モノばかり紹介するレビュー系ブログ ”モノバカ”

ガジェットからファッション、暮らしの便利グッズなど幅広く紹介するモノ系ブログです。使ったことがあるものだけを体験に基づいてレビューします。

カールハンセン&サン「Yチェア」レビュー。座り心地・デザイン共に良質でおすすめ。ダイニングチェアを北欧家具にしてみよう

 

 予約注文していた カールハンセンの Yチェア が届きました。ダイニングチェアとして使っていますが、思った以上のお気に入りに。

 

 今回は開封レビューも含め、「カールハンセン&サン」という会社についてや、使用感について紹介します。

 

f:id:Sig-Maru:20210601010944j:plain

ついに届いた。ハコもオサレだぜぇ~

 

カールハンセン&サンとYチェア

f:id:Sig-Maru:20210603215138j:plain

出典:https://www.carlhansen.com/ja-jp/inspiration/stories/chs-timeline

 

 カールハンセン&サンはデンマークのフュン島に本社を置く家具メーカーです。1908年の創業から変わらず家族経営で、現在のCEO クヌード・エリック・ハンセン氏は創業者の孫にあたります。

 

 カールハンセン&サン社が1949年に、同じくデンマークの巨匠デザイナーであるハンス・ウェグナー氏にデザインを依頼したチェア… それがウィッシュボーンチェア、別名Yチェアです。CH24チェアとも言ったりしますね。

 

f:id:Sig-Maru:20210603215141j:plain

ハンス・J・ウェグナー

出典:https://www.carlhansen.com/ja-jp/designers/hans-j-wegner

 

 このYチェアは1949年の生誕から今に至るまで、継続して生産されています。世界で最も売れたチェアの一つと言われており、特に日本での人気が圧倒的。日本での販売台数は年間生産台数の実に4分の1以上を占めています。日本における「北欧家具」の人気がよくわかる数字ですね。

 

開封レビュー

 

 注文したのは2脚だったのですが、届いた段ボールは一個でした。さっそく開封してみます。ドン。

 

f:id:Sig-Maru:20210601012611j:plain

上手にスタッキング(?)されてた。運送の工夫よのう

 

 図のようにうまい事、お互いを傷つけあわないように2脚入っていました。さすが70年以上作られているチェア。発送の仕方が小慣れています(?)。

 

f:id:Sig-Maru:20210601013628j:plain

ビーチ材のソープフィニッシュを選択


 私が選択したのは、ビーチ材のソープフィニッシュという、Yチェアにおいておそらく最もスタンダードなタイプです。

 

 着色された限定版などもあり悩んだのですが、クリーニングは自前でできるけど、着色が剥げてしまったらリペア不能ということもあって、手入れがしやすいソープフィニッシュを選択しました。ソープフィニッシュって何?という話も追って説明します。

 

Yチェアについて

 

 Yチェアをじっくり見ていきます。

 

 まず特徴的なのが、その座面。ペーパーコードと呼ばれる、樹脂を含ませた紙でよられた紙紐で編まれています。

 

f:id:Sig-Maru:20210603210137j:plain

機能的に編まれた座面。美しい

 

 一脚に使われるペーパーコードはだいたい120m。写真の通り、メッシュのようになっているため通気性が良く蒸れません。座ると適度にテンションがありつつも柔らかい。

 

 店員さん曰く、数年単位で座っていると、その人のお尻の形になっていって更にフィット感が増していくのだとか。そう聞くとシェアがしにくくなっちゃいますが、愛着が湧く話ですね。

 

f:id:Sig-Maru:20210603210907j:plain

ソープフィニッシュなのでビーチ材の白さそのまま


 ビーチ材は、日本語で言うところの「ブナ材」。硬いのに曲げ加工がしやすく、家具の脚や背もたれなどによく使われます。北欧家具の特徴ともいえる明るいカラーで、キメ細かい木目とやわらかな質感が特徴です。

 

 ソープフィニッシュとはその名の通り、「石鹸水」で仕上げた処理のこと。石鹸の塗膜で家具を保護しつつも、オイル仕上げのように濡れた質感にならないので、木材の持つ本来の風合いにかなり近くなります。石鹸水でクリーニングできるのもDIY好きには嬉しいです。

 

f:id:Sig-Maru:20210603212250j:plain

この部分がYチェアたる所以

 

 背もたれとひじ掛けが一体化した背もたれ部分。座面が広く、包み込むように背もたれが配置されているので、ゆったりと座ることができます。ビーチ材のサラサラとした手触りも手伝って、素肌とじかに当たる部分も気持ちがいい。

 

f:id:Sig-Maru:20210603212805j:plain

横から。肘置きの絶妙な長さよ

 

 脚から背もたれへ、流れるようにつながったフォルムが美しい。

 

 そしてガッチリした肘置きをあえて主張させず、やや短くデザインされているところがこのYチェアの良いところ。肘置きに支柱がないことで、180度どの方向を向いても座れるようになっています。

 

f:id:Sig-Maru:20210603213427j:plain

横に座れるし、横から出ることができる

 

 我が家は決して広くないので「肘置きは欲しいが動きを制約されたくない」という要求を満たす Yチェアを選びました。意外と無いんですよ、肘置きがありつつ横から出られるイス。

 

 Yチェアは、いわゆるデザイナーズチェアの中ではかなり座り心地が良い。落ち着きすぎず硬すぎずオールマイティな使い心地。すっかり私と妻の定位置はYチェアとなっています。

 

 以下はカールハンセン&サンによる、Yチェアの紹介動画。ココで作られて送られてきたんやな~(知らんけど)と感慨深くなりますね。

 

www.youtube.com

 

おわりに

f:id:Sig-Maru:20210603215633j:plain

永遠のスタンダードって感じ、ある

 

 カールハンセン&サンの家具は、最長5年の保証がついています(ペーパーコードの部分は1年)。ユーザーが定期的に行うメンテナンスの方法も公式HPでレクチャーしており、修理に関しても有償で受けてくれます「長く使いたい」という気持ちに、メーカーが寄り添ってくれているのが嬉しいですね。

 

 おすすめはやっぱり今回紹介したビーチ材のソープフィニッシュ。長く付き合いたいチェアを探しているアナタにぜひ。

 

 

 限定だった着色タイプも載せときます。こちらの方が安価だったから悩んだんですよね…

 

 

 本日はこれにて。最後までお読みいただき、ありがとうございました。