モノバカ|モノばかり紹介するレビューブログ

ガジェットからファッション、暮らしの便利グッズなど幅広く紹介するモノ系ブログです。使ったことがあるものだけを体験に基づいてレビューします。

ピックアップ

zaitakuwork
menscosme
corefighter
corefighterco

これぞ一生モノ。宇宙飛行士も使ってる[ウィチャード]のカラビナ。L(75mm)/S(50mm)サイズの比較も【Wichard Carabiner & Shackle】

2021年2月:Sサイズ=50mm、Lサイズ=75mmと呼ぶようになったようです。あわせて記事も更新しました!

f:id:Sig-Maru:20210913183044j:plain

ウィチャードのカラビナ。おフランス製!!

 

  出かけるとき、鍵はカラビナにまとめてベルトループへ引っ掛けています。カバンに引っ掛ける使い方もできますし、紛失の予防にもなって便利です。


 しかしこのカラビナ、毎日着用するものなのにカッコいいものが無いなあ…と思いませんか?同じ悩みを抱える諸兄に、ウィチャードのカラビナを強くおすすめします。

 

ウィチャードとは

f:id:Sig-Maru:20210913183059j:plain

出典:https://www.wichard.com/english.html
ウィチャード公式(海外)

 

 ウィチャードはヨット用品など、マリンスポーツ関連のメーカーです。1919年にフランスで創業した老舗で、元々ヨットのロープを固定する器具などを作っていました。

 

 ウィチャード社のカラビナとシックルは、ヨットのロープを固定するのに使われているぐらいなので非常に頑丈。今では宇宙飛行士までもが愛用しているのだとか。

 

単なるオシャレアイテムではなく「プロ仕様のヘビーデューティーなアイテム」という点がポイントです!

f:id:Sig-Maru:20210913183103j:plain

カラビナとセットで使うシックル。後述します

上記の写真がシックル。聞きなれない単語ですが、カラビナとキーの間に挟まるリングのような存在です。

 

ウィチャードのカラビナの良さ

 

  ウィチャードのカラビナは言ってみればプロ仕様。実用性を重視するものなので信頼性が高く、余計な装飾がありません。

 

 他社製に比べて装着時には少しチカラが必要ですが、そのぶん外れにくく信頼感があります。いつの間にか外れてた、なんてことは当然一度もありません。

 

f:id:Sig-Maru:20210913183101j:plain

宇宙飛行士も使ってるブランドってとこがスゴい


 見た目の割に、手に持つとズッシリとした重みが。とはいえベルトループにつけて気になる重さではありませんし、しっかりとした重みは所有欲を満たしてくれます。

 

 重厚な手触りと重量感・メタルのツヤは、まるでジュエリーのような高級感すらあります。

 

f:id:Sig-Maru:20210913183047j:plain

程よいデザイン性と無骨さ。ミニマル過ぎないのも良い

 

 このカラビナとシックルの組み合わせの美しさよ。余計な装飾がないにも関わらず、機能美だけで説明できない美しさがあります。カラビナはずっとコレを使っていますが、飽きません。

 

ヘタしたら本当に、一生使い続けるかも。カラビナを定番で出すブランドって無いので、競争相手がいないんですよね。

サイズの比較

 

 ウィチャードのカラビナには、いくつものサイズ展開があります。紹介しきれないぐらいあるのですが、大体キーホルダーとして使われるサイズは限られてきます。

 

 すなわち SS(35mm)、S(50mm)、L(75mm)のいずれかでしょう。なかでも私のおススメは、SかLです。その2つを比較していきます。

 

Mサイズ(60mm、70mm)は雑貨屋でも取り扱っているところを見かけたことがないです。ネット通販なら時々見かけるので、手に入れるならそちらで。

 

f:id:Sig-Maru:20210208190025j:plain

iPhone Xと比較。左Lサイズ(75mm) 右Sサイズ(50mm)

 大きさとサイズは以下の通りです。

  全長 重さ
Sサイズ 5.0cm 25g
Lサイズ 7.5cm 68g

 

 実用性を求めるだけならSサイズでも十分です。ベルトループにつけてストレスが無いのはSサイズでしょう。

 

 重さからも判るように、Lサイズは写真で見る以上に「デカい」です。その分、インパクトは十分。アクセサリーとして意識するならLサイズを検討するのが良いと思います。

 

 実際に着用すると下の写真のようになります。シックルのサイズはどちらも同じ(Sサイズ)です。

 

f:id:Sig-Maru:20210208190035j:plain

Sサイズ(50mm)。実用にも十分。チラリと見える美しさ

f:id:Sig-Maru:20210208190031j:plain

Lサイズ(75mm)。写真で見る以上の重厚感

私はSサイズばかり使っています。アクセが好きなのでLかと思ってましたが、毎日使うので小ぶりなモノがフィットしました。ぜひご参考までに!

おすすめのシャックル

f:id:Sig-Maru:20210913183408j:plain

左がおたふく。右がストレート

 

 たくさん鍵をかけるなら「おたふくシャックル」、そんなにつけないなら「ストレートシャックル」もスッキリしてオシャレです。

 

 シックルのピン径はお好みで4mm~6mm程度の中から選ぶことになりますが、Sなら4mmで十分でしょう。Lは6mmでも合います。先に紹介した着用写真は、どちらもピン径4mmで撮影しています。

 

4mmでも耐荷重は 0.7t (!) 。何かけても大丈夫な強度です。

二重リングも必要!

 

 他にあった方がいいものとして、二重リングがあります。最近はチタンなどもありますが、私は昔ながらのステンレスをおすすめします。

 

f:id:Sig-Maru:20210913183042j:plain

二重リング。コレがないとシャックルにつけられないカギも多い

 

 どこのも大差ないんですが、よく使うのは「コクヨ」か「ひめじや」です。安いのはコクヨですね。使いきれないぐらい入ってます。

 

 内径の確認をお忘れなく!1cmよりやや大きい、ぐらいが使いやすいです。写真のサイズは11mmです。

 

おわりに

f:id:Sig-Maru:20210913184419j:plain

使い始めて10年ほど。ジジイになるまで使うぞ

 

  ウィチャードのカラビナは故障したり壊れたりする兆しがゼロなので、替え時が見つかりません。主張せず、でも質が高くてカッコいい。一生ものとは、こういうモノなのかも…と思うのです。

 

 こちらがカラビナ。普通に使うならSサイズで十分です。もっとアクセサリーとして主張したい方やカギをたくさんかける方はLが良いでしょう。

 

 シックル。おたふくとストレートお好みでどうぞ。おたふくの方がより多くのカギがかけられ、ストレートの方が見た目がスッキリしています。どちらも使っていますが優劣つけがたいです。

 

 本日はここまで。最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

あわせて読みたい