モノばかり紹介するレビュー系ブログ ”モノバカ”

ガジェットからファッション、暮らしの便利グッズなど幅広く紹介するモノ系ブログです。使ったことがあるものだけを体験に基づいてレビューします。





Panasonicのボディトリマーでムダ毛ケア!メンズの除毛、ボディトリマーとカミソリどちらが良いか?使い方も解説【パナソニック ER-GK71】

 

 10代の頃はフレッシュさで誤魔化せたスネ毛も、30代になればもう完全なるムダ毛。もう「汚らしさ」を助長する存在でしかなくなってきます…。哀しいです。

 

 さて今回は、このムダ毛処理におすすめのアイテムを紹介します。

 

ムダ毛の処理は要るのか?

 

 Panasonic調べでは「普段見えないところに生えているムダ毛に対して嫌悪感を抱く女性が多いとのことです。…なんでや!君らに見えへんやんけ!

 

 しかしながら…男として無視しにくい情報です。短パンを履いたとき、スネがきれいだと清潔感が段違いです。あとコレは経験談ですが、除毛するととにかくスカッとします。服との間にあった膜が一枚はがれる感じと言うか。

 

 ムダ毛を処理するならトリマーか、カミソリでしょう。私は体の部位によって二つを使い分けています。

 

トリマーならコレ。ER-GK71

 

 いくつかトリマーも試しましたが、一番使用感が良かったのはPanasonicのER-GK71でした。

 

f:id:Sig-Maru:20200513212114j:plain

バァーン ER-GK71。半裸のイケメンボディが少しくすぐったい

 

 ヒゲソリの電動シェーバーのように刃を肌に押し当てるのではなく、刃を寝かせて毛を「剃る」のではなく「刈る」ようにして処理していきます。刃が肌に当たらないので、負担がとても小さい。

 

 先端には肌ガードアタッチメントや、毛の長さを調整できるアタッチメントがついています。ツルツルはちょっと…という方や、敏感肌の方にも嬉しい仕様となっています。

 

f:id:Sig-Maru:20200513212109j:plain

アタッチメント。もちろん付けずに使用も可能

 

 ER-GK71は充電時間が長いわりに、使用できる時間が短いのがタマに傷。充電しながらの使用も不可です。ムダ毛を刈ってる途中で電池切れになることだけは避けたいのに、ここだけ少し不親切ですね。

 

 8時間充電して、40分の連続使用、というのが公称スペック。連続使用時間が短い問題は最新機では解決しているので、今買うなら最新機が良いでしょう。

 

f:id:Sig-Maru:20200513212059j:plain

充電スタイル。充電しながら使いたかったなあ


 私が一番、ER-GK71で魅力を感じているのは「毛の長さ」や「肌への負担」を自分好みにコントロールできるところに他なりません。

 

 例えば私の場合、スネやモモは結構肌が強いので角度強めに剃ります。足の付け根付近はデリケートなので、やや刃を寝かせて刈ります。

 

 一方、ワキ毛は剃りすぎると後々痛かったり汗が気になるので、アタッチメントをつけてやや長さを残して刈り込みます。

 

f:id:Sig-Maru:20200513212056j:plain

各種アタッチメント。専用の保護ケースやメンテ用オイルもついてる

 

 肌の保護をせずとも負担が小さいので、非常に手軽。防水設計なので、石鹸をつけてしっかり肌を保護しての手入れも可能です。デリケートなゾーンには石鹸をつけて…という使い方もできますね。

 

 1か月に1度程度、サッと取り出して10分ぐらいで全身の毛が処理できるので、とってもスピーディ。本体の丸洗いもできるので、メンテに時間を取られたりもしません。

 

ER-GK71 VS カミソリ

 

 さて気になるのは、カミソリに比べて使い心地はどうか?です。

 

 対抗馬はジレット ヴィーナス スワール。女性用カミソリです。

 

f:id:Sig-Maru:20200513215752j:plain

ジレット ヴィーナス スワール。名前だけ聞いたら何なのか解らん

 

 ランニングコストはカミソリ2個セットで750円。電動のボディトリマーよりは初期コストが低い代わりに、ランニングコストが高いことになります。

 

 さて、剃った結果はどれぐらい違うのでしょうか。比較してみます。(ER-GK71はアタッチメントを外した状態、一番深剃りできる状態で試しています)

 

剃った後の肌

f:id:Sig-Maru:20200514212921j:plain

左:カミソリ 右:ボディトリマー

 

 遠目に見て判る違いはありません。ですが目を凝らすと、ボディトリマーの方には若干毛が残っているのが分かります。深剃りではないので当たり前ですが、これぐらい剃れれば十分でしょう。

 

 カミソリの方は手で触ってみるとかなりツルツル。おお、俺の脚もこんなスベスベになるのか…という感じ。対して、トリマーでやった方は短い毛を感じます。

 

作業中の問題について

 

 作業時間はカミソリ、トリマー共に大した違いはありませんでした。

 

 カミソリを使うにあたり石鹸で肌を保護したので、その辺の手間はカミソリの方が多いです。またカミソリは定期的に洗って毛を取り除かないと、毛が絡まって切れなくなります。トリマーの方は特にノーメンテで最初から最後まで作業できます。

 

 トリマーは充電が切れたら終わりなので、その恐怖は常にあります。その点、カミソリはいつだって使えるのでその点はお手軽です。

 

肌への負担

 

 カミソリの方は処理中に少し血が出て、後になって痒みが少し出ました。保湿はしっかりとしましたが、やはり肌への負担があります。後日、埋没毛が数か所できてしまいました。ここら辺もカミソリの宿命でしょうか。

 

 トリマーは、ほぼ肌へのダメージナシ。肌への負担はトリマーの方が小さいことは確実でしょう。埋没網が一つも出なかったのも付け加えておきます。

 

まとめ

 

  • ER-GK71は充電さえしっかりすれば、作業はお手軽。肌への負担も小さく、仕上がりも良好
  • ヴィーナス スワールはトリマーよりもスベスベに仕上がる。充電の手間がないぶんお手軽。ただし肌への負担がやや大きい

 

という結果になりました。

 

充電問題を解決したER-GK80-K

 

 やはり同じような声が多かったのか、急速充電に対応した後継モデルが既にリリースされています。1時間の充電で50分使える、とのこと。今買うなら確実にこちらです。

 

 

 

 長さ揃え機能もダイヤル式のアタッチメント1つになり、付け替えの必要が減りました。正統進化を遂げています。

 

おわりに

 

 カミソリの方が良さそう、という方には今回比較で出演して頂いたジレットヴィーナススワールがおススメ。ヒゲソリと同じく、本体を買ったら替え刃がついてくるタイプです。

 

 

 キレイな体を保ち、フレッシュボディを見せびらかしてやりましょう!本日も最後までお読みいただき有難うございました。