モノばかり紹介するレビュー系ブログ ”モノバカ”

ガジェットからファッション、暮らしの便利グッズなど幅広く紹介するモノ系ブログです。使ったことがあるものだけを体験に基づいてレビューします。





【2021年版】3倍働ける在宅ワーク(テレワーク)グッズ、買ってよかったおすすめアイテム紹介。使えるPC周辺機器、デスク用品で効率UP

2021年10月 BenQ ScreenBar Plusを追加

 

  在宅勤務が開始してしばらく経ちます。2020年の4月からコツコツと環境を整えて、日々更新。テレワークの効率&モチベーションを高めています。

 

 今回は私が「在宅勤務用に購入したもの」の中から真に使える在宅勤務グッズを紹介します! 

 

f:id:Sig-Maru:20210901191133j:plain

我が在宅勤務スペース(2021年9月)

在宅ワークおすすめグッズ

1. ASUS ZenWiFi AX (XT8)

 

 在宅勤務ではネット環境が最重要なのは言うまでもありません。接続が切れずに速度が維持され続ける「安定性」が何より重要です。

 

f:id:Sig-Maru:20210901191115j:plain

最強のメッシュルーター。在宅勤務の生命線

 

 ASUS ZenWiFi AX (XT8) は、メッシュWi-Fi対応機の中では現時点(2021年4月)で最強の存在。機能の多さはもちろん、多くの機材を繋げても通信速度が安定します。

 

  メッシュWi-Fiに対応するため2台以上の導入がおすすめです。詳細はこちらの記事でも紹介しています。

 

PC片手に、宅内で場所を転々と変え仕事してます。隅々までネットワークが行き届いている感覚は非常に快適です。

2. SATECHI デスクマット

 

 デスクマットは、その名の通り机に引くマットです。マウスパッドにも、書き物をするときの下敷きにもなります。何となくオシャレ、というのもメリットですね。

 

f:id:Sig-Maru:20210901191121j:plain

オシャレなデスクマットなら「SATECHI」

 

 オシャレさを求めるなら SATECHI のデスクメイトがおすすめ。デスクの印象が大きく変わります。詳細はコチラの記事からどうぞ。

 

公私が混同しやすい在宅勤務。デスクマットで「ここは働く場所」と定義すると切り替えがしやすくなります。

3. ハーマンミラー セイルチェア

 

 たまの在宅勤務だからといって、パイプ椅子で働いていたら腰が爆発します。なるべく早めに良いOAチェアを用意しておきましょう。

 

f:id:Sig-Maru:20210901191046j:plain

ランバーサポートで腰をしっかりサポート

 

 アーロンチェアのガチッとした感じが苦手だったので、同じくハーマンミラー社のセイルチェアを使っています。同社の中では比較的安価なOAチェアです。

 

 

もっと安く!という方はイトーキの メッシュチェア サリダ or オカムラのビラージュがおすすめ

 

中華製で1万円を切るOAチェアもありますが、長く付き合うものと割り切り良いもの使いましょう。

 

 OAチェアを自宅で使うとフローリングにガンガン傷がつくので、心配な方は保護マットを敷きましょう!

 

f:id:Sig-Maru:20210901191050j:plain

保護マット。OAチェアは重い!

4. SONY WH-1000XM4

f:id:Sig-Maru:20210901191108j:plain

家族がいる家庭なら、ぜひノイキャンを

 

 オンライン会議は「聞く」のも「話す」のも集中力が求められます。騒音の中で上司にプレゼンをするのは、私には非常に困難でした。

 

 そういう訳で買いました、SONY WF-1000XM3 と WH-1000XM4 。どちらもノイズキャンセリング能力はピカイチ。両機の紹介と比較レビューをこちらの記事で紹介ています。

 

両方買ったのは、片方を長時間使っていたら耳が疲れてしまうから。交互に使って運用しています。

2021年6月末にWF-1000XM4が発売。ケースがコンパクトになり、ノイキャン性能もアップという正統アップデート。今から買うならコチラでしょう。イヤホン派は確認を。

 

 

5. DELL S2721Q-R

 

 在宅勤務で使用するモニターは、以下の条件を満たしたものがおすすめ。

 

  • 2K 以上の解像度
  • 27~32インチ程度
  • 応答速度5ms以内
  • IPS液晶 (クリエイター系の方なら特に)
  • VESAマウント対応

 

