モノバカ|モノばかり紹介するレビューブログ

ガジェットからファッション、暮らしの便利グッズなど幅広く紹介するモノ系ブログです。使ったことがあるものだけを体験に基づいてレビューします。

ピックアップ

zaitakuwork
katteyokatta2022
corefighter
corefighterco

コンパクト&100W出力!【UGREEN Nexode X】レビュー。ノートPCを2台同時に充電!3ポート搭載の大出力 PD対応 USB充電器

UGREEN Nexode X

 

 UGREEN Nexode X をご提供いただきました。100Wという大出力を備えつつもコンパクトな躯体という触れ込みのUSB充電アダプターです。こういうのはね、いくつあっても困らないですからね、ありがたいこってす。

 

 今回はこの Nexode X を開封&レビューしつつ、100W充電器が実測値でどれぐらい出るのか?他社の100W充電器と比較してどれぐらい小さいのか?UGREENというメーカー、よく聞く会社だけど信用できるの?などについて詳しく紹介していきます。

 

 

UGREEN ってどんな会社?

出典:https://ugreenjapan.com/

 

 UGREEN(読み:ゆーぐりーん)は中国の深センに本社を置く、デジタルソリューションの専門メーカー。2012年に設立。モバイルバッテリー、USB充電器、ケーブルやUSBハブなどのガジェットが主力商品です。UGREENは「UNITE」「GREEN」から作られた造語で、環境保護にも力を入れているとのこと。

 

ANKERを代表に競合の多い分野ですが、UGREENは同様のスペックでも価格が抑えめに設定されています。販売網は100ヵ国以上。Amazon等のECサイトのほか、ヨドバシやビックカメラなど大手家電量販店でも取り扱いがあり、日本国内においても信頼を得ていることが伺えます。

 

UGREEN Nexode X レビュー

開封

 

 さっそく、冒頭で紹介したハコを開けてみます。ドン。

 

UGREEN Nexode X パッケージ内容
 パッケージ内容 UGREEN Nexode X 本体
取扱説明書

 

本体以外、特に付属品はありません。本体カラーもホワイトとブラックを用意するメーカーが多い中、UGREENはグレーのみの展開。潔いです。

 

本体レビュー

100W充電器とは思えぬ小ささ

 

 簡単なスペックは以下の通り。

 

製品サイズ 71mm x 43mm x 33mm
重量 204g
カラー グレー
最大出力 100W
ポート数 3
ポート種類 2×USB-C
1×USB-A

 

 なんといっても Nexode Xの魅力は、100Wという大出力&パワーに見合わぬ小さなボディ。製品サイズは71mm×43mm×33mmと、ひと昔の100W充電器からは考えられないコンパクトさです。

 

出力端子は3ポート

 

 USB-Cを2ポート、USB-Aを1ポート装備しており、同時に3台のガジェットへ充電可能。USB-A端子のケーブルは未だ根強く市場に残っているので、USB-C端子だけでなくUSB-Aも欲しい…というユーザーには嬉しい仕様です。

 

100Wでの充電は、一番上のポートを単独で使ったときのみに対応。USB-Cの2ポートを使った場合は65Wと30W、3ポート全て使用した時には 65W/15W/15Wの出力になります。

 

コンセントは折り畳み式

 

 コンセントはもちろん折り畳み式。コンパクトだけどコンセントが出っ張ってる…という充電器もたまにありますが、Neode Xは無問題。

 

コンパクトだが中身がギッチリ詰まってる感じ

 

 大きさ的には先ほど書いた通りコンパクトですが、中身がギュッと詰まってるのか、結構ズッシリします。悪い言い方をすれば「見た目より重い」。重量204gと聞くとそうでもないんですが、小さな見た目に反してズッシリとしているので少し驚きます。

 

他社充電器と比較

左から100W/100W/65W/65W/40W

 

 上の写真は、私が愛用している充電器たち。左から2番目が Nexode Xです。一番左の100W充電器と比較しても、かなりコンパクトなことがわかります。65W充電器に肉薄する大きさです。

 

 

 ご覧の通り、USB-Aポートまで付いているのに、高さが 3分の2程度までコンパクトに。RAVPOWERの充電器は2~3年前に購入したものでこれも窒素ガリウム(GaN)採用の優秀な充電器ですが、技術の進歩とは大したもの。Nexode Xは圧倒的なコンパクトさです。

