GOODS SPEED おススメのモノ系レビューブログ

おススメできるモノ、好きなモノ、愛用品を紹介し続けるブログ

ティム・ウォーカーを知っているかい?こんなオシャレな写真集、他にない【Tim Walker Pictures】

 以前の記事でも触れましたが、殆どの蔵書はデジタル化してしまいました。今日紹介するのは、その中でも本として残存している一冊。写真家・ティムウォーカー氏の作品集、Tim Walker Picturesです。

f:id:Sig-Maru:20190416003958j:plain

表紙からオシャレ。段ボール素材のケース付き


 大きさ比較のためにスマホと並べて撮影しています。おわかりかと思いますが、かなり大きくて重い。そして高価です。クリエイティブと縁がない方であれば、購入のハードルはかなり高いでしょう。

 

 

f:id:Sig-Maru:20190416004007j:plain

写真集はデカいの多いが、コレもデカい

 しかし、それら補って余りある魅力がこの本にはあります。スキャンしなかったのはデカかったから、という理由ではなく、デジタル化するのが惜しいと感じたからに他なりません。

 

 

 Tim Walkerは1970年生まれのフォトグラファーで、大掛かりなセットを使った大胆な表現で知られています。Vogueのファッション撮影から、ディオールやエルメス、マルベリーなどのブランド広告も手掛ける敏腕です。彼の作品を評する際には、ロマンチック、幻想的、というような言葉が散見されます。

 

 

 VOGUE JAPANの紹介ページは以下から。

www.vogue.co.jp

 

f:id:Sig-Maru:20190416003945j:plain

中身。うーんオサレ…!

 中身を一部お見せしますが、とにかくオサレ。ポップでキュートだけど、どこか退廃的でメランコリック。もはや服とは呼べないようなものをモデルに着せ、よくわからない場所で撮影されているのに、美しい。物理的に大きな写真であることは、ディティールをつぶさに見ることができるという楽しみを与えてくれます。絢爛なセットも魅力ですが、置いてある小物も総じてオシャレです。

 

f:id:Sig-Maru:20190416003950j:plain

ぐぐぅオサレ…!

 

 ファッションフリークだけでなく、カメラを趣味にされている方にもお勧め。当たり前ですがクッソ上手いです。影の作り方/使い方、そして構図は特に必見。よくこれだけ引き出しがあるものだと感心します。カメラとレンズ、何つかってんだろ…。

 

f:id:Sig-Maru:20190416003954j:plain

何てこと無いのにオサレ…そして上手ぇ…

 

 彼の写真集はいくつかリリースされていますが、中でもこの本の完成度が抜群。一枚一枚めくるたびに物語が進んでいくような、想像力が掻き立てられるものがあります。

 

 

 動画全盛の今日この頃ですが、写真ならではの魅力やパワー、存在意義があると感じられる写真集です。

 

 

 ティム・ウォーカーの公式ページは以下。当然、全ページ英語ですが、写真がたくさんあるから見てるだけでも楽しいですよ。

www.timwalkerphotography.com