モノばかり紹介するレビュー系ブログ ”モノバカ”

ガジェットからファッション、暮らしの便利グッズなど幅広く紹介するモノ系ブログです。使ったことがあるものだけを体験に基づいてレビューします。





メンズのレインシューズには英国ブランド【HUNTER ペニーローファー】。おしゃれで歩きやすい、ビジネスにもおすすめな雨靴を着用レビュー

 

 私事ですが、足が大きいのが悩みのタネです。気に入る靴を探すだけで一苦労なのです。海外製だとサイズが豊富にあるので、基本的に海外製のシューズを履いてます。

 

 そんな私が昔から愛用しているレインシューズ、HUNTER のペニーローファーを紹介します。レディースが有名な印象ですが、メンズにも断然おすすめ!着用感も含めてレビューします。

 

f:id:Sig-Maru:20210518012442j:plain

HUNTERのローファー。前のは5年履いた

HUNTERについて

f:id:Sig-Maru:20210518011239j:plain

出典:https://www.hunterboots.com/jp/ja_jp/

 

 HUNTER(ハンター)はスコットランドのエディンバラ本拠地を置く、英国のシューズメーカーです。1856年創業の超老舗で、「王室御用達」という歴史と伝統のあるブランドです。

 

 シューズの他にもバッグやソックスなども展開していますが、HUNTERの神髄は防水靴。代表作であるウェリントンブーツの他、様々なウォータープルーフシューズのサプライヤーとしてその地位を確立しています。

 

 2008年からはファッション市場に積極的な進出を行い、ジミーチュウなどのブランドとのコラボレーションも実現。ファッション性の高いレインシューズと言えば一番に名前が挙がるほどのブランドとなっています。

 

ペニーローファー御開帳

 

 さっそく開けてみましょう。ドン。

 

f:id:Sig-Maru:20210518012910j:plain

箱の中は朱色に近い赤でオサレ

 

 うーん、もうこの時点でおしゃれ。

 

ヒールグリップが同梱

 

 靴本体の他には簡単な説明書と、サイズ調整のためのヒールグリップが同梱されています。

 

f:id:Sig-Maru:20210518013201j:plain

取説?とヒールグリップ

 

 ヒールグリップはそこそこ厚みがあり、0.5cm程度のサイズ調整になるそう。履き口のかかと部分に貼って使います。

 

 日本人の多くは幅広と言われていますので、靴は幅に合わせて購入することが多いでしょう。幅に合わせた結果、前後が少し開いてしまう… という場合に活躍するでしょう。

 

f:id:Sig-Maru:20210518013507j:plain

ヒールグリップ。靴内側の素材感に合わせられている

ペニーローファー本体レビュー

 

 ペニーローファーを舐めるように見ていきます。

 

f:id:Sig-Maru:20210518013717j:plain

私が購入したのはグロスタイプ

 

 フォーマルとしても使うつもりでいたので、グロスタイプを選択。ラバーとはいえ、この距離だともはや革靴に引けをとらない素材感です。

 

f:id:Sig-Maru:20210518013909j:plain

横から。フォルムが美しい

 

 ペニーローファーの特徴は、靴の甲にある切れ込みのようなデザイン。

 

 この切れ込みに1セント(ペニー)硬貨を挟むのが1950年代の若者を中心に流行し、そこからコインローファー、ペニーローファーという愛称で呼ばれるようになった… というのが一説となっています。

 

f:id:Sig-Maru:20210518221004j:plain

ペニーローファーの所以ともなった切れ込み

 

 一見、本当に縫合されているように見えますが、100%ゴムなのでこれはフェイク。近くで見ても本当に縫われているように見えるほど、忠実に再現されています。縫い目が無いので、完全防水と言うわけです。

 

f:id:Sig-Maru:20210518221741j:plain

正面から。縫い目がフォルムを際立たせる

 

 アウトソールはラバー製で、こちらは非常に実用的な見た目。洗練されたHUNTER独自のトレッドパターンで、雨や雪の日でも滑りにくい作りになっています。

 

f:id:Sig-Maru:20210518222202j:plain

アウトソール。HUNTERマークのワンポイント

 

 インソールにはHUNTERのロゴが。

 

 裏地は100%コットン。フットカバーなどで素足に見えるような履き方をすると、どうしても地肌と裏地が擦れ合う部分が出てきます。100%コットンの柔らかい触り心地なので、痛みが起きにくくなっています。

 

f:id:Sig-Maru:20210518221849j:plain

インソール。柔らかくて気持ちいい

着用レビュー

 

 履いてみます。最初に書いた通り私の足は非常に大きく、今回購入したのはUK11、日本サイズでなんと30cmです。

 

 それでは着用。ドン。

 

f:id:Sig-Maru:20210519010230j:plain

ん~ これこれ!

