モノバカ|モノばかり紹介するレビューブログ

ガジェットからファッション、暮らしの便利グッズなど幅広く紹介するモノ系ブログです。使ったことがあるものだけを体験に基づいてレビューします。

ピックアップ

zaitakuwork
menscosme
corefighter
corefighterco

本当に必要な防災グッズ。在宅避難に必要なのは?地震・水害・停電に実際役立つおすすめアイテムを紹介【防災リュックの中身・備蓄品】

 2021年8月:ポータブル電源について追記しました!

f:id:Sig-Maru:20210901222519j:plain

 

 日本に住む限り、いつでも地震の心配が付きまといます。最近は地震だけでなく大雨による水害なども多く、備蓄や防災グッズの準備はもはや必須です。

 

 今回は実際に避難したときに便利だったもの、被災者のアンケート結果から作った「防災グッズチェックリスト」を公開します。

 

加えて私がおススメする防災グッズも紹介します。
ぜひご覧ください。

防災グッズ チェックリスト

f:id:Sig-Maru:20210218021922j:plain

参考1:https://www.bousaihaku.com/wp/wp-content/uploads/2017/03/report001.pdf

参考2:https://www.dcm-hldgs.co.jp/feature/20190306105611.html

 「阪神・淡路大震災」と「2018年自然災害被」において被災者の方が答えたアンケート結果を参考に作ったリストです。必要だったモノの上位を網羅しました。

 

 重要度に分けて、防災リュックに入れるもの・備蓄しておく(在宅避難に使う)ものに分けて記載しています。

 

これを揃えれば絶対安全!という訳ではありません。しかし先人の知恵は大いに参考にすべきです。ぜひ印刷するなどしてご利用ください。

おすすめ防災用品

 

 以下からは私が実際に備蓄しているもの、実際に使用して便利だったものの中から、特におススメできる品を紹介していきます。

 

食料

f:id:Sig-Maru:20210924222303j:plain

驚異の「賞味期限25年」。驚くほど美味しい

 

 食料は災害発生後、72時間ぶんの食料を備蓄しておくことが推奨されています。4人家族の場合は36食分の確保が必要ということになるので、結構な量の備蓄が必要です。

 

 私は賞味期限が25年の「サバイバルフーズ」を備蓄しています。1缶で10食分ありコンパクトに保管可能。永谷園が作っているので美味しいのもポイント!実食レビューを含む詳細はこちらの記事にて。

 

高価ですが、交換コストがかからず結果的に安上がり。一度買えば25年は交換不要なので、精神的な負担も小さいです。

水(+浄水器)

f:id:Sig-Maru:20210901222510j:plain

備蓄と別に、小型浄水器を準備。これは最後の手段

 

 どちらのアンケートでも、食料より上位だったのが「水」です。食料が無い事よりも水が無くて困ったケースが多かった、ということになります。

 

 手洗いやトイレ、体を清めたり傷を洗ったりするのにも水が要ります。食料と同じく72時間ぶんの飲料水も必要です。500mlの長期保存水をセットで備蓄しておくのをおすすめします。

大容量のペットボトルより、500mlの方が小分けできて衛生的。2ℓ ペットボトルは大きいので、持ち歩きがちょっと大変です。

 

 念のために、携帯浄水器である「SAWYER ミニ」も用意しています。生水や泥水でも飲料水にできるサバイバルグッズです。これを使うのは最後の手段ですが、もしもの場合を考えて防災リュックに入れています。

 

懐中電灯、照明

f:id:Sig-Maru:20210901222523j:plain
f:id:Sig-Maru:20210901222507j:plain
明かりは燃料の違う2種を準備しておくと安心

 

 ランタン/懐中電灯の両刀で使える「Panasonic 電池がどこでもライト」を準備しています。数台購入し家族の寝室に配備。 電池の無いときに備えローソクも防災リュックに入れています。

 

 「電池がどれでもライト」は単1~4電池どれでも動作します。「家中の電池をかき集めれば動く」点が優秀です。こちらの記事で詳しく紹介しています。

 

