GOODS SPEED おススメのモノ系レビューブログ

おススメできるモノ、好きなモノ、愛用品を紹介し続けるブログ

デジタルなようでデジタルでない、古き良きパタパタ時計を再び【GS Flip Clock TWEMCO × STUSSY】

 リビングには時計を2つ、置いています。デジタル表示のものとアナログ表示のものを1つずつ置いておきたいからです。何となく2つあると落ち着くんです。どこを見ていても目に入るというか。

 

 

 子どものころ、祖母の家にあったパタパタ時計が好きでした。

 

 

 大人になっても何だか忘れられず、3年ほど前に手に入れました。TWEMCOに、STUSSY Livin' GENERAL STOREが別注をかけたフリップ時計です。

f:id:Sig-Maru:20190407012516j:plain

古きよきパタパタ時計

 フリップ時計は、通称パタパタ時計といわれている機械式のデジタル表示時計で、1970年代には世界中で普及したタイプの置時計です。蛍光表示管や液晶が普及してからは数が急激に少なくなりましたが、その名残を見たことがある方は多いのではないかと思います。

 

 

 めっきり姿を消したフリップ時計ですが、近年では機構のユニーク性やデザイン性に再び焦点が当てられています。同じように懐かしく思った人が多かったのかも知れませんね。

f:id:Sig-Maru:20190407012521j:plain

アラームボタンとライトボタンのみのシンプルな構成


 TWEMCOは1950年代からフリップ時計を作っている香港の会社です。フルオートマチックのカレンダークロックを作ることができる、世界で唯一の会社として知られています。ドイツ製のムーブメントを使用しており、時間も正確。銀行会社、商業機関および政府部門でも使われてきた実績があるぐらいです。

 

 


 ストリートブランドであるSTUSSYが、生活雑貨を主に展開していたブランドがSTUSSY Livin' GENERAL STOREでした。2019年現在、どうやら活動は終了しているようです。

f:id:Sig-Maru:20190407012529j:plain

サイドに入るSTUSSY Livin' GENERAL STOREのプリント

 別注品のため、本体カラーとダイヤルの組み合わせが独自の彩色になっていて、STUSSY Livin' GENERAL STOREのプリントが入っています。

 


 インテリア性重視で購入しましたが、数字が大きく非常に読みやすいです。流通の現場や、老人ホームでの採用実績にも頷けます。ミッドセンチュリーなその趣きが注目されがちですが、見やすさと正確さという時計に必要な要素を実直に兼ね備えています最近では電波時計のタイプも製造しており、古き良きを守りつつも利便性を向上させていく姿勢が伺えます。

 

f:id:Sig-Maru:20190407012525j:plain

電池式。裏ブタの横にも小さなSTUSSYシール


 別注品はすでに廃盤かと思いますが、TWEMCOの現行機はネット通販で購入することができます。デジタル表示時計が欲しいけど、LEDで光っているタイプはちょっと…という方には特におすすめです。

 

 今回紹介したものは、AL-30という機種をベースに作られています。もし新たにお探しの場合は、AL-30にてご検索を。

 

 カラバリも豊富なので、インテリアにあわせて選んでみるのはいかがでしょう。