 

 薄手の靴下を履いて、ジャストでした。前は29cmでイケたのに… 参考までに、普段はジャックパーセルやスタンスミスは29cm、インスタポンプヒューリーなら30cmを履いてます。

 

 足の大きさにもよりますが、基本的にはジャスト、或いは若干大き目を買った方が良いでしょう。1cm刻みのサイズ展開なので、迷うようなら大きい方にしておきましょう。先に紹介したヒールグリップで調整できますし。

 

f:id:Sig-Maru:20210518223338j:plain

履き心地やよし。デニムともよく合う

 

 ゴム製なので伸縮性があり、足にピッタリとフィット。革靴などと違い、履いてたら伸びていく… ということは期待できないので、やはりサイズ感は重要。大きいと脱げてしまいますし、小さいと足が痛くなります。

 

 私は問題ありませんでしたが、ちょっと靴ズレが心配だな… と言う方は付属のヒールグリップを使うと解決します。お試しあれ。

 

f:id:Sig-Maru:20210518223553j:plain

踵を上げても大丈夫。私にはコレが最適サイズ

 

 サイドから。落ち着いた雰囲気でありつつも、カッチリしすぎずカジュアルダウンして履けるのも魅力です。

 

f:id:Sig-Maru:20210518223744j:plain

サイド。フォーマルもカジュアルもイケるでしょ?

 

ペニーローファーで雨を防げるか?

 

 ローファーだからあんまり雨を防げないんじゃ?という質問に対しては、YESだったりNOだったりします。確かにブーツタイプに比べれば防御力が弱いのは間違いありません。

 

 雨が降ると靴の選択肢はかなり制限されます。ゴアテックスのスニーカーも愛用していますが、今日の格好では革靴を履きたいな… というときが多々あります。そういう時の強い味方が、このペニーローファーです。革靴は雨に激弱ですが、HUNTERのシューズなら気にする必要はありません。

 

f:id:Sig-Maru:20210518224403j:plain

雨の日の強い味方。濡れた地面も怖くない

 

 土砂降りの中を歩き回るには適していませんが、タウンユースなら十分、むしろ最適な機能性。雨が降っているけど車で移動するし、というときなどにはピッタリです。滑らないので濡れたタイルなどでも安心。

 

 長靴と違い脱いだり履いたりし易いところもポイント。私はちょっとしたツッカケ代わりにも使用しています。

 

ケアについて

 

 革靴と異なり毎回のブラッシングや、定期的な栄養補給などが不要。お手軽に運用できるのもHUNTERの魅力です。

 

 一方で、ゴムとはいえ型崩れは起こります。またゴムが粉を吹くこともありますので、ケアは必要です。私はシューツリーを入れたうえで、HUNTER専用のケアグッズで定期的にお手入れをしています。

 

 HUNTERが公式にリリースしているケアグッズなので安心。ツヤツヤの状態を維持できるので持っておいた方が良いです!

 

f:id:Sig-Maru:20210519210655j:plain

ケアグッズ一式。これまたオサレ~

おわりに

 

 HUNTERのペニーローファーには今回紹介した「グロス」の他に、ツヤなしの「マット」があります。が、断然グロスを推します!ドレッシーですし、より革靴らしいのはグロスの方です。

 

 

 レディースであればバイカラーなどもあり、カラーバリエーションが豊富。私は足デカなのでほぼ選択肢がありませんが、ちょうどよいサイズの足をお持ちの方は自分好みのローファーを探してみてはいかがでしょうか。

 

 

 本日はこれにて。最後までお読みいただきありがとうございました。