モノばかり紹介するレビュー系ブログ ”モノバカ”

ガジェットからファッション、暮らしの便利グッズなど幅広く紹介するモノ系ブログです。使ったことがあるものだけを体験に基づいてレビューします。

【2021年版】3倍働ける在宅ワーク(テレワーク)グッズ。実際使って便利だったおすすめアイテムをご紹介

2021年4月 おススメグッズ追加、参考記事リンクを追加しました。引っ越しに伴い環境一新中!

 

  在宅勤務が開始してしばらく経ちます。家で仕事をするにあたって、足りないものを揃えたくなるのが人のサガ。2020年の4月からコツコツと環境を整えて、日々更新中。テレワークの効率&モチベーションを高めています。

 

 というわけで今回は私が「在宅勤務用に購入したもの」の中から真に使える在宅勤務グッズを紹介します! 

 

f:id:Sig-Maru:20210407005707j:plain

我が自席(2021年4月)!待ち受けが黄色いのは秋山黄色の影響だぞ

在宅ワークおすすめグッズ

1. ASUS ZenWiFi AX (XT8)

 

 在宅勤務ではネット環境が重要なのは言うまでもありません。接続が切れずに速度が維持され続ける「安定性」が何より重要です。

 

f:id:Sig-Maru:20210412225716j:plain

現時点で最強のメッシュWi-Fiルーター。在宅はネット環境が命

 

 ASUS ZenWiFi AX (XT8) は、メッシュWi-Fi対応機の中では現時点(2021年4月)で最強の存在だと思っています。機能の多さはもちろん、多くの機材を繋げても通信速度が安定し続けてくれます。

 

 3階建てや壁の多いマンションなどでもメッシュで安定。私は戸建てに住んでおり、PC片手に自宅内で転々と場所を変えつつ仕事をしています。部屋の隅々までネットワークが行き届いている感覚は非常に快適です。

 

 詳細は以下から。メッシュWi-Fiに対応するため2台以上の導入がおすすめです。

 

 

2. デスクマット

 

 デスクマットは、その名の通り、机に引くマットです。何となくオシャレ…なだけでなく、マウスパッドにもなりますし、なにかものを書くときの下敷きにもなります。

 

 言ってしまえば「働くスペースを確保するマット」なわけで、公私が非常に混同しやすい在宅勤務にあっては、ここは働く場所なんだ!と定義づけることは私にとって案外重要でした。

 

f:id:Sig-Maru:20210205232711j:plain

安かったけど縫い目もシッカリしてる

 

 ほんとはSATECHIのやつとか欲しかったんですが、贅沢言ってる場合じゃないので合皮のどこぞと解らぬやつにしました。2000円ぐらいでしたが使いやすい。

 

3. ハーマンミラー セイルチェア

 

 たまの在宅勤務だからといって、パイプ椅子で働いていたら腰が死にます。早めに良いOAチェアを用意することを強くおススメします。

 

f:id:Sig-Maru:20210205232724j:plain

セイルチェア。ランバーサポートで腰をサポート

 

 アーロンチェアのガチッとした感じが苦手だったので、同じくハーマンミラー社のセイルチェアを使っています。同社の中では比較的安価なOAチェアです。

 

 

 安くて品質が良いのはないの…!?という方にはイトーキの「メッシュチェア サリダ」もしくはオカムラの「ビラージュ」をおススメします。3~4.5万円程度ですが、腰へのサポートはとても良いです。少し高くなりますが、肘置きがあるほうがおススメです。

 

 

 

  最近は中華製で1万円を切るOAチェアも珍しくありません。しかし長く付き合うものと割り切って、少し良いものを買うことを強くお勧めします。

 

 OAチェアを自宅で使うとフローリングにキズがガンガンつくので、心配な方は保護マットを敷きましょう!

 

f:id:Sig-Maru:20210205232728j:plain

保護マット。OAチェアって重いからね!

