GOODS SPEED おススメのモノ系レビューブログ

おススメできるモノ、好きなモノ、愛用品を紹介し続けるブログ

コンパクトで持ち運べる。駐輪場がない都市部でこそ真価を発揮する【BROMPTON M3L】

 

 通勤には自転車を利用しています。

 

 もともとは電車通勤でしたが、人ごみがイヤで自転車に切り替えました。どうせなら気に入るものを…とリサーチに熱が入り、購入に至ったのがBROMPTON M3L です。

 

f:id:Sig-Maru:20190403155949j:plain

BROMPTON M3L

 BROMPTONは企画から設計/製造まで自社で行っている自転車メーカーです。社名を冠しているこの自転車は1980年代初頭から販売されている折り畳み自転車で、とても素早くコンパクトに折りたためる ことが特徴です。

 

f:id:Sig-Maru:20190403160158j:plain

あらまあ、コンパクト

 購入当時、私は賃貸マンションに住んでいました。

 

 マンションの雑然とした駐輪場に愛車を置いて、傷つけられたり盗まれたりするのがイヤでした。なら部屋まで持って入れる折り畳み自転車にしよう、というのがBROMPTONにたどり着くまでの第一歩でした。

 

 今でも毎日、折りたたんで室内まで持ち入っています。

f:id:Sig-Maru:20190403155940j:plain

駐輪するときは こんな感じ

 折りたたみにかかる時間は、ゆっくりやって15秒。最初こそ慎重にやっていたので2分ぐらいかかった気がしますが、今では10秒ぐらいだと思います。

 

 10秒で60×60×30cmまで小さくなります。玄関のワキにおいておける大きさです。

f:id:Sig-Maru:20190403160153j:plain

置けそうでしょ?

 重さは10kgチョイで、短い距離であれば成人男性が十分、片手で持ち上げられます。折り畳み時には床に車輪が接地しますので、コロコロと転がしてスーツケースのように移動することもできます。こうすれば女性でも持ち運びできますね。

 

f:id:Sig-Maru:20190403160136j:plain

16インチと小径なので ややパンクしやすい

 携帯性のことばかり強調しましたが、乗り心地も良いです。それに、折り畳み自転車…と聞くと壊れやすそうなイメージがありますが、そんなこともありません(パンクは比較的に多いですが)。

 

 イギリスでは自転車を交通手段として活用する文化が発達していて、ロンドン中に専用レーンを作るぐらい、自転車との関係が深いお国柄。そんな国のメーカーが作った自転車ですから、毎日乗っても壊れず軽快な乗り心地なのは、当然といえば当然なのかも知れません。

f:id:Sig-Maru:20190403160140j:plain

要所にプリントされているBROMPTONの文字

 折りたたみさえすれば、自転車は手荷物に早変わり。

 車に積んで出先でサイクリングしたり、雨が降ってきたら電車やタクシーに積んで…ということもできます。駐輪スペースのないお店に折りたたんで持って入ることも可能です。


 さすがに会社では駐輪場に停めていますが、風が強い日などはオフィス内まで運んで難を逃れさせています。こういった柔軟な使い方ができるところが、折りたたみ自転車の最大の長所だと思います。

 

f:id:Sig-Maru:20190403160150j:plain

サドル部分を持って 持ち運びます


 カスタムパーツが多いのもBROMPTONの魅力。一気にガツンと全てを変えたくなる衝動をグッと我慢して、少しずつ少しずつ手を入れています。

f:id:Sig-Maru:20190403161739j:plain

これからもヨロシク

 もう乗って10年以上になりますが、まだカスタムしたい場所がたくさんあります。

 

 高価なので思い切りが必要でしたが、長く一緒に居られる相棒として、良い選択だったと思います。