モノばかり紹介するレビュー系ブログ ”モノバカ”

ガジェットからファッション、暮らしの便利グッズなど幅広く紹介するモノ系ブログです。使ったことがあるものだけを体験に基づいてレビューします。





【FIVEISM × THREE】をアラフォーがレビュー。印象をグッと変えるメンズ用メイクアイテム【ネイキッドタッチ モイスチャライザー】

 

 メイク用品といえば女性のものでしたが、最近はメンズ用も増えてきています。デパートコスメでもメンズをリリースするブランドが増えてきており、ずっと気になっておりました。

 

 まずは手を出しやすいベースメイク用品!ということで、FIVEISM × THREE のネイキッドタッチモイスチャライザーを購入。THREEの展開するメンズ化粧品がどんなものなのか、その実力はどうなのか?などレビューします。

 

f:id:Sig-Maru:20210806225320j:plain

FIVEISMのアイテムを数点購入!ひゃほ~

FIVEISM by THREEについて 

f:id:Sig-Maru:20210823165510j:plain

出典:https://www.fiveism-x-three.com/

 

 THREEという化粧品ブランドをご存知でしょうか。 2009年に五反田に本社を置く企業である ACRO からデビューしたコスメブランドです。今や百貨店でも広く展開されるデパコスとして女性がたから愛されています。

 

 「FIVEISM」は、そのTHREEの展開するメンズ化粧品のラインです。2018年9月19日にデビューし、コスメにアンテナを立てている全国のメンズ諸兄に衝撃を与えました

 

f:id:Sig-Maru:20210823170601j:plain

出典:https://www.fiveism-x-three.com/about/

 

 ブランドフィロソフィーは正直何を言っているのか僕にはサッパリですが、THREEの時点で掲げていたのは「老若男女問わずフィットする化粧品」だったと記憶しています。きっとそれを言っているのでしょう。

 

 THREEのアティチュードや、オーガニックの精油と質の高い国産原料にこだわっている点も含め、FIVEISMに脈々と継承されています。次項から紹介していきましょう。

 

ネイキッドタッチ モイスチャライザーレビュー 

f:id:Sig-Maru:20210823171438j:plain

化粧箱は細かいエンボスの水玉デザイン

 

 今回私が購入したのは2点。「ネイキッドタッチ モイスチャライザー  03」と「アイブロウスティック セット  04」です。今回は主にネイキッド モイスチャライザーについて紹介します。

 

開封レビュー

 

 さっそく開封。ドン。

 

f:id:Sig-Maru:20210823171600j:plain

もう容器からオシャレ。ずっしりとした重み

 

 使う前からアレですが、容器からもうTHREEのチカラの入り方が伺えます。ひんやり冷たい質感と、小ぶりなのにしっかりとした重み。

 

 逆に言えば大きさの割には重いので、持ち運びには少し適してないかも知れない。

 

f:id:Sig-Maru:20210823171603j:plain

トップにはブランドロゴ

 

 トップにはブランドのシンボルマークが。

 

 ホームページを見てみると「世界を形作る、地・水・火・風・空の五大元素
五線譜 五大陸 陰陽五行 五輪書 五感…」

 

 ううむ、やっぱよくわかりませんが、「5」っていう数字には意味合いが多いよね!ってことでしょうか。そこからFIVEISMという屋号もきてるということですね。

 

使用感レビュー

f:id:Sig-Maru:20210823171608j:plain

プッシュタイプ。普通に使いやすそう

 

 モイスチャライザーはプッシュして使うタイプの、メイキャップベースです。肌に伸ばすだけで、目の下のクマ、小鼻やニキビ跡の赤みなど、気になる部分をカバーし、トラブルを感じさせない健康的な肌印象に… というが公式の謳い文句です。

 

 カラーは人気色である 03 をチョイス。理由は近くに試せる店舗が無かったから、人気色を選んでおこう!と思っただけです…。本当は店頭で自分にあったカラーを店員さんと一緒に吟味した方がいいと思います。

 

f:id:Sig-Maru:20210823171729j:plain

カラーは人気色の 03

 

 ワンプッシュで上の画像ぐらいの量が出ます。私は部分使いなのでワンプッシュで十分に感じました。

 

 さっそく塗っていきます。

 

f:id:Sig-Maru:20210823171717j:plain

気になる箇所に塗って、伸ばしていく

 

 ほうれい線やヒゲ、毛穴などが気になるところにポンポンと置いて、伸ばしていきます。伸びは非常によく、肌にスッと馴染みます。

 

 BBクリームのような商品の中にはテカるものもありますが、本商品についてはテカリはあまり感じません。自然に馴染んでいくような印象です。

 

f:id:Sig-Maru:20210823171742j:plain

散布後。自然で健康的な仕上がり

 

