はこれにて。最後までお読みいただきありがとうございました。