モノバカ|モノばかり紹介するレビューブログ

ガジェットからファッション、暮らしの便利グッズなど幅広く紹介するモノ系ブログです。使ったことがあるものだけを体験に基づいてレビューします。

ピックアップ

zaitakuwork
menscosme
corefighter
corefighterco

「夏の靴下」コレに決まり。デンマーク製ソックスが超快適。足の大きい人にもおすすめ!【DANISH ENDURANCE ローカットプロランニングソックス】

 

 夏のソックスって悩ましい。

 

 ほんとはフットカバーのような爪先だけ隠すようなやつが好きなんですが、スニーカーと相性が悪い。履き口が肌に擦れると痛みが出るので履き口をギリギリ覆うぐらいのソックスが欲しい。そして涼しくて、履き心地がいいやつ。

 

 いままではNORTH FACEのアンクルソックスを愛用していましたが、それを超える逸材が出てきました。DANISH ENDURANCE ローカットプロランニングソックスです。「ランニングソックス」と銘打ってますが、普通に日常生活でも快適な逸品です。

 

f:id:Sig-Maru:20210913220037j:plain

DANISH ENDURANCEのソックス。最近ずっとコレ

DANISH ENDURANCE 社について

f:id:Sig-Maru:20210913221412j:plain

出典:https://danishendurance.com/

 

 DANISH ENDURANCEというブランドを始めて聞く方は多いと思います。それもそのはず、2015年にデンマークで創立された非常に新しい会社です。

 

 現在のCEOであるニコラージさんが2015年、マラソン大会に出るにあたり「パッとする着圧ソックスがねえなあ」と失望し、アウトドア愛好家であった実兄と創立した会社だそうです。

 

 公式サイトはコチラ。

 

 上記を見ても判るとおり、ソックスやシャツ、アンダーウエアなどをメインに製造、販売を行っています。デザインも生産も自国で行っている、生粋のデンマーク生まれデンマーク育ち。オリンピック出場選手などアスリートの支援も行っています。

 

 

ローカットプロランニングソックスをレビュー

f:id:Sig-Maru:20210913220034j:plain

3足セット。デンマーク育ちだがタグは英語表記

 

 まずは外見から。ローカットプロランニングソックスは3足セットで販売されています。写真のカラーはブラックです。

 

外見

  ブランド名と、デンマークの国旗が織り込まれています。すぐに剥がれてしまうプリントじゃなく、織り込んでいるところが良いですね。

 

 「R」と表記があることから判る通り、右と左を区別して履く必要があります。ランニングソックスでは多いタイプで、洗濯後に相方を探す作業はちょっと面倒。ですが分かれている方が足へのフィット感は当然、向上します。

 

f:id:Sig-Maru:20210913220022j:plain

左右が区別されてる。上記は右足用であることを示すR表記

 

 付属のタグには以下のように書かれています。

 

 ①アンクルフレックスが束(たるみの事でしょう)になるのを防ぐ

 ②フラットニットゾーンが通気性を確保

 ③踵とつま先を衝撃から保護、快適な履き心地を提供するアンチブリスターゾーン

 

 ブリスターとは手足にできるマメのことです。ランナーはマメが大敵な訳ですがマメができるのを防いでくれる…と言ってるのですね。

 

f:id:Sig-Maru:20210913220026j:plain

台紙の裏には社長の言葉&洗濯表記

 

 洗濯表記は「40℃以下/漂白不可/アイロン不可/ドライ不可/タンブラー乾燥不可」です。着圧素材系は乾燥機不可なのが多いので、仕方ないですね。

 

 踵の部分には生産地であるデンマークのロゴ。国旗を製品に配置するのって海外だと比較的よくあるんですが、日本の国旗をデン!と入れてるのは、まあ見ないですよね。愛国心の問題なのかな(?)。

 

f:id:Sig-Maru:20210913220024j:plain

踵にはデンマークの国旗が。日本製にはない感性

 

履いた状態レビュー 

 

 さて外見はこれぐらいにして、実際に履いた姿をご覧いただきましょう。

 

f:id:Sig-Maru:20210913220028j:plain

写真のサイズは28.5~30.5cm。筆者の足は29.5cmです(!)

 

 サイズ展開は[22.0~24.5cm]、[25.0~27.5cm]、[28.0~30.5cm]の3種。なんと30.5cmまで網羅されています。さすが海外製。アスリートを支援しているだけのことはある。

 

 まず、これぐらい大きなサイズを定番で取り扱っているソックスってほんとに珍しいんです。ユニクロにもオンラインにしか無かったりします。靴下屋ですら大きいサイズは殆どありません。足のサイズが大きいだけで色々苦労しますが、ソックスはその一つです。

 

 ちょっと愚痴りますが「サイズ:フリー」って全然フリーじゃないんですよ。足が30cm近くある人には履けません。だから足がデカい人は適正サイズ26~28cmぐらいのそこら辺のソックスを、えいっと引っ張って頑張って履いているんです。だからすぐに破けたりします。

 

 そんな悲しいことが、このソックスでは起こりません。すごく嬉しい!

 

f:id:Sig-Maru:20210913220039j:plain

長さがベスト!長すぎず短すぎず、守りたいところをガード

 

 わかりますかね、この長さのベスト加減。

 

 くるぶしの出っ張り部分は、ハイカットシューズを履いた時に擦れてしまうことがあります。アンクルソックスとハイカットシューズは微妙に相性が悪いんですが、この「出っ張りまで守れるか否か」が分かれ目。

 

 長すぎるとローカットと合わないし、短すぎるとハイカットで擦れる。両取りできるのがこの長さなんです。

 

f:id:Sig-Maru:20210913220030j:plain

横から。弛みもなくキッチリ

 

 擦れポイントである踵は、やや長めにガードしてくれてます。

 

f:id:Sig-Maru:20210913220032j:plain

踵。透け感のあるメッシュ素材で通気性を確保

 

 一部にメッシュ素材が用いられ、ベンチレーションの役割を果たしています。爪先と踵はやや厚手で、マメができるのを防止してくれます。汗を吸い込みにくい素材なので汗でベチャつくこともなく、いつでも快適です。

 

 メッシュ素材なのは快適なのですが、人によっては「薄すぎる」と感じるようです。私は夏用ソックスは薄ければ薄いほど有難いので、コレぐらいが大好きです。

 

 初めて履くときは「サイズは表記よりも小さい」と感じますが、洗濯すると印象が変わると思います。あれっ、小さいなと思った方は洗ってみることをおススメします。

 

DANISH ENDURANCEのソックス、どこで買えるか

 

 上で載せた公式通販もありますが、海外ですし翻訳もされてないので色々と面倒そうです。国内の大手通販では基本的に取り扱いがあります。(店頭でみかけたことが無いんですがなんでなんでしょう。流通網が無いんでしょうか…)

 

 今回、写真で載せたものはコチラ↓

 

 もう少し丈が長い方タイプや、冬用ももちろんあります。特に冬用は冬用の良さがあっておススメ。

 

 コレがもう少し丈が長いタイプ↓

 

  さらに長いやつ。ビジネス用にはコレがおススメです↓

 

 カラバリもあるので、用途やシーンに合わせて選んでは如何でしょうか。

 

 

 さて本日はここまで。最後までお読みいただき、ありがとうございました。