モノばかり紹介するレビュー系ブログ ”モノバカ”

ガジェットからファッション、暮らしの便利グッズなど幅広く紹介するモノ系ブログです。使ったことがあるものだけを体験に基づいてレビューします。





BanksyもいいけどDOLK(ドルク)のグラフティもクールだよ!購入方法は?そもそも誰やねん?実は渋谷で見れる!?【DOLK Kitty Riot】

 

 自宅にはいくつか絵を飾っていて、これはそのうちの一つ。DOLKの描いた「kitty Riot」という作品名のシルクスクリーンです。

 

f:id:Sig-Maru:20210910192414j:plain

[Kitty Riot]。リビングの一等地に鎮座

関連リンク:

DOLKってだれ?

f:id:Sig-Maru:20210910191654j:plain

出典:https://www.instagram.com/p/BrlHAxkFb5Q/

 

 DOLKはノルウェー出身のグラフティアーティストです。本国では政府から依頼されて首都オスロ駅にバカでかい作品を描くほど、知名度があります。

 


 グラフティアーティストといえばBanksyが超有名です。DOLKも彼の影響を受けたことを語っています。そしてBanksyによってDOLKは見いだされ、2005年に彼の主催する「Pictures on Wall」とよばれるエキシビジョンにてデビューを果たしました。

 

DOLKの日本での活動

 

  親日家なのか、来日した際に雑誌Brutus(2013年1/15号)でインタビューに答えたりもしています。

 

 

 2012年に原宿にグラフティを残していっています。原宿のDIESELのウラあたりにある建物です。

 

f:id:Sig-Maru:20210910193027j:plain

東京で撮った [Kitty Riot]。バカでかい

 

 そのほか、大阪アメ村や彦根でも彼の作品を確認することができます。(彦根のほうはもう店舗がないかもしれません)

 

DOLKのアートを購入した経緯


 もともと私はグラフティアートが好きで、Banksyの事を知り、DOLKを知りました。

 

 なんかカッコええな、こういうのって買えるんかな、と調べ始めたのが2010年ぐらいの出来事。DOLK自身の公式ホームページから購入しましたが、まだ知名度も低かったからなのか、非常にお安く手に入れることができた記憶があります。

 

f:id:Sig-Maru:20210910194016j:plain

サインとエディションナンバー入り

 

 数週間後、海の向こうからエディションナンバー入りのシルクスクリーンが届き、近所にあった専門店で額装。

  

 前述した原宿のグラフティを見に行った際、「この人の絵、ウチにもあるんだぜ!」という誇らしい気持ちになったのは言うまでもありません。私はミーハーなのです。

 

 今でもお気に入りで、リビングの一番良い場所に飾っています。

 

f:id:Sig-Maru:20210910191700j:plain

近影。深紅のストール、射るような目

 

 ちなみに妻の評価はあまり芳しくないようです。「もっと明るい絵がいいな」とのこと。あれっ、カワイイと思うんだけどな…

 

DOLKのアートが買えるサイト

 

 嬉しい反面、弊害もあります。もう1作品ぐらい欲しかったのですが、DOLKの作品は私の手の届く値段ではなくなってしまいました。2021年9月現在で、現在市場にある作品自体、かなり少ないです。

 

 かなり高額ではありますが、日本でもいくつかのショップがDOLKの作品を取り扱っています。最も入荷頻度が高いのがノイズキング。BANKSYなども取り扱うサイトです。ほかのサイトでも取り扱いはあるものの、入荷頻度が低く品切ればかりです。

 

 

f:id:Sig-Maru:20210910193308j:plain

出典:http://www.noiseking.com/products/list112.html

 

  良いと思ったときに買わないと後で買えないのがアートですが、なかなか買い時が難しいです。特に国内では有名なグラフティアートを取り扱う業者が、ヤフオクに出たものを買いあさったりしていて安く手に入れることもなかなか難しい。

 

  私事ですが12年ほど前、Banksyがまだ有名になる前に某グラフティーアート業者とヤフオクで戦い、競り負けました…今でも悔しい気持ちでおります…借金してでも買うべきだった…

 

f:id:Sig-Maru:20210910193731j:plain

資産となるのもアートのいいところ。路頭に迷ったら売ろう…

おわりに

 

  そんなDOLKさんですが、近年はその作風がガラリと変わりました。

 

f:id:Sig-Maru:20210910194021j:plain

出典:https://dolk.no

f:id:Sig-Maru:20210910194018j:plain

出典:https://dolk.no/exhibition/extra

 

  結構ガツンと変わったな~DOLKさん!という感じ。ストリートアートから、チョーモダンなアートに切り替えましたね。以前は顔も公開してなかったんですが、インスタに近影を掲載してて驚きました。

 

 個人的には前の感じが好きだったけど、今後とも注目したいと思います。

 

 

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。