GOODS SPEED おススメのモノ系レビューブログ

おススメできるモノ、好きなモノ、愛用品を紹介し続けるブログ

LICLI トレーニングチューブ

 今回もトレーニング器具。我が家にあるトレーニングツールは以前紹介したスライドボードと、このトレーニングチューブだけです。

f:id:Sig-Maru:20190506003330j:plain

トレーニングチューブ。一見、トレーニンググッズに見えまい

 トレーニングチューブは環状になったゴム素材のバンドです。それだけのものなのですが、使い方の工夫で全身を鍛られるアイデアツールなのです。

 

 詳しい使い方はyoutubeなどに上がっている動画で見て頂くのが一番なのですが、たくさんの使い方があります。

 

 たとえば両手に持って引っ張れば胸筋が、足にひっかけて持ち上げるように使えば前腕筋や上腕筋が、ちょっと結んで膝にひっかけて使えば臀筋や腿筋が鍛えられる…といったふうに、鍛えたい部位をピンポイントで強化できるんです。

www.youtube.com

 

 チューブの太さにバリエーションがあるので、自分の筋力と鍛えたい部位に合わせてレベルを調整できます。脚は腕に比べ筋肉量が多いので太目で、腕はやや細いレベルで…などのサジ加減を、チューブの太さで使い分けて調整できます。

 

 チューブを握る位置を調整すればチューブの張力も変えられますから、負荷のコントロールが容易で、筋肉に追い込みをかけやすいです。張力が大きい状態でゆっくり動かして遅筋を鍛えたのち、負荷を小さくして高速で動かし速筋を鍛える…など満遍なくトレーニングができます。

f:id:Sig-Maru:20190506003341j:plain

太さ違いで4本入り。一番右はマジでしんどい

 我が家では4本セットのものを購入し、妻と共有して使っています。一番太いチューブは私でも使うのが難しく使用できていません。私は上から2つめ、3つめの太さのものを使用しています。妻は一番細いもので回数をこなすのがお気に入りの使い方のようです。

 


 スライドボードに共通して言えることですが、コンパクトにして使う場所を選ばないのが素晴らしい。構造がシンプルで壊れたりするリスクは低いですし、消耗して買い替える際も比較的安価なことも安心材料になって、精神的な負荷が小さいです。

f:id:Sig-Maru:20190506003346j:plain

広げたところ。コンパクトだし持ち運びにもおススメ

  単なるゴムバンドなので、旅行や出張時に持って行っても荷物になりません。トレーニングジムに置いてあるようなマシンの方が効果が高いのかも知れませんが、私のライフスタイルにはこちらがフィットしています。

 


 私は筋トレ用に使用していますが、リハビリツールとしての評判も高いのだとか。確かにトレーニングチューブには身体能力や身体的特徴に縛られない汎用性があります。もしかしたら自分の想像以上に、長い付き合いになるかも知れません。