 これらを満たす商品はたくさんありますが、私は DELL S2721Q-R をおすすめします。

 

f:id:Sig-Maru:20210901191128j:plain

DELL S2721Q-R。4K+IPS+HDR+応答4ms。そして安価

 

 4K、IPSパネル、応答4ms、HDR対応で27インチと揃って、3万円台半ば(Amazon)で買える圧倒的なコストパフォーマンスが特徴です。詳細は以下でも紹介しています。

 

解像度が高い=作業範囲が広い。どんな業種でも恩恵があります。IPSパネルの弱点である応答速度もクリアした名機です。

6. エルゴトロン LX

f:id:Sig-Maru:20210901191131j:plain

スタイリッシュなモニターアーム、エルゴトロンLX

 

 デスク上に大きく鎮座するモニター。アームを使用すれば足元がスッキリします。

 

 ひと昔はそれなりにお金が比較的リーズナブルに実現可能。エルゴトロン LX は人間工学に基づいた設計により、よりモニターの汎用性を高めてくれます。こちらも過去記事で詳しくレビューしています。

 

姿勢に応じて、臨機応変にモニターを動かせるのがアーム化の強み。良い姿勢で仕事に臨めます。

7. HHKB Professional HYBRID

f:id:Sig-Maru:20210901191139j:plain

HHKB Professional HYBRID。高価だが確かな使い心地

 

 HHKB Professional HYBRIDを愛用しています。最高峰の打鍵感を持つ、ミニマルなキーボードです。

 

 打鍵感が自分に合うキーボードを使うと作業効率が上がり、ミスタイプが少なくなります。HHKBの魅力については過去記事で解説しています。

 

Bluetooth対応+静電容量無接点+日本語入力の3点を揃えたキーボードは、HHKBとReal Force R2ぐらい(2021年9月現在)。
どちらも良いですが私はHHKB推しです。

8. Microsoft Precision Mouse

f:id:Sig-Maru:20210901191102j:plain

右プレシジョンマウス、左エルゴノミックマウス

 

 数あるマウスの中でも、プレシジョンマウスが最高だと思っています。同機のエントリーモデルである、エルゴノミックマウスもも使いやすい。

 

 プレシジョンはやや高価ですが非の打ちどころのないマウス。エルゴノミックは機能が削がれたとはいえ十分他社のマウスを圧倒した使い心地。価格も半額に!

 

 比較記事はこちらからどうぞ。どちらもおススメです。

 

エルゴノミックは、ショートカットキーが減っているのがやや痛い。他の点は使用感に大きく影響なし。慣れます。

 

9. BenQ ScreenBar Plus

f:id:Sig-Maru:20211011000209j:plain

オシャレで目が疲れにくくなるLEDライト

 

 スクリーンバーはデスクを一気にオシャレにするガジェットとして話題になりました。なかでも BenQ ScreenBar Plus が高品質です。

 

 光が目に入りにくく設計されており、目が疲れにくい効果も。夜もPCで作業する方には特におすすめ。こちらの記事にて詳しくレビューしています。使用前/使用後もあります。

 

下位モデルと上位モデル、どちらが買いか?も解説しています。配線を取り回す自信があるならPlusがおすすめ。コントローラー便利です!

10. B&O BEOPLAY P2

f:id:Sig-Maru:20210823224728j:plain

さすがB&Oという音質。地味にマイク付き

 

 マイク付きのBluetoothスピーカーを用意していると、普通に会話するようにオンライン会議ができて便利。家に一人のときは B&O BEOPLAY P2を使って会議に参加しています。

 

 同価格帯のBluetoothスピーカーと比較しても、小ささ/音質共にトップレベル。デザインも抜群です。こちらの記事にて、外見含めレビューしています。

 

仕事中のBGM再生にも最適。出張や旅行のお供にも役立ちます。

11.MOFT PCスタンド

f:id:Sig-Maru:20210901191105j:plain

ただのスタンドと侮るなかれ。持ち運びも便利

 

 スタンドを使うと、ノートPCでのタイピングがし易くなります。タイプミスも減るしモニターも見やすくなるので、良い事づくめです。

 

 MOFT PCスタンドは本体に貼るタイプのPCスタンド。折り畳みでき、コンパクトで軽量。出社するときにも邪魔になりません。

 

 Apple製品と親和性の高いことで有名ですが、私はSurface Book 3のお供に使っています。 詳細はこちらの記事からどうぞ。

 

「本体に貼る」点に抵抗がありましたが、すごく便利でした。オシャレなのもポイント高い。

12. SONIC Utlim A4ボックス

 

 自宅の環境において、オフィスにあるような大容量のキャビネットを置くのは難しいし場所も取ります。そこで私がおすすめするのは Utlimの収納ボックスを使用することです。

 

f:id:Sig-Maru:20210901191118j:plain

仕事に必要なアイテムを全てIN!