被災後は電池が致命的に不足します。特定のエネルギーが不足しても大丈夫なように、異なる燃料で動く照明を用意しておくと安心です。

モバイルバッテリー

f:id:Sig-Maru:20210901222526j:plain

現代の必需品。リチャージの手段があるものがベスト

 

 モバイルバッテリーは2018年のアンケートで第一位。連絡手段の全てをスマホに頼っている現代では当然の結果でしょう。私は避難時に持参しましたが、容量はすぐカラになってしまいました…。

 

 教訓を活かしソーラーパネル付きのモバイルバッテリー「Anker PowerCore Solar 10000」を準備しています。詳細はこちらの記事でレビューしています。スマホ用の充電ケーブルも忘れずに!

 

ANKERのような安心できるメーカーのものを購入し、定期的に動作確認をしておきましょう。災害時に故障で使えなかったら悲惨です。

携帯ラジオ

f:id:Sig-Maru:20210901222504j:plain

シンプルなほど扱いやすく長寿命。チューニングしやすさも大事

 

 シンプルでチューニングがしやすいラジオ「SONY ICF-51」をおすすめします。

 

 いつまでこの状況が続くのか?更なるリスクは迫っていないのか?避難生活を送っていると「正確な情報」に飢え始めます。被災時の情報集めは、ITが進んだ昨今でもラジオが最強です。

 

避難時にスマホに電波が入るとは限りません。実際、東日本大震災のときには「実質的に使用できなかった」という調査結果があります。
(参考:https://www.nhk.or.jp/bunken/book/media/pdf/2014_c1.pdf

スマホの情報(特にSNS)はデマと憶測が酷く、情報収集のツールとしてはほぼ役に立ちませんでした…。

乾電池

f:id:Sig-Maru:20210901222513j:plain

備蓄にこそおすすめな長寿命バッテリー

 

 電池はどちらのアンケートでもかなり上位。電池が無く「用意していた防災用品が使えなかった」という話ありました。どんな便利な道具も、エネルギーがなければ意味がありません。

 

 「EVOLTA NEO」はさらなる長寿命を実現したバッテリーです。備蓄に最も適したバッテリーと言えます。用意した装備に合わせ、予備を含めて用意しておきましょう。

各種ティッシュ

f:id:Sig-Maru:20210218020827j:plain

トイレットペーパーを潰してもGood。除菌の手段も!

 

 共同トイレも長蛇の列。トイレットペーパーが無い!という悲惨な事態にも出くわしました。防災リュックには「流せるポケットティッシュ」があると安心です。

 

  除菌できるウェットティッシュも重宝します。手を洗いは大量の水を消費します。代わりに除菌ウェットティッシュを使えば、水をかなり節約することができます。

避難所生活で病気になっては目も当てられません。除菌スプレーなりウェットティッシュなり、除菌の手立てがあると安心です。

簡易トイレ

f:id:Sig-Maru:20210217222952j:plain

自宅避難する際のために必ず準備しておきたい、簡易トイレ

 

 阪神淡路大震災の体験者、特に女性の方に当時を聞くと「トイレが耐え難かった」という方が非常に多いです。常に長蛇の列で、衛生面でも目が当てられない状況だったと。

 

被災時は断水の可能性が高く、自宅避難時もトイレは使えないと思った方が良いです。簡易トイレの準備は必ず!

 

 水を使わない簡易トイレをたくさん用意しておくと、自宅避難の助けになります。いくつか試しましたが「小久保 緊急簡易トイレ」が同系列の商品の中でも消臭力が特に強く感じました。

 

特に女性は個室しかないので、避難所のトイレは常に行列。自由に用を足せないのは想像以上のストレスです。家族分含め、多めに準備しておいた方が良いでしょう。

タオル

f:id:Sig-Maru:20210218020705j:plain

スポーツやアウトドアでも大活躍するモンベルの高機能タオル

 

 モンベルの「マイクロタオル」「クイックドライタオル」は薄くてコンパクトなのに吸水力は十分。ハンカチ代わりにも洗髪時の水気取りにも使えます。

 

 速乾タイプなので干せば数時間で乾きます。2~3枚あればタオルに困ることはないでしょう。

 

