GOODS SPEED おススメのモノ系レビューブログ

おススメできるモノ、好きなモノ、愛用品を紹介し続けるブログ

vibram の iphoneケース!?タフネスさとグリップ具合はまさにvibramソール【tokyo aoyama 100 iphone X/XS CASE】

 

 スマホのケース、何をお使いでしょうか?

 

 私はレザーが大好きなので、スマホケースでもよくレザー製のものを愛用していました。半年前までは、一時期SNSで話題になった某有名ブランドのスマホケースを使用していたぐらいです。

 

 しかし…しかしです。レザーは耐久力あるにも関わらず、スマホケースは結構ボロッとしてきちゃうんですよね。それも、それなりに早く。私が結構、手汗をかきやすいのも多分に影響していると思います。

 

 例に漏れず、大枚をはたいた某有名ブランドスマホケースは小汚くなり、四隅もボロッとしてしまい、天に召されたわけです。

 

 次は耐久力のあるケースを使いたい。しかし大事なスマホさんを任せる存在なので、それなりのブランド感も欲しいところ。

 

 そこで見つけたのがコレです。Vibramのシートを使用したiphoneケース!

 

f:id:Sig-Maru:20191024010928j:plain

見覚えのあるロゴが、ほら!超耐久力ありそう

Vibramってなに?

 かつての記事でも紹介していますが、1937年にイタリアで創業した靴底のメーカーです。

 

 靴底は英語にすると「ソール」となる訳ですが、Vibramの作ったソールは巷では「Vibramソール」と呼ばれ愛されています。Vibramソールが使われているだけで耐久性と品質の証になります。つまりその靴の価値が大きく上がる、と言っても差支えないほどです。

 

 ソールの製造卸をしていたVibramですが、最近はオリジナルの靴を販売していたりします。こちらも非常に高品質。詳しくは過去の記事を参照のほど。

 

www.goods-speed.work

このiphoneケースのあらまし

 さて、冒頭で紹介したiphoneケースをVibramが作ったのかと言えば、そうではありません。実際に製造・販売しているのは 「tokyo aoyama 100」と呼ばれる会社です。 

 

 

 tokyo aoyama 100は「東京青山百貨店」という会社が正式名称で、比較的若い企業の様子。しかし3大ネット通販やオムニ7などへの出店、各種モノ系雑誌で多数取り扱われるなど、とても活気が感じられます。

 

 Vibramは靴底以外にも「Vibramシート」と呼ばれる汎用性の高い製品を販売しています。主に滑り止めの用途や、靴底の修理などに使われるシートで、一般販売もされています。そのシートを用いて、東京青山百貨店が作ったのが、今回紹介するスマホケースです。

f:id:Sig-Maru:20191024010943j:plain

どこを見ても東京青山…とは書いてない。Vibramを前面に押し出す為とはいえ漢らしい

レビュー 半年使ってみてどうか?

 とにかく、Vibramのロゴが嬉しい!そしてマジで滑らない。

 

 どれぐらい滑らないかというと、これぐらい滑らない。東京青山百貨店が公表している、当スマホケースの摩擦テストです。


摩擦テスト横

 

 さすが靴底メーカーのシート…!

 このグリップ力のおかげで、車にのったときにダッシュボードへポンと置いておくだけで、滑らずに位置を保ってくれます。すげえ。

 

 手に持ったときのグリップ感もスゴい。細かいツブツブが心地よい。

f:id:Sig-Maru:20191024011012j:plain

こまかいツブツブがびっしり。グリップ力の証

 もちろん耐水性もバッチリ。なんせ靴底ですから。手汗がすごい人でも、Vibramシートをヘコたれさせるのは相当難しいでしょう。

 

 私が購入したのは手帳タイプですが、カードが3枚入ります。

f:id:Sig-Maru:20191024010940j:plain

内側は合皮。質感は悪くないけど、ちょっと滑る

 内側はVibramじゃなく合皮風です。サラサラしていて手触りがよく、伸縮性もあってカードを出し入れし易いです。耐久性も問題無さそう。

 

 一方で「サラサラしている」と前述しましたが、おかげで若干滑りやすい。手帳型のケースを使用している場合、折り返して使うことになるのですが、このカードケース部分がウラにくることになります。ここもVibramシート使うとかの方が、操作しているときのグリップ感があって良かったんじゃないかな。

f:id:Sig-Maru:20191024010936j:plain

品質は良いんだけど、グリップ力があればもっと良かった

 

 全然関係ないですが、外箱の色がVibramのロゴを思い出させるイエローで、「おっニクいね!」ってなります。

f:id:Sig-Maru:20191024011008j:plain

Vibtamイエローとも言うべきイエロー。にくい

 使い始めて半年ほど経過しましたが、何の問題もありません。なんというか、中古感があまり出てこないというか…とにかく頑丈。

 

 スマホが滑らないでいてくれる、ということのメリットってあんまり思い浮かばないな~と思ってましたが、頼りになるシチュエーションは案外多いです。ちょっとスマホを立てかけたいときとか、セルフタイマーでシャッターを切るときに姿勢をホールドさせたいときとか。

 

 ちょっと置いとく、というときも滑らないってだけで落としにくいんです。

 

 ファッションに詳しい人からは「おおっビブラムじゃん!すげえ!」って言われることもしばしば。自分もそうですけど、なんだかビブラムのロゴってファッションマニアの琴線に触れるんですよね。

おわりに

 Vibramシートのスマホケース、もちろん東京青山百貨店のオンラインストア、Yahooショッピングや楽天で買うことができます。