モノバカ|モノばかり紹介するレビューブログ

ガジェットからファッション、暮らしの便利グッズなど幅広く紹介するモノ系ブログです。使ったことがあるものだけを体験に基づいてレビューします。

ピックアップ

zaitakuwork
menscosme
corefighter
corefighterco

Apple製品の充電ドック&充電スタンドなら【Aouevyo】が高コスパ。充電速度は純正品並み、品質高し!

Aouevyo 充電スタンド

 

 iPhone、AppleWatch、AirPodsを同時に充電できる Aouevyo 3-in-1 充電ステーション を紹介します。

 

 こういうスタンドはamazonに溢れていますが、怪しい製品が多い。それに「純正充電器をハメこむ」という製品も非常に多い。そうじゃない、私はコンセントに差すだけで3種の神器を充電できるスタンドが欲しいんだ…!

 

 Aouevyo のスタンドは、高い完成度でそれを実現しています。この記事では開封レビューを行いながら、 Aouevyo スタンドの何が良いのかなど使用感について紹介していきます。最後までお付き合いください。

 

Aouevyo?怪しくない?

 

 告白しますが「Aouevyo」というブランド名、私は読めもしません。生産国は当然のように中国。いわゆる中華ブランドですね。サクラチェッカーで確認しても、限りなく怪しい結果が出ます。

 

 ではなぜ購入に至ったか?答えは単純で かの有名な雑誌「家電批評」に載っていたから(2022年1月号91ページ)。一部のモノ紹介系雑誌だったら「お金掴まされたのかな?」と怪しみますが、家電批評はかなり辛口な部類の雑誌です。

 

こういう系統の充電ドックで既に3連敗中…。belkinのドックも使ってみましたがいまいちピンとこず、家電批評を信じて購入に至ったわけです。

レビュー

開封レビュー

 

 さっそく開封してみます。ドン!

 

Aouevyo 充電ステーション 同梱

Aouevyo 充電ステーションの同梱物

 

・ステーション本体
・USB充電器 (USB Type-A)
・USBケーブル (USB Type-A to C)
・取扱説明書
・iPhone 12 Mini 用アタッチメント

 

カラーはブラックのみ。ホワイトの展開はありません。私は白が欲しかったので、ここはちょっと残念…。

Aouevyo 充電 ステーション

シンプルなデザインで好感が持てる

 

 デザインは非常にシンプル。中華製によくある「よくわからないワンポイント」はありません。コレでいいんだよ、コレで。

 

 表にあるワイヤレス充電パッド(Qi)は、もちろんスマホ用。7.5Wでの充電に対応しています。表面の素材はマットな質感ながら、適度なグリップがあります。

 

アタッチメントを付けることで iPhone 12 Mini に対応。12 Mini はSEよりさらに小さいので、下駄を履かせて位置を調整する、ということでしょう。

iphone12 mini 無接点

アタッチメントを装着すると iPhone 12 mini に対応

 

 本体ウラには AirPods用の ワイヤレス充電パッド(Qi) が。こちらは5Wでの充電です。

 

AirPods 充電 ステーション

本体ウラ。AirPods用のQiと給電用のUSB


 USB Type-Cでの給電なので、iPhone・AppleWatch・AirPods3つ同時に充電が可能。当たり前に備えて欲しい機能はしっかり備えていますね。

 

 スマホのワイヤレス充電パッド背面には放熱用に穴が。一般的にワイヤレス充電では本体・ステーション共に熱を持つものなので、放熱に配慮した設計は有難い。

 

 さらに背面上部にある出っ張りを回転させることで、Apple Watch用のワイヤレス充電パッドが登場します。こちらも5Wでの充電です。

 

AppleWatch 充電 ステーション

AppleWatch用の充電パッド

 

 Apple Watch の充電パッドを使わないなら、収納しておくこともできます。こういう設計にしている製品は意外に少ない。ステーションの汎用性を高めている仕様と言えます。

 

f:id:Sig-Maru:20211221171406j:plain

アダプタとの接続図

 

 USB充電器側に USBケーブルの Type-A 側を。ステーション本体側に Type-C側を差したら設置の下ごしらえは完了。あとは希望の位置に設置して、コンセントを差すだけです。

 

使用感レビュー

aouevyo 充電 ステーション

設置した様子。結構ミニマルな印象


 基本的に妻がAppleWatchを使用しているので、共用にするため充電ステーションはリビングに配置しました。

 

ゴチャゴチャするかな?と思いましたが、ご覧のように思ったよりシンプルに収まっています。

 

 AppleWatchは健康管理に使用しており、就寝時には着用しておきたい。しかしバッテリーが一日程度しか持たず、こまめな充電が必要。皿を洗う時や洗顔、入浴のときなどに充電することを考えれば、充電ステーションはリビングでも活躍します。

 

iphone 充電 ドック

厚いケースを付けていても問題なく充電する

 

 充電感度は問題なく、いずれも置いたらすぐに充電を開始してくれます。iPhone にはケースを着用していますが問題なし。妻は iiiiFit というかなり大き目のケースを着用していますが、こちらも問題ありませんでした。

 

 AppleWatch は MagSafe に対応しており、引っ掛けるだけで「ピタッ」と位置あわせしてくれます。揺れたりしてもズレずに安定。サッと外して引っ掛けるだけで充電されるのは、やはり非常にお手軽です。

 

f:id:Sig-Maru:20211221174313j:plain

AppleWatchはタテ置きも可能

 

 AppleWatch の充電ドックは、前述のようにタテで使うことも可能。横幅をさらに狭くして使うことができるので、デスクで使用する場合はこちらも良さそう。

 

iPhone や AppleWatchに同梱されている 充電器に比べ、位置合わせの必要がないぶんスピーディ。この軽快さは、一度体験したらやめられません。

 

iphone watch airpds ドック

3機同時充電も問題なし

 

 少し驚いたのは充電速度。思った以上に早い!急速充電とはいえ、そんなに早くはないだろう…と予想していたので良い意味で裏切られました。特にApple WatchとAirPodsが早く、純正充電器とほぼ変わらない速度で充電できます。

 

iPhoneはバッテリー残量10%の状態から、1時間ほどで50%まで回復。Watch、AirPodsほどではないものの及第点と言えるでしょう。

 

 iPhone、AppleWatch、AirPodsを同時に充電してみましたが、特に充電時間に変わりなし。ミニマルな上にパワフル。本体が異常に発熱するようなこともなく、適切に設計されている印象です。

 

総括

リビングでの使用も意外にハマる

 

 Aouevyo の充電ステーション、価格以上の性能を見せてくれました。見た目がシンプルなので、目立つ場所に置いても邪魔になりません。

 

 思ったよりも良い反応を見せたのは妻。「なにコレ便利!すごい!」とスキあらば iPhone や AppleWatch を置いています。ITに疎いパートナーには、こういうライフハックのプレゼントも喜ばれそうです。

 

 Aouevyoの充電ステーションは、充電器一体型でありながら5000円を切ります(2021年12月現在 Amazon価格)。「家電批評」もおすすめする一台、ご自宅に一台いかがでしょうか。

 

 本日はこれにて。最後までお読みいただきありがとうございました。