 

しかいボディの小ささはかなり違うものの、重さはほぼ一緒!先に書いた通り結構ズッシリくるので、今後は軽量化も期待しちゃいますね。

 

使用感レビュー

まずは100W単独出力

 

 さっそく使ってみます。まずはUSB-Cの上のポート、最大100W出力を試します。

 

100W充電には、100WのPowerDeliveryに対応したケーブルが必要です。今回はいつも愛用している GREEN HOUSEの100W PD対応 巻き取りケーブルを使用。安い割に高性能なんですよ、コレ。

 

 

85W前後で充電された

 

 充電対象は Microsoft SurfaceBook3、メイン充電器のワット数は95Wです。残バッテリーは70%程度の状態で計測しました。USBチェッカーで調べたところ、おおむね85W前後で安定。カタログスペックまで出力が出ることはほぼ無いので、こんなもんでしょう。というか大したものです。ここまでの出力なら充電できない PCはほぼ無いと言っていいでしょう。

 

PC2台 同時充電

 

 今度はUSB-Cポートを2つ使って、ノートPC 2台を同時充電します。2ポート使う場合は、出力は65Wと30Wに分散されます。ASUSのゲーミングノートの方には USB-C1(65W)、SurfaceBook3には USB-C2(30W)を接続しました。

 

左/USB-C1 右/USB-C2

 

 結果はご覧の通り。USB-C1は60W前後、USB-C2は25W前後で充電できました。こちらもカタログスペックに近い値が出ています。さすがのハイパワー、ノートPC 2台を同時充電可能でした

 

PC 2台 + スマホを充電


 さらにUSB-Aポートを使用して、iPhoneを充電してみます。この場合、出力は65W/15W/15Wに分散されます。ASUSのゲーミングノートの方には USB-C1(65W)、SurfaceBook3には USB-C2(15W)、iPhoneには USB-A(15W)で給電されるはずです。

 

左/USB-C1 中/USB-C2 右/USB-A

 

 USB-C1は35W前後、USB-C2 と USB-Aは7Wチョイで給電されました。無事にノートPC 2台 + スマホを、一台のコンパクトな充電器で充電できています。

 

とはいえ USB-C1、C2でのワット数はかなり目減り。Surface Book3は使用中にも少しずつ電池残量が減っていきました。高消費の端末3台を同時充電するのは、さすがに無理があるかもです。

 

これぐらいの構成なら余裕!快適!

 

 上図は USB-C1にはノートPCなどの高消費端末を、USB-C2には充電ドック(iPhone+AppleWatch)を、USB-Aにはワイヤレススピーカーを接続したところ。これぐらいの構成なら余裕をもって充電可能です。充電器が1台で完結するのは持ち物も少なくなるし、何よりシンプル!デスクでの使用も色々捗ります。

 

高出力アダプタなら、たくさんガジェットがあっても余裕をもって充電できる点が得難いメリット。出先でのテレワークや、自宅の配線をスッキリさせたい場合にも強い味方になってくれるでしょう。

 

まとめ

コンパクト&高出力な充電器、Nexode X

 

 UGREEN Nexode X は、超コンパクト&高出力のUSB充電器。USB-Cを2ポートに加え USB-Aポートも装備。2台同時にノートPCを充電できるほどの高出力があります。旅行や出張はもちろん、デスクでの使用にもオススメの1台です。

 

 UGREENは大手家電量販店で取り扱いがあるほか、Amazonと楽天市場でも公式ストアが展開されています。定価は9,480円ですが、どちらのショップでも大幅値下げのクーポンが配布されています。実質7,000円程度で購入可能。キャンペーンや会員ランクなどでどちらが安いかは人によるので、吟味の上でご購入を。

今なら更に5%OFFになるクーポンを配布中!6月7~12日の期間限定です。
コード:UGX100GOOD
購入はAmazonの販売ページからどうぞ!

 

充電器は65W出力で十分と思ってましたが、100W出力は偉大。手持ちのガジェットを全て同時に急速充電できるパワーは、出先でも自宅でも輝きますよ~!

 

 今回はこれにて。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

あわせて読みたい