マイクロタオルはかなり小さいですが、風呂に入らせてもらったときにも十分な吸水力でした。

クイックドライタオルの方がタオル然としており使いやすいです。代わりに写真のように少し場所を取ります。

どちらも本来は登山用ですが、被災時にも活躍するタオルです。

ウォータータンク

f:id:Sig-Maru:20210217224457j:plain

大容量のものより、片手で持てるものを選ぼう

 

 非常用吸水袋、水を貯められる折りたたみタイプのタンクです。おすすめは東京都葛飾福祉工場製のおりたたみタンク。

 

 この製品の良い所は「注ぎ口がペットボトルキャップ形状」であること。先に紹介した「SAWYER ミニ (小型浄水器)」が取り付けられるので、衛生状態が怪しい水でも何とか飲むことができるはずです。

 

大容量のタンクもありますが、給水所から持ち帰るのが大変です。5リットル程度が片手で持ちやすく、取り回しやすいでしょう。

ボディケア・オーラルケア

f:id:Sig-Maru:20210218020155j:plain
f:id:Sig-Maru:20210222014212j:plain
水を使わないボディケア、オーラルケア用品

 

 「水を使わずに使える」ボディケア、オーラルケアがあれば水が節約できます。シャンプーなら歴史ある「資生堂 水のいらないシャンプー」がおすすめです。

 

 

 余裕があればボディシートもおすすめ。小分けできる「アクティ からだふきタオル」が便利です。数枚を防災リュックに、残りを備蓄として保管しています。

 

「洗う」ほどの洗浄力はなくとも臭いの防止になりますし、スッキリします。

衛生面で気が滅入らないよう、ケア用品があると安心です。

サバイバルシート

f:id:Sig-Maru:20210217225158j:plain

体に巻き付け暖が取れるシート。家族の人数分用意を

 

 寒さ対策としてはサバイバルシートがおすすめです。コンパクトなのでかさ張らないのも良いところ。人数分を用意し防災リュックに入れておきましょう。

 

 中でも「SOL エマージェンシーシート」がカサカサ音が少なくイチオシです。避難所生活でも在宅避難でも、どちらでも活躍します。

 

体に巻き付ければ反射熱で暖かい。床に敷けば底冷えを防げます。吊るせば風よけや目隠しにも使えて便利です。

お菓子

f:id:Sig-Maru:20210218020108j:plain

甘いモノがもたらす安心感は決して侮れない

 

 食料があれば嗜好品は要らんやろ!と思うなかれ。2018年のアンケートで「特に子どもに関して、あったら良かったもの」という項目があり、「おやつ」が第三位にランクインしています。

 

我が家ではビスコを筆頭としたお菓子の缶詰を防災リュックに入れています。甘いモノは、子どもたちだけでなく大人のストレスも間違いなく軽減してくれるでしょう。

 

被災中は子どもたちに楽しみがなく、ストレスを強いられます。気分転換できる手段があるだけで助けになるでしょう。

ヘルメット

f:id:Sig-Maru:20210924222543j:plain

折りたためてコンパクトなヘルメット。都会では必須

 

  我が家の周囲は住宅街。地震があったら建物は倒壊し、付近は瓦礫の山になるでしょう。住宅街でなくとも、近くに高い建物や落下物のリスクがあるならヘルメットの用意があると安心です。

 

 折りたたみヘルメット「IZANO」ならば場所を取らずに収納できます。国家検定を取得しており性能面もバッチリです。

 

2021年9月追記:「IZANO2」が発売されました。さらにコンパクトになったので、今後買うならこちらがおすすめ。こちらの記事にて詳しく紹介しています。

 

 

子どもは特に転ぶリスクが高いです。お子さんがいるご家庭なら特に、頭部を保護する帽子やヘルメットの用意をおすすめします。

はさみ・ピンセット (十徳ナイフ)

f:id:Sig-Maru:20210924222634j:plain

マルチツールは避難生活でこそ真価を発揮する

 

 周囲の避難生活体験者からは「ハサミが無くて地味に困った」という声が聞かれました。無いと絶対ダメなものではないですが、あれば色々と便利です。

 

