モノばかり紹介するレビュー系ブログ ”モノバカ”

ガジェットからファッション、暮らしの便利グッズなど幅広く紹介するモノ系ブログです。使ったことがあるものだけを体験に基づいてレビューします。

「カードダス」の自販機を我が家に!ガンダム、ドラゴンボール… 20円入れてダイヤルを回す時間が僕らの全てだった【バンダイ カードダスミニ自販機】

 

 「カードダス」というものをご存知でしょうか。35歳以上の型はピクッとする単語かと思います。


 その昔、スーパーや駄菓子屋に20円を入れてダイヤルを回すとカードが出てくる機械がありました。カードにはロボやヒーローが印刷されており、そのカードやカードの自動販売機を総称して「カードダス」と呼んでいました。

 

 そのカードダスを、小型にリメイクした商品がコチラ、カードダスミニ自販機です。カードダス30周年記念ということでバンダイより2018年に発売されました。

 

f:id:Sig-Maru:20190425013242j:plain

カードダス30周年記念 カードダスミニ自販機!

横井画伯について

 

 カードダス好きは大きく2党派に分けられます。すなわちSDガンダム派とドラゴンボール派です。ちなみに私はゴリゴリのSDガンダム派でした。

 

 SDガンダムは横井考二さんというイラストレーターによってデザインされています。モッチリとしたデフォルメされたガンダムに、少年の心は鷲掴みされたのです。彼の絵を見るだけでウットリすることができます。

 

f:id:Sig-Maru:20210317014717j:plain

出典:https://genkosha.pictures/illustration/yokoi_interview

 

 ガンダムだけでなく、仮面ライダーなどのSD(スーパーデフォルメ)化もされています。「仮面ライダー倶楽部」などをご存知のかたも多いと思いますが、グッときますよね!(これまた35歳以上限定)

 

本体レビュー


 幼稚園児だった私はスーパーなどに連れて行ってもらった際、お菓子代として渡された100円をカードダスに捧げたものです。もちろん母親は眉をひそめますが、キラカードが出たときの興奮といったら。やめられる訳がありません。

 

f:id:Sig-Maru:20190425013238j:plain

素晴らしい台紙。ずっと見てられる

 

 当時を再現したカードはもちろん、ディスプレイシートも完備。カードを自由に買うことができない園児の私は、この絵をじっと眺めていたものです。

 

 インターネットなどもなく情報を手に入れる手段が乏しかった当時、この台紙だけがカードダスの世界を知るための手がかりでした。

 

f:id:Sig-Maru:20190425013233j:plain

説明のステッカーまで再現。芸が細かい

 

 「カードの出し方」の味のある説明図、「20えん」の文字…すべてが懐かしい。

 

 私はオフィスの自席に置いていますが、見ているだけでテンションが上がります。心が疲れた時にはコリコリ…とダイヤルを回して、童心に帰ります。

 

f:id:Sig-Maru:20190425013252j:plain

おかね入れて…

 

 マジでコインを2枚入れないとダイヤルが回りません。すごい。細かい。嬉しい。

 

f:id:Sig-Maru:20190425013246j:plain

ダイヤルを回すと…

 

 ダイヤルをまわすときの、あの独特な「ミチミチミチッ」という小気味よい音も、それなりに再現されています。

 

f:id:Sig-Maru:20190425013256j:plain

カードが出てくる。何が出るかな…

 

 そうそう、ちょびっとだけ出てきて、あとは手で引き抜くんですよ。もう射幸心煽られっぱなしです。

 

f:id:Sig-Maru:20190425013259j:plain

こんなん子供の時に出てたら失禁してる

 

 ああ…たまらない。本当に買ってよかったと思える逸品です。

 

用途。最強のおっさんホイホイ 

 

 なけなしの別用途として、パーティでビンゴゲームに…などと公式で謳われていますが、まあやめておきましょう。

 

 ぜひ、皆さんの目につくところに置いてみてください。オッサンがわんさと釣れます。きっと聞いてもいない話を、童心に戻ったキラキラした目で語ってくれるでしょう。

 

 「あれ?騎士ガンダムって元々誰だったんですっけ?」などと相槌を打とうものなら最高潮。押し寄せるように話を続けてくれる筈です。そういう意味では若い方のコミュニケーションツールとしてもおすすめです(?)。

 

f:id:Sig-Maru:20190425013250j:plain

シリーズ毎の台紙も完備。幅広い世代のメンズに対応します

 

 実際、自席に置いていると「なんじゃこりゃあ…!」と同世代が釣れます。「頼む…一度やらせてくれ…」と20円を持参する人も多いです。実話。

 

カードダスが僕らの全てだった


 遊んでいた当時、私は幼稚園児でした。20円を握りしめてカードダスの筐体に向かうときのこと、カードダスを握りしめて帰るときのことを今でも覚えています。高価なオモチャを買うことができなかった当時、私にとってカードダスが全てでした。

 

 カードダスミニを作った人も、カードダスミニを買い求めている方も、かつてそういう子どもたちだったのでしょう。そう思うと胸が熱くなりますね。

 

 カードダスミニはもうプレミアがついてしまっています。買い逃した方のためにも、再販を望みます!次は40周年記念かな~…

 

 

 わが子は来年、かつて私がカードダスで遊んでいたころの年齢になります。コレクションや飾りとしても最高ですが、玩具は遊んでこそ。もう少ししたら子どもと一緒に遊んで、是非にも感想を聞いてみたいものです。

 

 本日はこれにて。最後までお読みいただきありがとうございました。