モノばかり紹介するレビュー系ブログ ”モノバカ”

ガジェットからファッション、暮らしの便利グッズなど幅広く紹介するモノ系ブログです。使ったことがあるものだけを体験に基づいてレビューします。





最強のポータブル電源【MaxPower】レビュー。超大容量・大出力・ファンレス・小型で安い。おすすめが止まらない!

 

 オートキャンプなどには半ば必需品となっているポータブル電源ですが、最近の製品は性能がすごい。我が家もアウトドアに、そして防災用に高性能のポータブル電源を購入することにしました。

 

 選んだのは MaxPowerのポータブル電源。小型でファンレスでありつつ、270,000mAhの大容量、それでいてリーズナブルな良いトコ取りのバッテリーです。

 

f:id:Sig-Maru:20210730180919j:plain

MaxPowerの公式より購入

ポータブル電源を選ぶポイント

 

 製品を説明するまえに選ぶポイントを簡単に。以下の項目が重要です。

 

  • 大きさ
  • 電池容量
  • 定格出力&瞬間最大出力
  • 静音性
  • 充電速度

 

 特に定格出力と瞬間最大出力は重要で、これで使える電化製品が決まります。1000W以上あると使える製品がグッと広いのですが、その分サイズが大きくなります。キャンプなどでは500~750Wぐらいを使っている人が多い印象です。

 

 キャンプや防災など、用途に応じて「最大何Wの製品が使いたいか?」を考え、対応するバッテリーを探すのがセオリーです。電子レンジやドライヤーを高出力で使いたいなら出力が1500W程度必要ですが、アウトドアでそれを求めている人は少ないでしょう。

 

 意外に気にしておいた方が良いのが「静音性」。出力時にファンの音が大きくなる製品があるので注意が必要です。例えば電気毛布や扇風機を就寝時に使うつもりでいるなら、それなりの雑音が出るので気になるでしょう。

 

レビュー

開封レビュー

 

 それでは開封してみます。ドン。

 

f:id:Sig-Maru:20210730182922j:plain

本体、ACアダプタとケーブル、シガー電源ケーブル、取説

 

 本体に加え、充電用のケーブルが2種(コンセントとシガーソケット)、取説に、謎のポーチがついています。

 

 この謎のポーチが予想を裏切って思った以上に便利。本体以外の付属品がジャストで入る大きさなんです。こういうコマゴマしたものは失くしやすいので、とってもありがたい。

 

f:id:Sig-Maru:20210730183314j:plain

ポーチに付属品が全て入る。前面にはロゴつき

 

 改めて本体を見てみましょう。出力は5種類用意されています。

 

  • AC出力コンセント 定格1000W 瞬間最大1100W
  • USB A (Quick Charge 3.0対応)×3
  • USB C (出力60W PowerDelivery 3.0対応)
  • シガー電源出力ポート
  • DC電源出力(12V 5.5Φ)

 

f:id:Sig-Maru:20210728001457j:plain

コンセントは2口装備

 

 本体はツヤ消しのアルミで覆われスタイリッシュな印象。プラスチックに比べて放熱・耐久性が期待できそうです。

 

 ファンレスなので、通気口はどこにもありません。なんてミニマル。

 

f:id:Sig-Maru:20210730184122j:plain
f:id:Sig-Maru:20210730184243j:plain
ファンのない背面。底面にはロット番号のシール

 

 底面には滑り止め付き。ロットナンバーのシールもここに貼られています。屋外で使うと汚れて見えなくなりそうなので、不安な人は保管しておくなり書き留めておくなりした方が良いでしょう。

 

 容量は270,000mAhとかなりの大容量ですが、サイズは 200×294×146(mm)と、容量に対してかなりサイズが小さく感じます。靴を買ったときのハコより一回り小ぶりでしょうか。

 

 重量は9.9kgで、成人男性が片手で持てる重量。グリップが非常にガッチリと、握りやすく作られているので、もっと軽く感じます。持ち運びに苦労する…ということは少ないでしょう。

 

f:id:Sig-Maru:20210730185417j:plain
f:id:Sig-Maru:20210730185414j:plain
容量に対して小サイズ。グリップが非常に持ち易い

使用感レビュー

 

 到着時の容量は20%ほどとなっており、まずはACアダプタで充電。満充電になるまではだいたい9時間ほどでした。

 

 説明書によると、カラの状態から満充電までの時間は約12時間。お世辞にも充電が早いとは言えないので、事前の充電は余裕をもってした方が良さそうです。

 

f:id:Sig-Maru:20210730192256j:plain

急速充電なし。満充電までの時間はそれなり

 

 試しに幾つかの製品を試してみましたが、問題なく安定して動作しました。

 

 電子レンジは600W設定で安定して動作しました。ドライヤーも全開にせず、ややおとなしめに動作させれば問題なく動きます。サーキュレーターは「中」の設定で残り動作時間が80時間と出たので、かなりロングライフ。2泊3日のキャンプなどでも余裕そうです。

 

 冷蔵庫も試しに動かしてみましたが、こちらも問題なし。10時間以上動作させられそうなので、急な停電などでは役立つシーンもありそうです。

 

f:id:Sig-Maru:20210730192949j:plain
f:id:Sig-Maru:20210730192952j:plain
家にある大抵の家電は安定して動作。すごい

 

 我が家にあるケトルは1250Wですが、こちらも一応試してみました。数秒は動作するものの、その後本体の電源が切れました。1100Wを超えて動作させると電源が落ちる仕様になっているようです。

 

 我が家は主に防災用として購入し、冷蔵庫・洗濯機・ヒーター、あとは各種充電器が使えればいいと思っていました。希望のものは全て動作したことになります。料理や湯沸かしはカセットコンロでする予定で備蓄しているので、想定通りです。

 

f:id:Sig-Maru:20210730193324j:plain

ケトル(1250W)は途中で電源が切れてしまった

 

 特筆すべきはその静かさです。一般的なポータブルバッテリーはファン付きなのでそれなりに音がするのですが、MaxPowerは静かと言うか、もはや無音。隣に置いて寝る環境でもまったく問題ないでしょう。特に車中泊で重宝しそうです。

 

 

 

ソーラーパネルレビュー

開封レビュー

 

 防災時を想定して買ったので、もちろんソーラーパネルも購入しました。

 

f:id:Sig-Maru:20210730194151j:plain

折り畳みソーラーパネル。こちらもお値打ち価格

 

 折りたたみ式で取っ手つき。こちらも持ち運びが便利なように考えられています。

 

 最大出力は100W。広げると166×60cmまで大きくなります。背面には脚がついていて、斜めに自立させることができます。

 

f:id:Sig-Maru:20210730194633j:plain
f:id:Sig-Maru:20210730194630j:plain
斜めに立たせる簡易のアシつき

 

 ジップポケットの中に充電端子やケーブルなどが配置されており、ポータブル電源を充電するときにはこのケーブルを本体に差すだけ。

 

f:id:Sig-Maru:20210730194753j:plain

ポケットの中に全て収まる。便利

使用感レビュー

 

 自宅のガレージにてテスト。ボンネットの上に載せて充電してみました。

 

f:id:Sig-Maru:20210730194913j:plain

テスト状況。晴れの日/曇天の日でテスト

 

 結果、晴天で80W、曇天で45W前後だったのでビックリ。品質が良いのはレビューで知っていましたが、まさか曇りでもこんなに充電できるとは思いませんでした。

 

f:id:Sig-Maru:20210730195145j:plain

曇天時の表示。曇りでコレなら上出来



 一部を陰らせたり、カーポートの下(摺りガラスの下のような環境)などで試してみましたが、やはり50W程度までは出ました。かなり効率が良く、使い勝手の良いソーラーパネルです。使える環境が広く、用意していたけどうまく充電できない…と言うことは無いでしょう。

 

 本体の充電はやはり12時間以上かかってしまうので、そこがネックでしょうか。実際の非常時はソーラーパネルだけでなく、車のシガーソケットへの充電など複合で補って使う必要があるでしょう。

 

まとめ

f:id:Sig-Maru:20210730195542j:plain

アウトドアに非常時に、よろしく頼む

 

 270,000mAhの大容量でありつつ驚くほど小型。そしてファンレスによる静音性の高さ。それでいて価格が10万円程度なのが強いです。バッテリー容量だけで考えても相場より安いです。私が購入したときはソーラーパネル付きで12万円ほどでした。

 

 逆にデメリットは、充電速度が並みなことでしょうか。100Wを超える充電や急速充電に対応していると最高でした。でも急速充電に対応しいている製品は大きく、静音性に欠けるので仕方ありませんね。

 

 MaxPowerバッテリーの良いところは、その総合点の高さです。2021年夏の時点で最高峰のポータブル電源だと思います。普段はアウトドアに、いざというときの防災用に、一家に一台いかがでしょうか。

 

 

 防災用として用意しておくならソーラーパネルは必須でしょう。他社のバッテリーに対しても使えます。リーズナブルで性能の高いソーラーパネルです。

 

 

 本日はこれにて。最後までお読みいただき有難うございました。

 

関連記事: