モノバカ|モノばかり紹介するレビューブログ

ガジェットからファッション、暮らしの便利グッズなど幅広く紹介するモノ系ブログです。使ったことがあるものだけを体験に基づいてレビューします。

ピックアップ

zaitakuwork
menscosme
corefighter
corefighterco

ティム・ウォーカーを知っているかい?Vogueでも活躍する写真家が送る、超おしゃれで超大型の写真集【Tim Walker Pictures】

tim walker pictures 写真集

TIM WALKER Pictures。存在がもうオシャレ

 

 以前の記事でも触れましたが、殆どの蔵書はデジタル化してしまいました。小説や漫画の類は優先的にスキャンしましたが、お気に入りの写真集や画集については裁断に抵抗が。10冊程度をまだ手元に残しています。

 

 今日紹介するのは、その中でも本として残存している一冊。写真家・ティムウォーカー氏の作品集、Tim Walker Picturesです。本記事では本写真集の紹介に加えて、ティム ウォーカー氏とはどんな人物なのか?なども紹介していきます。是非最後までお付き合いください。

 

TIM WALKER氏について

出展:https://www.anothermag.com/art-photography/11939/tim-walker-wonderful-things-victoria-albert-v-a-museum-exhibition-interview-2019

 

 Tim Walker氏は1970年生まれのフォトグラファーです。イギリス出身でロンドンを拠点に活動しており、主にファッション関係の写真を撮影しています。「Vogue」での活動が有名で、定期的に紙面を賑わせています。

 

 VOGUE JAPANの紹介ページは以下から。

 

 

 彼の写真は、大掛かりなセットを使った大胆な表現で知られています。彼の作品を評する際には、ロマンチック、幻想的、というような言葉が散見されます。しかし派手な撮影から誤解されがちですが、彼の写真に対する姿勢は至って真摯。それはインタビューからも見て取れます。

 

 

Q.被写体に関して、条件のようなものはあるのでしょうか?


A.ないね。写真家は、人を選ばず写真を撮れるようでないといけないよ。8歳であろうが80歳であろうが、その人の個性を見出さなきゃならない。(中略)ファッションが商業化しすぎると、人がもつ違いやおもしろさ、個性といった、かつてファッションが讃えてきたものが急速に失われてしまう。(中略)それまで写真を撮られたことない人や、あまり自分を出さないシャイな人、自分には写真に撮られる価値がないと考えているような人は、プロの被写体と同じだけ多く物語るものだと僕は思うんだ。

 

引用:https://i-d.vice.com/jp/article/88gg7g/young-fashion-photographers-csm

 

ディオールやエルメス、マルベリーなどの超大手ブランド広告も手掛ける敏腕でありながら、この真摯さ…!ちょっと驚きですよね。

 

Tim Walker Pictures 紹介


 大きさ比較のためにスマホと並べて撮影しています。おわかりかと思いますが、かなり大きくて重い。そして高価です。

 

購入のハードルはかなり高いんですが、中身が最高なんです…!

 

ティムウォーカー 写真集

写真集はデカいの多いけど、コレは一際デカい

 

 その大きな図体を補って余りある魅力がこの本にはあります。スキャンしなかったのはデカかったから、という理由ではなく、デジタル化するのが惜しいと感じたからに他なりません。

 

ティムウォーカー 写真

これを美しいと呼ばずに何と言うのか

 

 中身を一部お見せしますが、とにかくオサレ。ポップでキュートだけど、どこか退廃的。どことなくメランコリックで、そしてとにかく美しい…。もはや服とは呼べないようなものをモデルに着せ、よくわからない場所で撮影されているのに。

 

 彼の世界観は非常に独特で、ページをめくるたびに「なにコレ?どういうこと?」という写真が展開されます。しかし目が離せない。1ページ1ページの完成度が高くて引き込まれるんです。

 

大きな写真集なので、ディティールをつぶさに見ることができます。絢爛なセットも魅力ですが、小物も総じてオシャレ。じっくり細部まで見てしまいます。

 

ティムウォーカー ピクチャーズ

どういう写真なのよ。でも凄くカワイイ…なんで…?

 

 ファッションフリークだけでなく、カメラを趣味にされている方にもお勧め。当たり前ですがクッソ上手いです。影の作り方/使い方、そして構図は特に必見。よくこれだけ引き出しがあるものだと感心します。

 

tim walker 写真

何てことなく撮ってる感じで、誰でも撮れない

 

 彼の写真集はいくつかリリースされていますが、中でもこの本の完成度が抜群。一枚一枚めくるたびに物語が進んでいくような、想像力が掻き立てられるものがあります。動画全盛の今日この頃ですが、写真ならではの魅力やパワー、存在意義があると感じられる写真集です。

 

他にももっと見たいなら

 

 ティム・ウォーカーの公式ページは以下。当然、全ページ英語ですが、写真がたくさんあるから見てるだけでも楽しいですよ。

 


おわりに

 

 Tim Walker Pictures は現在、新品では販売されておらず、基本的は中古で探すことになってしまいます。元が1万円以上する本なので、現在はそれ以上で取引されているのが現状です。

 

 ファッション好きや、写真好きには特におすすめする一冊です。状態が良いモノが1万円台であったら買いです!ぜひ見て頂きたい…!

 

 

日本語訳されたら再度買いなおす気マンマンなのですが、再販すらかかりません… 頼む!どこかの出版者様!日本語訳版を…!

 

 本日はこれにて。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

あわせて読みたい