 何か塗っているな?と思われるようなことは、まずないでしょう。それほど自然です。それでいて肌の赤みや青髭、毛穴をほどよく隠し、肌をトーンアップしてくれます。

 

 カバー力はそれなりにありますが、過度の期待は禁物。女性が使うコンシーラーほどのカバー力は全然ありません。それゆえに自然。この手の商品はいくつか使いましたが、塩梅が絶妙。さすがTHREEです。

 

f:id:Sig-Maru:20210823181019j:plain
f:id:Sig-Maru:20210823171720j:plain
左使用前、右使用後

 

 私は「おおスゲエ!肌感が若い!」と感じましたが、妻には「違いが判らん…」と言われました。これを物足りないと感じるか、バレてないシメシメと感じるかは人次第。私はこれぐらいが絶妙、完璧です。

 

その他 良いところ・悪いところ

 

 ネイキッドタッチ モイスチャライザーは、肌の質感アップに加え「モイスチャライザー」、つまり保湿もしてくれます。

 

f:id:Sig-Maru:20210823171441j:plain

肌に良い成分入り。地味に紫外線対策も

 

 成分表の中で言えば、ラウロイルリシン、アンマロク果実エキス、オタネニンジン根エキス、ガノデルマアンボイネンセエキス、アボカド油、ザクロ油、ステアリン酸ポリグリセリル-10、ペンチレングリコール、カプリリルグリコールあたりが有効成分。保湿成分が豊富に含まれています。

 

 また紫外線カット効果もあります。紫外線散乱剤(酸化チタン)によるものなのでSPF22とやや弱めですが、肌に優しいのが特徴。嬉しい効果ですね。

 

f:id:Sig-Maru:20210823171738j:plain

マスクにはついてしまう。鼻には付けにくいかも

 

 ちょっと残念なのが、マスクについてしまうところ。石鹸で気軽に落とせるタイプのクリームなので仕方ないですが、ウォータープルーフでもよかったんじゃないか…とも思います。ここは良し悪しですね。

 

 そもそもマスクで隠れる部分には不要、とも考えられるので、眉間や目の周り、額などに積極的に使うようにしています。

 

アイブロウスティック セット レビュー

 

 こちらはサラリとご紹介。眉墨は古くからコスメ男子にも愛用されてきたアイテムなので、比較的受け入れ易いかと思います。

 

f:id:Sig-Maru:20210823182822j:plain

ホルダーとスティックで1セット

 

 ホルダーとスティックを組み合わせると、アイブロウのいっちょあがり。スティックはリフィルになっているので、取り換えが可能です。サステナブル!(?)

 

 カラーはこれまた人気色である 04 をチョイス。ダークブラウンです。

 

f:id:Sig-Maru:20210823171522j:plain
f:id:Sig-Maru:20210823171524j:plain
非常に完成度の高いアイブロウ

 

 女性には当たり前なのかもしれませんが、非常に使い心地がよく描きやすい。安いメンズ用のアイブロウしか使ったことがなかったので、「良いアイブロウってこんなに描きやすいんだ…!」と感動。

 

 眉を整えるだけで顔がビッと引き締まります。FIVEISMの仕上がりはどこか女性的で、それでいて力強い。ダークブラウンはナチュラルでありつつも、ハッキリと主張する眉に仕上げることができます。

 

f:id:Sig-Maru:20210825222259j:plain

左使用前・右使用後

 

 マスクが外出時の常識となり、いまや目で語る時代。わたくし、これからはこのアイブロウで主張していきたいと思っております。

 

おわりに

f:id:Sig-Maru:20210823171605j:plain

メンズコスメ時代の幕開けじゃあ

 

 メンズコスメの機運が高まってきており、ようやく大手からメイクアップアイテムがリリースされるまでに。今はTHREEとシャネルぐらいですが、これからさらに広がっていくことでしょう。

 

 私はテレワーク中にも使っていますが、オンライン会議でも自分の顔の見え方が違うのが分かります。顔が相手に与える印象は馬鹿にできません。取引先との会議などでは、何となくお守り代わりになっています。

 

 先に書いた通り本当は店頭で試すのが一番ですが、東京・大阪・名古屋・神奈川・札幌・福岡・熊本ぐらいしか取り扱いがありません。通販であれば公式サイトの他、なんとアマゾンにも公式に取り扱いがあります。

 

 

 カラーは悩むところですが、悩んだら人気色にするのがおすすめ。私は肌がやや黒いほうですが、人気色で問題ありませんでした。参考まで。

 

 本日はこれにて。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

参考リンク: