モノばかり紹介するレビュー系ブログ ”モノバカ”

ガジェットからファッション、暮らしの便利グッズなど幅広く紹介するモノ系ブログです。使ったことがあるものだけを体験に基づいてレビューします。





COREFIGHTERの現在。田中ノボル氏はどうしてる?KJも着用して話題になった私の青春ブランド【コアファイター コレクション】

 

 「コアファイター」というブランドをご存知でしょうか。…違います、ガン〇ムのじゃないやつです。

 

 私は高校の時にファッション雑誌でコアファイターと出会い、一目でファンになりました。初めて「ショップ」というものに訪れたときのことを今でも覚えています。

 

 今では趣味が変わったこともあり大部分のコレクションを処分してしまいましたが、どうしても捨てられず手元に残してあるコレクションを紹介しつつ、コアファイターとはどういうブランドだったのか、現在はどうなっているのか?を説明していきます。

 

f:id:Sig-Maru:20210906215747j:plain

コアファイターと言えばこのキャップ。再販のとき買い溜めた

コアファイターとは

f:id:Sig-Maru:20201223193347p:plain

出典:http://corefighter.com/

 

 コアファイターは1990年代後半~2000年代にかけて人気を誇った、田中ノボル氏によるブランドです。

 

 当時メンズファッションはまだ裏原ブームが続いていて、コアファイターはそこから少し離れた存在でした。ちょっとワルくてイタズラっぽいアメカジ。それが私から見たコアファイターでした。

 

f:id:Sig-Maru:20210906215738j:plain

まだ持ってる切り抜き。もはやギャング

 

  1997年にロサンゼルスにてブランドがスタートし、その後ステューシーとの契約を経て、日本でも流通し始める… という一風変わった展開がされていました。

 

 日本人がやっている海外生まれのブランド。だからこそ、あの世界観が出せたのかも知れません。

 

 2003年、渋谷に旗艦店「ALTER-E-GO」が開店。同店は今も営業しています。

 

f:id:Sig-Maru:20210906215754j:plain

ちょーファンキーなクルーたち

 

 余談ですが、どうしてもALTER-E-GOに行きたかった私は田舎からはるばる東京まで遠征。Google mapなどなかった当時、地図を頼りに歩くと事務所に着いてしまいました。

 

 そうすると中から(上の写真のような)体格のいいお兄さんが出てきて地図を書いてくれました。今でもその手描きの地図を大事に持ってます。

 

コアファイターとKJ

 

 KJ、Dragon Ashのボーカルである降谷建志氏は、コアファイターの話をするうえで避けては通れません。

 

f:id:Sig-Maru:20210906215752j:plain

着用モデルとしても登場してた

 

 PVでは何度もコアファイターを着用して登場しています。雑誌でもコアファイターを着用しての露出が多く、楽曲「Aim High」には歌詞にコアファイターという単語が登場するほどです。

 

 それらの様子は、私を含めた多くの若者たちの目に留まりました。当時Dragon Ashは最もクールなバンドで、KJは私たちの世代のファッションリーダーと言っても過言でない存在でした。

 

KJが着用したアイテムは即プレミア化。数倍の価格で転売されることもザラで、入手は大変困難でした。

f:id:Sig-Maru:20210906215759j:plain

転売の憂き目にあったキャップ。当時は5倍以上の値段に。

 

 DragonAshの楽曲が変化しメロウな曲調になっていくのが2000年代中盤~後半。その時期になると爆発的だった人気はやや落ち着いて、同じようにコアファイターの雰囲気も変化し、人気も徐々に落ち着いていったように記憶しています。

 

コアファイターは現在どうなってるのか?

 

(2021年12月現在の情報です) 2021年9月も引き続き、そのままです。

 

 公式ホームページはトップ画面を残すのみで、すべてのコンテンツが削除されています。すでに数年この状態となっています。

 

 

 2016~7年までは不定期でスポットアイテムだったり復刻品をリリースしていました。最初に載せたG軍のキャップも、突然発売された復刻品です。しかしそれも徐々に少なくなり、ここ2年ほどは新作を見ていません。

 

コアファイターを取り扱っていたショップも在庫を残すのみで、店員さんの話によると「実質ブランド停止状態」とのことでした。

田中ノボル氏は現在どうなっているのか?

 

 コアファイターの代表だった田中ノボル氏は、2011年にブランド「BELAFONTE」をスタート。コチラに本腰を入れるために、コアファイターのほうは停止状態…ということなのかも知れません。

 

f:id:Sig-Maru:20210906215740j:plain

出典:http://belafonte.jp/

 

 BELAFONTEについて取材を受けている田中ノボル氏を、CLUTCHのホームページより見ることができます。コアファイターのときからはだいぶイメージが変わって、かなりトラッドな印象になっています。

 

ALTER-E-GOも実質BELAFONTEのオンリーショップに変化しています。Facebookの更新もBELAFONTEの入荷記事オンリーです。

KIZM氏は今どうなっているのか?

 

 コアファイターの象徴ともいえるブタ顔… 「HELA」と呼ばれるマスコット、これはKIZM(キズム)氏のデザインによるものでした。

 

f:id:Sig-Maru:20210906215743j:plain

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/goldentijuana/011378811.html#

 

 KIZM氏は今も同名義で活動しています。「kizm channnel」という公式オンラインショッピングサイトも運営されており、HELAの作品もチョコチョコとリリースされています。

 

f:id:Sig-Maru:20210906215745j:plain

kizm channnelより出典:https://kizmchannel.com/

私のコレクション

 

 一時期はワードローブのほぼ全てを占めていたコアファイターも、趣味が変わり今では一部のコレクションを残すのみとなりました。せっかくなのでココで紹介したいと思います。

 

f:id:Sig-Maru:20210906215726j:plain

corefighterと言えばコレ。KIZM氏のHELA

 

 前述のイメージキャラクター(?)HELAのフィギュア。KIZM氏のデザインです。この顔がスゲー好きなんです、今でも。このときのコアファイターがすごく好きだった。

 

f:id:Sig-Maru:20210906215757j:plain

ピンバッジの類。使わないんだけど昔からバッジが好き

f:id:Sig-Maru:20210906215733j:plain

ステッカー。2枚買っとけばよかった~使えない~

f:id:Sig-Maru:20210906215728j:plain

コインケースと、奥は販促に使われたマッチ

f:id:Sig-Maru:20210906215749j:plain

HELAの非売品ポスター。ショップに頼み込んで譲ってもらった

f:id:Sig-Maru:20210906215801j:plain

そしてG軍パロディキャップ。迷ったけど全色購入

f:id:Sig-Maru:20210906215803j:plain

リメイクはWORLD wide FAMOUS製

f:id:Sig-Maru:20210906215730j:plain

バスタオル。子どもが生まれておくるみに使った

f:id:Sig-Maru:20210906215735j:plain

ALTER-E-GOで購入したステッカー

おわりに

 

 自分が好きだったブランドは特別です。そのブランドの服を見るたびに当時を思い出したりします。趣味が変わって着なくなっても、思い出したようにショップを訪れてみたり。

 

 コアファイターが店頭で見られなくなって久しいですが、やっぱりちょっと寂しい。自分が愛していたブランド、店舗が無くなるのは何とも言えず寂しいものです。

 

 コアファイター、復刻でいいから活動してほしいなあ。パコエクセル氏のTシャツと、N-3Bと、G軍パロディのデニムが新品で欲しい。欲しいよー!!

 

 

 今回はノスタルジーと共にお送りいたしました。最後までお読みいただき、ありがとうございました。