モノバカ|モノばかり紹介するレビューブログ

ガジェットからファッション、暮らしの便利グッズなど幅広く紹介するモノ系ブログです。使ったことがあるものだけを体験に基づいてレビューします。

ピックアップ

zaitakuwork
menscosme
corefighter
corefighterco

リストウエイトの効果的な使い方。【InField】が品質も高くおすすめ!洗濯はできるのか?【リスト・アンクルウェイト】

 

 筋トレを日常的に行っています。ジムなどに行くのは性格的にも向いていないので、もっぱら自宅でトレーニングしています。

 

 とにかく場所を取らないトレーニング器具で、いかに効かせるか?が自宅トレーニングでは大事なわけですが、最近買って良かったトレーニング器具が InField のリスト・アンクルウエイトです。

 

f:id:Sig-Maru:20210216222306j:plain

Infieldのウエイト。上が1kg、下が500g

品質高し!

 

 NIKEやAdidasなど有名ブランドからも各種ウエイトがリリースされていますが、品質が高いものは非常に少ない。つけていたら痛くなるものだったり、外れやすいものだったり、満足いく製品に出会えませんでした。その割に高いんですよ、リストウエイトって。

 

f:id:Sig-Maru:20210216222309j:plain

聞いたことないブランド(たぶん中華)だが品質高し

 

 InFieldというブランドには聞き覚えがないものの、写真を見る限りは品質が高そうだったので選びました。最近の中華ブランドは安価で品質高いし… とも思ったり。

 

 すると大正解。今まで買ったリストウエイトの中でも一番のクオリティでした。手足は痛くなりにくく、しっかりと固定できます。重りが偏ることもなく安定した使い心地。こりゃあお値段以上です。

 

f:id:Sig-Maru:20210216222333j:plain

内側。縫製もしっかりしていて頑丈そう

 

装着のコツ

f:id:Sig-Maru:20210216222337j:plain

ベルトループ式。調節はかなり効くし、ガッチリ固定可能

 

 締め付けすぎると血が止まりますし、ユルいと擦れて痛いので、程よい締め具合を探す必要があります。

 

 装着はベルトループ式です。「目いっぱいに締め付けた後、少しだけ緩める」ようにするとちょうどよい締まり具合になってくれます。

 

 また装着位置も重要です。

 

f:id:Sig-Maru:20210216222313j:plain
f:id:Sig-Maru:20210216222330j:plain
関節部分にかからないように避けて着けるのがコツ

 

 手首や足首のポコッと出た骨の部分に巻くと、確実に痛くなります。それらを避けるように、ややカラダ側にずらして装着すると快適に装着できます。

 

効果的な使い方

 

 日常生活、家事などをするときにつけているだけで十分な効果が期待できます。一日付けて外すと、手足がなんて軽いんだ!と実感できると思います。

 

 私はトレーニングをするときに装着し、さらに効果を高めるような使い方をしています。最もおすすめするのがランニングです。普段とは違いすぐに乳酸が溜まり(筋肉がダルくなる感じです)効いている実感をすぐに得られます。

 

 以下は実際、InFieldを使って公開されてるトレーニングです。ボクササイズなどもそうですが、手足を酷使するトレーニングにこそリスト・アンクルウエイトは向いています。

 


【お尻UP】毎日3分でプリッとしたお尻を作る!🍑 アンクルウェイト付き♪

 

 意外な使い方として、私はSwitchのゲームである「リングフィットアドベンチャー」と合わせて使用しています。リングフィット自体は軽いフィットネスですが、リスト・アンクルウエイトを装着してやることで汗だっくだくになります。

 

洗濯できるか?

 

 洗濯については特に明記されていません。洗濯表示タグも無いので、基本的には洗濯は推奨されていないものと思われます。

 

 ただトレーニング中は汗をかくもの。私は2日に一回はこのウエイトを使用しているのでやはり気になります。そこで非推奨なものの、漬け置き洗いを行っています。

 

 やり方はカンタンで中性洗剤を希釈した洗濯液にしばらく浸した後、脱水機にかけて日陰で干すだけです。この方法でいまのところ問題はなく清潔に使用できていますが、なにぶん公式の方法ではないので自己責任でお願いします。

 

おわりに

f:id:Sig-Maru:20210216222341j:plain

激しいトレーニングより、しっとりした自重トレにおすすめ


 重さの展開として0.5~3kgまでが用意されていますが、おススメは今回紹介した0.5kgと1kgです。2kgや3kgは負担が大きいので、日常的に装着するのには向いていません。

 

 手には0.5kg、脚には1kgぐらいで十分効果が感じられます。ランニングを1kmやるだけでかなり効果を感じます。逆に2kg以上の重さでランニングなどをやると体を痛める恐れがあるのでおすすめしません。

 

 使い方さえ間違えなければ、お手軽に効果がすぐに出せるのでおすすめです。

 

 

 本日はこれにて。最後までお読みいただきありがとうございました。