 

 写真のように容量も大きく、ポケットが沢山ついていて機能的。一般的な業務であれば十分に仕事道具が収まるでしょう。詳細はコチラの記事からどうぞ。

 

広げれば機能的なデスクのできあがり。片付けも簡単で、デスクを常にキレイに保てます。

13. LENTION USB-C 多機能ハブ

 

 数多くのType-Cハブを試しましたが、中でもLENTION の多機能ハブが高コスパでした。

 

f:id:Sig-Maru:20210901191125j:plain

 

 このサイズで基本的な機能をフル装備。USB-CはPowerDelivery対応で、HDMIは4K 60fps出力に対応。USB-A3.0も4ポート装備で拡張性も十分。持ち運びに適したサイズ感で、価格も4000円程度(2021年5月現在)です。

 

 いくつか同じようなハブを試したのですが、信頼できるメーカーでも4K 60fpsの出力が安定しない製品が多い。LENTIONのハブは発熱も少なく、安定して動作していたのでおススメします。

Surfaceシリーズを使ってるなら、Surface Dock 2がダントツでおすすめ。こちらの記事で詳しく紹介しています。

14. ART LAB アロマディフューザー

f:id:Sig-Maru:20210901191056j:plain

京都生まれ「アートラボ」のディフューザー

 

 野郎が引きこもって働いていると、どうしても気が滅入ってきます。いくつかの方法でリフレッシュを図っていますが、その一つがアロマディフューザーです。

 

 おススメは「アートラボ(ART LAB)」のアロマディフューザーです。非常にリッチな香りながら、リーズナブルな価格設定。別記事でも紹介していますので、そちらをぜひ。

 

難点はショップが京都にしかない点。楽天はフルラインナップなので、遠方ならそちらでの購入がおすすめ。

 

15. Anker ケーブルホルダー

f:id:Sig-Maru:20210901191059j:plain

Ankerのケーブルホルダー。卓上スッキリ

 

 ケーブルホルダーといっても色々ありますが、断然Ankerのものがおススメ。欠品が多いのが難点ですが、それ以外は総じて優秀です。

 

 詳しくはこちらの記事からどうぞ。

 

16. バックハンガー

f:id:Sig-Maru:20210901191054j:plain

バックハンガーにかけたカバンは引き出し代わりに使える

 

 バックハンガーも収納補助として使えます。通勤に使うバッグを吊り下げてしまえば、簡易的な引き出しのように使えます。

 

 このハンガーはデスクに引っ掛けるだけで、両面テープなどで固定する必要がありません。耐荷重は5kg。カバンぐらいだったら余裕でしょう。

 

ビニール袋を下げれば簡易ゴミ箱に。
アイデア次第で使い方も色々です。

番外. Rakuten WiFi Pocket

f:id:Sig-Maru:20210901191112j:plain

在宅勤務で使うなら、楽天一択

 

 引っ越しのツナギとして「モバイルルーターを在宅勤務で使う」ということをしてみたのですが、3大キャリアも試してみた結果、実用に耐えるのは Rakuten WiFi だけでした。

 

 初代Rakuten WiFi Pocketは終始品薄だったので、お求めなら在庫があるうちに。まとめ記事はこちらからどうぞ。使い放題のための回線固定方法なども記載しています。

 

3か月無料キャンペーン中で、Rakuten WiFi Pocket 2Bが実質無料。
引っ越しでのツナギ利用、外出先での使用にもおすすめです。

おわりに

 

 まだ紹介しきれていない品もありますので、後日追加していきたいと思います。お楽しみに。

 

f:id:Sig-Maru:20210901191043j:plain

在宅開始時、2020年5月の自席。様変わりしたなあ

 

 在宅ワークが各企業で採用され、真の意味で働き方改革が起こりました。今は黎明期で、今後さらに便利な在宅ワークグッズが出てくることでしょう。楽しみです。

 

 今回はこの辺で。最後まで見て頂きありがとうございました。