モノばかり紹介するレビュー系ブログ ”モノバカ”

ガジェットからファッション、暮らしの便利グッズなど幅広く紹介するモノ系ブログです。使ったことがあるものだけを体験に基づいてレビューします。





【レビュー】SwitchBotでスマートホーム化!設定方法も簡単、アレクサと連携して家中の家電を管理しよう【スイッチボット】

 

 「スマートホーム」とはITやAIの技術で、住む人にとって安全で快適な暮らしを実現する住宅のことです。最近では、各社からスマートホームを実現できるグッズが展開されています。

 

 我が家は SwitchBot でスマートホーム化を進めています。今回はSwitchBotの設定方法や、スマートホーム化すると何ができるのか?我が家ではどのようにして使っているか?などを紹介していきます。

 

f:id:Sig-Maru:20210727231311j:plain

SwitchBotたち。製品が続々リリースされてる

SwitchBotで何ができるのか

 

 我が家でやっていることを例として。以下のようなことをしています。

 

  • 家電(ロボット掃除機やテレビ、エアコン等)を操作
  • 外出先から家電を操作
  • 家の外から室内を確認
  • 時間が来たら外の電気をON/OFF
  • 外の明るさに応じてロールカーテンの開け閉め
  • 不審者を見つけたら録画
  • 各部屋の温度を見守り、空調を制御
  • 「いってきます」と言うと警戒モードに

 

 これらは一例で他にも色々な設定をしています。SwitchBotの魅力は、機器やスキルの組み合わせで色々なことができること、これに尽きます。

 

f:id:Sig-Maru:20210827203902j:plain

スマホのアプリから設定、確認する。ほぼ必須

 

 たとえば「暗いときにセンサーが何者かを感知したら、照明を点灯したうえで録画開始、同時にスマホへ通知を送る」というような複雑なことも可能で、実際に運用しています。防犯カメラとして販売されている他社の商品だけでは、こういうことはできません。

 

 こう動いてほしい、こう動かしたい、というような要望を、工夫によって叶えられる。それがSwitchBotの汎用性の高さです。

 

f:id:Sig-Maru:20210715222709j:plain

Alexaなどのアシスタントがあると、さらに便利になる

 

 スマートスピーカーにも数多く対応。Echo シリーズ製品をはじめ、Nest Hub Max・Next Mini・Google Home などのGoogle Nest 製品、HomePod、IFTTT、LINE Clova(Beta)と幅広くカバーしています。

 

SwitchBotの製品紹介

 

 実際に使っている商品を紹介しつつ、私がどう使っているか?も解説していきます。

 

ハブ

f:id:Sig-Maru:20210726215519j:plain

右の小さいやつがハブ。家電を動かしたりできる

 

 SwitchBot製品を一括管理しつつ、あらゆる家電を制御するリモコンにもなるのがハブミニ。SwitchBotの製品は、それぞれ単品で使うことも可能だったりもしますが、ハブがあって真価を発揮します。

 

 我が家では、このハブからあらゆる家電を操作できるようにしています。テレビ、エアコン、ブルーレイプレイヤー、ロボット掃除機、サーキュレーターにシーリングファン、電動ロールカーテンなどなど。

 

 これら全てが、音声で、スマホで、家の中からでも外出先からでも操作できるようになっています。アレクサ、掃除して!アレクサ、エアコンの温度28度にして!とか、そういう具合に家電を動かすことができます。

 

f:id:Sig-Maru:20210730221036j:plain
f:id:Sig-Maru:20210730221033j:plain
リモコン画面。左がプリセット、右が学習させたもの

 

 リモコンを探さなくても、スマホであらゆる家電を操作できるようになるので、スマホが学習リモコンに早変わり。それだけでなく、外出先からも操作が可能。家に帰る前にエアコンを付けたりが手軽にできて便利です。

 

機器の追加も簡単
f:id:Sig-Maru:20210730221155j:plain
f:id:Sig-Maru:20210730221152j:plain
機器の追加画面。学習リモコンも主要ブランドは網羅

 

 機器の追加も簡単。+を押すと「デバイスの追加」画面になるので、対応機を選んで画面に従うだけです。赤外線リモコンに対応した家電なら何でも対応します。

 

 有名どころの家電メーカーは押さえてますが、もし無かったとしても学習させることも可能。この機能によって「学習リモコン」はもう古い時代のものになりました。今やスマホで家中の家電を操作する時代です。

 

スイッチ

 

 SwitchBotの真骨頂と言っても過言ではないのが、このスイッチ。押しボタンを押すことができる、というだけの単純なデバイスなんですが、それだけに汎用性が高い。

 

 装着方法はカンタンで、両面テープで押したいボタンの近くに貼り付けるだけ。動作確認して、ボタンが正しく押されるようなら準備完了。

 

f:id:Sig-Maru:20210727230821j:plain
f:id:Sig-Maru:20210727230824j:plain
スイッチの形状問わず、まあまあイケる

 

 常夜灯に変更するのが高かったので、スケジュール設定して外灯が点灯するようにしています。また玄関のカギの開け閉めもスイッチでできるようにしました。カギかけたっけ?という心配ともコレでおさらば。

 

 使い方は幅広く、リモコンに対応していない機器も、物理的にボタンを押すことでスマート家電化させることが可能。コーヒーメーカーや扇風機、赤外線対応していないロボット掃除機などもスマート家電になります。

 

人感センサー

f:id:Sig-Maru:20210727231050j:plain

センサー。我が家は防犯用として使用

 

 人感センサーだけのシンプルなアイテムです。電池で駆動するのでコンセント不要。他の機器や家電と組み合わせると真価を発揮します。

 