 ドライバーやピンセット、缶切りなどもついたLEATHERMAN MICRAを防災リュックにぶら下げています。普通のハサミよりもコンパクトで頑丈そうなのも頼もしい。

 

10徳ナイフは普段こそ余り便利なモノではありませんが、「何もかもが足りない」被災時にこそ真価を発揮すると思います。

超大容量ポータブル電源

f:id:Sig-Maru:20210730195542j:plain

 

 被災時にコンセントが使えると、普段通りの生活ができるので安心感があります。発電機でもいいのですが、住宅街では難しいので大容量のポータブル電源を用意するのがおすすめです。

 

 ポータブル電源なら MaxPower がイチオシ。超大容量でありながらコンパクト。保管時も場所を取らず、ファンレスで動作時は全くの無音の優秀なバッテリーです。詳細はコチラにてレビューしています。

 

一時的な停電なら復旧まで冷蔵庫を動かしたりもできるでしょう。ヒーターや調理器具、洗濯機だって動かせるパワフルなバッテリーです。

クーラーボックス

f:id:Sig-Maru:20210827223804j:plain

折りたためて場所を取らないクーラーボックス

 

 停電になったとき、真っ先に困るのは冷蔵庫傷みやすい食料品は保冷剤と共にクーラーボックスへ突っ込めば延命ができ、その間に消費すれば無駄がありません。

 

 TITANは折りたたみでありつつも、保冷能力の高いクーラーバッグです。こちらの記事にて実際どれぐらい保温してくれるのか?などを検証しています。防災だけでなくレジャーにも活躍するアイテムです。

 

軽量でショルダーストラップ付きなので、食料品を入れても持ち運びがラクちん。コンパクトに畳めるので収納にも困りません。

そのほか重要なもの

f:id:Sig-Maru:20210924223201j:plain

 

 ここからはランキング度外視で、実際に被災した方たちから聞いたりした話から準備しているものです。最初に乗せたチェックシートから、補足が必要そうなものだけ抜粋します。

 

家族の写真

 考えたくもないことですが、家族が行方不明になってしまったら。探す方法は「この人知りませんか」と写真を見せて歩くしかありません。スマホが手元にあるとも限らないので、私は家族で撮った記念写真を数枚、防災リュックに入れています。

 

マスク

 今の状況において、避難先での集団感染などは地獄です。マスクを備蓄とは別に、十分な量を防災リュックに入れておく必要があるでしょう。

 

生理用品

 女性は男性よりもサニタリー用品が多くなります。生理用品もしかり。男は最悪ノーパンでも問題ない(?)ので、男性用を削ってでも女性の生理用品や下着を多めに入れておいた方が良いです。

 

 もちろん本人と相談しながら!我が家は備蓄とは別に、生理1回を十分に乗り切れるぐらいの量を防災リュックに入れています。

 

ラップ・ビニール袋

 食品を保存するためのアレです。皿に敷いた上に食品をのせれば、皿を洗うための水を節約できます。濡れてほしくないものの保護であったり、包帯代わりにも使えます。ジップロックも小分けに使えて便利です。

 

現金(特に小銭)

 なるほど、と思ったのが「自販機は動いていたが小銭が無くて買えなかった」という話。どこもつり銭切れになり、大きいお札は使えなくなるのだそうです。これは盲点でした。

 

ガムテープと筆記用具

 どちらも重要ですが、特筆すべきは「名札」として使えるところ。避難所で子どもが迷子になったら探すのはなかなか難しい。名前と連絡先をガムテープに書いて、我が子の服に貼っておけば少しだけ安心できます。

 

 おわりに

f:id:Sig-Maru:20210219022649j:plain

我が家で用意した防災バッグ。これとは別に備蓄があります

 

  防災グッズはときどきアップデートすることが大事です。今後も大きな災害は必ず起こります。できる限りに備えをしておくことと、被災者の体験談から装備を見直すことで、より万全な準備ができるはずです。

 

 いくつか防災の本を読んだ中では、以下の本が非常に参考になりました。

 

家にあるもの、100円ショップにあるもので防災はできる!という内容です。著者はレスキューナースの長い実務経験があり、説得力があります。

 

 私の記事が、皆様の備えの参考になったら幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。