4. SONY WF-1000XM3(ノイキャンイヤホン)

f:id:Sig-Maru:20210205232720j:plain

会社って静かだったんだな… って気づかされた

 

 在宅開始直後、オンライン会議にはiPhoneについてた有線のイヤホンを使用していました。人の話を聞くだけならそれで十分でした。

 

 しかし自分がプレゼンする側だと無理でした…。扉の向こうから聞こえてくる子どもたちの声が気になって集中できない。説明する立場だと、聞くときよりも集中力が求められます。騒音の中で上司にプレゼンをするのは、私には無理でした。

 

 そういう訳で買いました。ノイズキャンセリングイヤホン、SONY WF-1000XM3。ノイズキャンセリング機能では国内随一のクオリティを持つ左右独立型イヤホンです。

 

f:id:Sig-Maru:20210205232716j:plain

家族は大事だけど、会議のときはコレ使わせてな

 

 おかげで集中して会議に臨むことができるようになりました。つけっ放しにしていると妻からのヘルプさえ聞こえなくなるので注意が必要です。私は会議以外での用途では、骨伝導ヘッドホンを利用して家族の声が聞こえるようにしています。

 

 WF-1000XM3は特にイヤーチップが重要です!以下の記事をぜひチェック。

 

 

 
番外:WH-1000XM4も買いました

 ずっとイヤホンをつけていると耳が疲れてきたので、ノイズキャンセリングヘッドホンも追加で購入しました。ずっとヘッドホンでも疲れてしまうので、私はヘッドホンとイヤホンを交互に使うようにしています。

 

f:id:Sig-Maru:20210205233339j:plain

WH-1000XM4。ノイズキャンセル能力的には世界イチなんじゃないか

 

 ノイズキャンセルヘッドホンといえばBOSEでしたが、今はSONYと二強になっている印象です(2020年12月現在)。もともとBOSE党でしたが、イヤホンに合わせたかったのと、国内企業頑張れ…!という願いも込めてSONY にしました。

 

 レビュー記事はこちらから。WH-1000XM3との比較もしています。

 

5. I-O DATA GigaCrysta

 

 GigaCrystaはI-O DATAが販売するゲーミングモニターのブランド名です。

 

 ゲーミングモニターは、ゲームを動かすためのパフォーマンスが高いディスプレイです。以前はゲーム用というだけで高価でしたが、最近は値段もこなれてきました。私が購入したときは1万6000円程度でした。

 

f:id:Sig-Maru:20210205232733j:plain

大き目のモニターじゃないと仕事が苦痛だった

 ゲーミングモニターを使うメリットを簡単に書けば以下のようになります。

 

・画面がキレイでチラつきが少ない

・画面表示の遅延が少なく、応答が早い

 

 私が重視したのは後者です。リモートデスクトップで会社のPCを遠隔することがあり、この時点でかなりの遅延が発生します。せめて表示や応答の遅延を少なくしておこうということでゲーミングモニターを選びました

 

f:id:Sig-Maru:20210205232740j:plain

ゲーミングモニターは視野角も広いのが多い

 

 リモートで会社のハイパワーPCで動画の編集などをする人には、特に恩恵が大きいでしょう。サクサクとは言い難いですが、なんとか作業できる、というレベルには到達できます。逆にローカルでの作業がメインの方はあまりメリットがないと思います。

 

 I-O DATAのゲーミングモニターは安価かつ高品質でおススメ。国内企業なのでサポートが安心なのもポイント高いです(モニターは結構初期不良とか多いので特に)。リフレッシュレートがやや物足りないですが、ゲーム用途じゃないので目を瞑りました。

 

6. エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム

 

 デスクの主役はモニター、というぐらい主張してくるモニターですが、モニターアームを使用すると足元がとってもスッキリします。

 

f:id:Sig-Maru:20210510001057j:plain

エルゴトロンLX。スタイリッシュなモニターアーム

 

 以前は敷居が高かったモニターのアーム化も、今では比較的安価に実現できます。エルゴトロン LX は人間工学に基づいた設計により、よりモニターの汎用性を高めてくれます。以下に詳しくレビューしています。

 

 

7. HHKB Professional HYBRID

f:id:Sig-Maru:20210205233342j:plain

HHKB Professional HYBRID。高かったが仕事道具には惜しまぬ

 

 リュウドの折りたたみキーボードをおススメしてたのですが、長く続く在宅勤務で逝ってしまったので買い換えました。今はHHKB Professional HYBRIDを愛用しています。

 

 良いキーボードを使うと作業効率が上がりますし、働いていて気分が良くなります。詳しくは以下の記事を参照ください。

 

 

8. Microsoft Precision Mouse

f:id:Sig-Maru:20210205232811j:plain

右プレシジョンマウス、左エルゴノミックマウス。どちらもおススメ

 

 世にあるマウスの中でもプレシジョンマウスが最高だと思っています。握りやすく設計された形状と質感、豊かなクリック感、フル機能にマルチペアリング。少し高価ですが非の打ちどころがありません。

 

 新たにエルゴノミックマウスも買い足しましたが、こちらも使いやすいです。幾つか機能は削がれているものの半額ほどになっていますし、使い心地は十分他社のマウスを圧倒していると思っています。

 

 比較記事は以下を参照してください。どちらもおススメです。

 

 

 

9.MOFT Carry Sleeve

f:id:Sig-Maru:20210208225942j:plain
f:id:Sig-Maru:20210208221222j:plain
出社するときも、しないときも使える便利なヤツ

 

 在宅ワークをやっている方の中には週に数度出勤しておられる方も多いと思います。家ではノートPC、時々そのノートPCを持って出社… という勤務スタイルなら、MOFT Carry Sleeveがおすすめです。

 

 持ち運ぶときにはPCケース、PCを使う時にはスタンドとして活躍します。持ち歩くものが減って、PCは使いやすくなり、なおかつケースとしてもオシャレです。Apple製品との親和性が高い製品なので、Win派は対応サイズを要確認の上で購入を。

 

 詳細は下記記事から。 

 

10. SONIC Utlim スマスタ A4ボックス

 

 自宅の環境において、オフィスにあるような大容量のキャビネットを置くのは難しいし場所も取ります。そこで私がおすすめするのは Utlimの収納ボックスを使用することです。

 

f:id:Sig-Maru:20210504003915j:plain

収納ボックス。仕事に必要なグッズをここにIN

 

 勤務に必要なモノを全て収納しておき、在宅勤務開始時に取り出しておけば機能的なデスクのできあがり。勤務が終了したら収納しておけば、スッキリした状態を保てます。

 

 詳細は以下の記事から。機能的な収納方法も紹介しています。

 

 

11. LENTION USB-C 多機能ハブ

 

 Dataluminusのハブがおすすめだったのですが販売終了。代替機を幾つか試した結果、LENTION の多機能ハブが高コスパでした。

 

f:id:Sig-Maru:20210504235013j:plain

 

 ドッキングステーションはノートPCを拡張するのに便利ですが、価格が非常に高い。

 

 LENTIONの多機能ハブは、このサイズで基本的な機能をフル装備。USB-CはPowerDelivery対応で、HDMIは4K 60fps出力に対応。USB-A3.0も4ポート装備で拡張性も十分。持ち運びに適したサイズ感で、価格も4000円程度(2021年5月現在)です。

 

 いくつか同じようなハブを試したのですが、信頼できるメーカーでも4K 60fpsの出力が安定しない製品が多かった。LENTIONのハブは発熱も少なく、安定して動作していたのでおススメします。

 

 Surfaceシリーズを使ってるなら、Surface Dock 2がダントツでおすすめ。以下で詳しく紹介しているのでどうぞ。

 

12. アートラボ アロマディフューザー

f:id:Sig-Maru:20210205232759j:plain

おススメは京都生まれ「アートラボ」のディフューザー。別記事参照!

 

 野郎が引きこもって働いていると、どうしても気が滅入ってきます。

 

 いくつかの方法でリフレッシュを図っていますが、その一つがアロマディフューザーです。いい香りがフッとするだけでいい気分になれます。おススメは「アートラボ(ART LAB)」のアロマディフューザーです。

 

 別記事でも紹介していますので、そちらをぜひ。

 

 

 

13. Anker ケーブルホルダー

f:id:Sig-Maru:20210205232807j:plain

ケーブルホルダー。卓上がスッキリして機能性アップ

 

 ケーブルホルダーといっても色々ありますが、断然Ankerのものがおススメ。欠品が多いのが難点ですが、それ以外は総じて優秀です。

 

 詳しくは以下からどうぞ。

 

 

14. LUMENA 7

f:id:Sig-Maru:20210205232702j:plain

LUMENA 7。まさかテレワークで使うことになるとは

 

 テレワーク映えなんて気にしてられっか! と思ってたものの、外部の方にプレゼンをする機会が多くなってきて、そうも言ってられなくなってきました。見た目が与える心象というのは馬鹿にできません。

 

 とはいえ専用の照明は汎用性があまりなくて買う気にならない… そこで私が使用しているのは LUMENA 7。ええそう、アウトドアで使う充電式ランタンです。

 

 ランタンと侮ることなかれ、LUMENA 7は相当明るい。私は写真撮影のときの照明にも使っているぐらいなので光量は十分。もちろん本来の用途であるアウトドアにも使用できるので、テレワークが終了したらお払い箱… ともなりません。用途が広くておススメです。

 

f:id:Sig-Maru:20210205233345j:plain

明るさが写真で伝わらないのが残念。しっかり照らしてくれます

 

 詳しく紹介した記事は以下から。

 

 

15. バックハンガー

 

 バックハンガーも収納補助として使えます。

 

f:id:Sig-Maru:20210205232744j:plain

バックハンガー。私は引き出しがわりに使ってる

 

 私は会社に持っていく道具は、家ではカバンから出したくないタチ(なくしちゃうから…)です。もうカバンごとデスクに吊り下げてしまって、使うときは取り出して、カバンに戻す。簡易的な引き出しのように使えます。他社より送られてきたサンプルなど電子化しにくいものなどもココに入れています。

 

 ビニール袋を下げれば、簡易のゴミ袋のできあがり。アイデア次第で使い方も色々。

 

 このハンガーはデスクに引っ掛けるだけで、両面テープなどで固定する必要がありません。耐荷重は5kg。カバンぐらいだったら余裕でしょう。

 

 

番外. Rakuten WiFi Pocket

f:id:Sig-Maru:20210316200848j:plain

4キャリア全て使ったが、使い物になるのはコレだけだった

 

 引っ越しに伴い、ネットが1週間不通になることに。業務を兼ねて「在宅ワークでも使えるモバイルルーターはないか?」を検証するため、3大キャリア+楽天のモバイルルーターを用意しました。

 

 結論は「在宅ワークにおいては Rakuten WiFi Pocket しか使い物にならない」です。Rakuten Pocket WiFiはマジで無制限(3日で数GBなどの縛りもナシ)なので何とか夜まで働けます。私はIT企業勤務ですが、他社の1日5GBの制限では1時間も持ちませんでした。

 

 ただし無制限で使用するには楽天回線で固定する設定をしなければならないので注意。そちらも含めて以下に説明しています。

 

 

 4月7日までの契約なら1年無料なので、一年以内に解約すれば無料です。 無料キャンペーンが「3か月無料」の形で継続中です!とりあえず契約して3か月以内に続けるか解約するか、ゆっくり決めればよいでしょう。大人気ゆえ品切れが続いていますが、コチラから定期的にチェックして入荷時期を見図りましょう。

 

おわりに

 

 まだ紹介しきれていない品もありますので、後日追加していきたいと思います。

 

 デスクはだいぶ快適になり、会社で働くときと比較してもパフォーマンスは9割程度出るようになりました。

 

f:id:Sig-Maru:20200506112443j:plain

テレワーク開始時の様子(2020年5月)。だいぶ変わったなあ

 

 これを機に在宅ワークが積極的に各企業で取り沙汰されて、真の意味で働き方改革が起こることと思います。今の騒ぎが収束しても、芽吹いた新しい働き方の在り方は残り続け、変容していきます。そういう意味で今は黎明期で、今後もっと便利な在宅ワークグッズが出てくることでしょう。

 

 もっと働き方が自由になったらいいな!

 

 今回はこの辺で。最後まで見て頂きありがとうございました。