 我が家ではカメラと照明と「シーン」で組み合わせて、防犯カメラとして機能させています。

 

f:id:Sig-Maru:20210730221246j:plain
f:id:Sig-Maru:20210730221250j:plain
我が家で設定している「シーン」。センサーが感知すると処理が走る

 

 照度を取ることができるので、明るい時にはそのまま録画、暗い時には照明を光らせたうえで録画するように設定しています。スマホに通知が届くようにもしているので、外出先からも何があったかを容易に確認できます。

 

 組み合わせて使うことで、自動ドアのように使う、暗くなったら自動で照明が点くようにするなど、一工夫ある使い方ができます。使い手のアイデアが試されるデバイスと言えるでしょう。

 

カメラ

f:id:Sig-Maru:20210727231455j:plain

シンプルなカメラ。側面にmicroSDのスロットを装備

 

 いわゆるWebカメラに近い仕様の、シンプルなカメラです。mircoSDが挿入でき、録画した動画を保存することができます。SwitchBotシリーズの中では珍しく電源が必要なデバイスです。

 

 スマホからリアルタイムの映像を見ることができるほか、先に書いたように「特定のトリガーで録画を開始する」ことができます。また動体検知ができるので、これ自体をセンサーの代わりとして使うことも可能。

 

 Webカメラとしての性能は結構高くて、外出先からリアルタイムの映像を確認するまで5秒程度。我が家はPanasonicの防犯カメラも使っているのですが、こちらが20秒ほどかかります。接続はSwitchBotのカメラの方が安定しており、早いです。

 

f:id:Sig-Maru:20210827000408j:plain
f:id:Sig-Maru:20210827000411j:plain
室内カメラの映像。暗いときは暗視モードに切り替えも

 

 ただ防水性は皆無なので、あくまで室内向けの使用でしょう。我が家は2台使っていて、1台は防犯カメラ、2台目はリビングを見渡すように配置しています。妻が出先で「火を消し忘れたんじゃ…」とか「ヘアアイロン付けっぱなしかも…」とか心配することが良くあるので、そこらへんの室内確認用に使ったりしています。

 

温度計

f:id:Sig-Maru:20210727231650j:plain

思った以上に便利。我が家は3つ購入

 

 これまたシンプルなデザインの温度計です。湿度も計測できます。何に使うかも考えずに買ったのですが、これが意外に便利。

 

 我が家はリビング・子ども部屋・仕事部屋に配置しているのですが、各部屋の温度を知れるのがまず便利。子どもたちが部屋で遊んでいるけど、室温は大丈夫かな… などをすぐに知ることができます。室温が30℃を上回ったらアラートを出すようにしているので安心。

 

f:id:Sig-Maru:20210730221332j:plain
f:id:Sig-Maru:20210730221335j:plain
各部屋の温度を一覧したり、温度の変化を確認できる

 

 また、エアコンの温度設定を気温によって変化させているので、ずっと快適な温度を保てています。26度を下回ったら温度を上げる、28度を上回ったら温度を下げる…と簡単に設定しましたが、暑い・寒いの悩みから解放されます。まさにスマートホーム!という感じです。

 

開閉センサー

f:id:Sig-Maru:20210806200822j:plain

本体とマグネットで1セット。本体にはボタン付き

 

 開閉センサーは、ドアに取り付けて「開いた/閉まった」を検知できるデバイスです。私は玄関と窓に取り付けて、戸締り確認用と防犯用に使用しています。

 

 私は「防犯モード」というシーンを作成。外出時には「防犯モード」に切り替えて、防犯モード時に玄関や窓が開いたら「ブザーを鳴らしつつカメラの録画を開始、同時にスマホに通知する」というように設定しています。

 

f:id:Sig-Maru:20210827000951j:plain
f:id:Sig-Maru:20210827000957j:plain
「防犯モード」を自分で作成。外出時にはONする

 

 今のところお世話になったことは無いですが、家に帰るときに誰も部屋に入ってないことが保証されている、というのは安心感が違います。一人暮らしの女性などにも俄然おすすめです。

 

スマートプラグ

f:id:Sig-Maru:20210806200621j:plain

スマートプラグ。各社から出ているものと使用感は同じ

 

 オンラインで電源をON/OFFできるデバイスです。通電の制御のみなので使う機器を非常に選びます。照明などを接続するのが主な用途でしょうか。

 

 私は先に書いた防犯システムに使用しています。人感センサーは窓ガラス越しに効かないため、人感センサーは外に配置。照明はスマートプラグに接続して、センサーが人を感知したら照明とカメラをON… という風に使用しています。

 

f:id:Sig-Maru:20210806202825j:plain
f:id:Sig-Maru:20210806203458j:plain
スマートプラグとLEDを接続。照らしながらカメラで録画…と設定した

 

おわりに

 

 だいたい全てのSwitchBot子機を購入しましたが、実は一番有名な子機を購入していません。カーテンレールに取り付けて開け閉めをしてくれる「SwitchBotカーテン」です。我が家は全てロールカーテンなので出番がありませんでした…。

 

 「朝になったらカーテンを開ける」「『アレクサ、カーテン開けて』でカーテンが開く」などを設定できるユニークな機器です。

 

 

 SwitchBotは一つ一つが安価なので、ちょびちょび買い足しながら「どう使ったら便利かな?」などと考えながら使う楽しみがあります。タイマーと天気予報ぐらいしか使われてなかったアレクサが、今は大活躍しています。

 

 今でなくてもいつかスマートホーム化をする気があるなら、家電を買う時に赤外線リモコンに対応しているか?は特に気をつけましょう。たとえば扇風機を買う時も、赤外線リモコン付きのものにしておけばスマート化が可能になります。

 

 こういうことできるかな?と思ったことを、すぐに実践できるSwitchBot。ぜひお試しあれ。本日はこれにて、最後までお読みいただき有難うございました。