モノばかり紹介するレビュー系ブログ ”モノバカ”

ガジェットからファッション、暮らしの便利グッズなど幅広く紹介するモノ系ブログです。使ったことがあるものだけを体験に基づいてレビューします。

これぞ一生モノ。宇宙飛行士も使ってる[ウィチャード]のカラビナ。L(75mm)/S(50mm)サイズの比較も【Wichard Carabiner & Shackle】

2021年2月:Sサイズ=50mm、Lサイズ=75mmと呼ぶようになったようです。あわせて記事も更新しました!

 

  家を出たら、鍵はカラビナにまとめてベルトループへ引っ掛けています。同じことをしている男性は多いんじゃないでしょうか。

 


 毎日着用しているものなのに、あまりカッコいいものがない気がするなあと思っていたら、雑貨屋でいい感じのモノを見つけました。ウィチャードのカラビナです。

 

f:id:Sig-Maru:20210208190010j:plain

ウィチャードのカラビナ。おフランス製

ウィチャードとは

f:id:Sig-Maru:20210208190038j:plain

WICHARD 公式より出典:https://www.wichard.com/english.html

 

 ウィチャードはヨット用品など、マリンスポーツ関連のメーカーです。1919年にフランスで創業した老舗で、元々ヨットのロープを固定する器具などを作っていました。

 

f:id:Sig-Maru:20210208190018j:plain

シャックル。カラビナとセットで使う。後述します

 

 カラビナと一緒にいるコイツは「シックル」と呼ばれるもので、主にカギを引っ掛けるのはコチラになります。ウィチャード社のカラビナとシックルは、ヨットのロープを固定するのに使われているぐらいなので非常に頑丈です。今では宇宙飛行士までもが愛用しているのだとか。

 

ウィチャードのカラビナの良さ

 

  登山用品などにも共通して言えることですが、実用性を重視するものなので余計な装飾がありません。もしもの時に使いづらかったり、壊れたりすると死に直結するので、頑丈で精度が高いです。

 

 ベルトループにつけるときには他社製のカラビナに比べてややチカラが必要ですが、そのぶん外れにくく信頼感があります。当然なのかも知れませんが、いつの間にか外れてた、なんてことは一度もありません。

 

f:id:Sig-Maru:20210208190013j:plain

宇宙飛行士も使ってるブランドってとこがスゴい


 見た目の割に、手に持つとズッシリと重みがあります。とはいえベルトループにつけて気になる重さではありませんし、しっかりとした重みは所有欲を満たしてくれます。ちょっとしたアクセサリーという面持ちもあります。

 

f:id:Sig-Maru:20210208190021j:plain

程よいデザイン性と無骨さ。ミニマル過ぎないのも良い

 

 このカラビナとシックルの組み合わせの美しさよ。

 

 機能美だけでまとめられない美しさがあります。長く使用していますが、飽きません。下手したらずっとコレを使い続けることになるかも…。カラビナを定番で出すブランドってあまり無いから、競争相手がいないというのもあるかも知れません。

 

 

サイズの比較

 

 ウィチャードのカラビナには、いくつものサイズ展開があります。紹介しきれないぐらいあるのですが、大体キーホルダーとして使われるサイズは限られてきます。

 

 すなわち SS(35mm)、S(50mm)、L(75mm)のいずれかでしょう。…Mサイズ(60mm、70mm)って雑貨屋でもあまり取り扱っているところを見ないです。ネット通販ではあるんですけどね…

 

 なかでも私のおススメは、SかLです。その2つを比較していきます。

 

f:id:Sig-Maru:20210208190025j:plain

iPhone Xと比較。左Lサイズ(75mm) 右Sサイズ(50mm)

 

 大きさとサイズは以下の通りです。

  全長 重さ
Sサイズ 5.0cm 25g
Lサイズ 7.5cm 68g

 

 実用性を求めるだけならSサイズでも十分です。ベルトループにつけてストレスが無いのはSサイズでしょう。

 

 重さからも判るように、Lサイズは写真で見る以上に「デカい」です。その分、インパクトは十分。アクセサリーとして意識するならLサイズを検討するのが良いと思います。

 

 実際に着用すると下の写真のようになります。シックルのサイズはどちらも同じ(Sサイズ)です。

 

f:id:Sig-Maru:20210208190035j:plain

Sサイズ(50mm)。実用にも十分。チラリと見える美しさ

f:id:Sig-Maru:20210208190031j:plain

Lサイズ(75mm)。しっかり見える。写真で見る以上の重厚感

 

 私はといえば、両方持っているもののSサイズばかり使っています。重厚なアクセサリーが好きなのでLかな~と思ってたのですが、毎日使うものとなるとやや小ぶりなモノの方がフィットしました。

 

 ぜひご参考までに。

 

 

 

おすすめのシャックル

f:id:Sig-Maru:20210208190042j:plain

左がおたふく。右がストレート

 

 たくさん鍵をかけるなら「おたふくシャックル」、そんなにつけないなら「ストレートシャックル」もスッキリしてオシャレです。

 

 シックルのピン径はお好みで4mm~6mm程度の中から選ぶことになりますが、Sなら4mmで十分でしょう。Lは6mmでも合います。先に紹介した着用写真は、どちらもピン径4mmで撮影しています。

 

 4mmとはいえ、耐荷重は 0.7t (!) ととてつもない強度。何かけても大丈夫です。

 
 

 

おわりに

 

 他にあった方がいいものとして、ステンレスの二重リングがあります。

 

f:id:Sig-Maru:20210208190028j:plain

二重リング。コレがないとシャックルにつけられないカギも多い

 

 どこのも大差ないんですが、よく使うのは「コクヨ」か「ひめじや」です。安いのはコクヨですね。使いきれないぐらい入ってます。

 

 内径の確認をお忘れなく!1cmよりやや大きい、ぐらいが使いやすいです。写真のサイズは11mmです。

 

 

 

 

  ウィチャードのカラビナは故障したり壊れたりする兆しがゼロなので、本当に替え時が見つからない。マジで死ぬまで使ってしまう気がする。

 

 一生モノ…と呼ぶにはすごくカジュアルに買ってしまったけど、本当に長く付き合えるやつってそういうものなのかも知れない。

 

 本日はここまで。最後までお読み頂きありがとうございました。